【完全新型のSUV登場?】 ホンダ 1L VTECターボ搭載のカジュアルSUVがスタンバイ中!?

 7月にはN-WGN/N-WGNカスタムが発売され、アコード・フィットのフルモデルチェンジ、フリード/フリード+のマイナーチェンジ、さらには初の量産型EV「ホンダe」が発売と、話題盛りだくさんのホンダだが、ここにきてヴェゼルのひとつ下のクラスに1Lターボ搭載の新型SUVを投入するという情報を掴んだ。

 今わかっていることと、ホンダのSUV戦略を紐解く。

※本稿は2019年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■CR-V、ヴェゼルに並ぶクロスオーバーSUVジャンルのニューモデル

 ホンダはクロスオーバーSUVではヒットモデルとなったヴェゼルをコンパクトクラスに持ち、その上のミドルクラスではCR-Vを復活させたが、このカテゴリーの充実を図っている。

 そこに投入されるのが、ヴェゼルより下のクラスとなる、このリッターカーSUVだという。

●ホンダ リッターカーSUV(仮称・2020年秋デビュー)

最近のホンダ車に共通するフロントマスクを採用。悪路走破性はライバルのクロスビーとほぼ同等の性能になりそうだ

 パワートレーンには欧州シビックに搭載されている1L VTECターボが採用され、129ps/18.4kgmを発揮する。さらに新型フィット同様に1.5Lハイブリッドのi-MMDも設定される。

 予想価格は190万~250万円で、ライバルとなるクロスビーより若干上回る設定となりそう。

最高出力129ps、最大トルク18.4kgmを発揮する1L VTECターボを搭載するリッターカーSUV。CVT用でこのスペックを出しているのだが、欧州シビックのMT車だと最高速200km/hに達する実力を持っている

 名前すら見えてこない状況ではあるが、ベストカーでは詳しい情報が分かり次第、逐一お伝えしていきたい。

(画像ギャラリー)ホンダ渾身の歴代SUVをチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ