ホンダeの価格と実力 ホンダ初の量産EVは可愛い!! でも高くない…?


 2019年7月3~4日、埼玉県和光市にある本田技術研究所で開催された「ホンダミーティング2019」にて、ホンダの新型EV、ホンダeの日本仕様が初公開された。

 ホンダeはホンダ初の量産電気自動車で、すでに欧州で発表されている。日本でいつ発売されるのかと、待ち侘びているホンダファンも多いハズだ。

 そこでホンダeの全貌を探るべく「ホンダミーティング2019」に取材に訪れ、ホンダeがどんなモデルなのか、開発責任者の人見康平さんに話を聞くとともに、ホンダeの今わかっている情報をすべて明らかにする!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部 ホンダ
初出/ベストカー2019年8月26日号


欧州では2019年5月から予約開始、日本発売は2020年春!

充電はフロントフードから。またフェンダーいっぱいの17インチタイヤを装着し、銘柄はミシュランのパイロットスポーツというから走りへのこだわりは相当なものだ

 まずはホンダeがどんなクルマか説明しておこう。ホンダeはホンダ初の量産電気自動車で、4人乗りのシティコミューターとして開発が進められており、初代シビックを思わせるレトロ感とシンプルなボディラインで構成されたエクステリアデザインが注目を集めている。

 リチウムイオン電池は床下、駆動用モーターはリアサスペンションの中央付近に搭載することで後輪駆動を成立させた。

 応答性の高いダイナミクスと効率性、さらには優れたパフォーマンスにより、今までの電気自動車とはひと味違うホンダらしい楽しさを追求しているという。

空気抵抗低減のために小型のデジタルミラーが装着される。通常のサイドミラー装着車に比べ最大3.8%の航続距離の伸びが期待できるという

 2019年5月21日から、欧州の4カ国(イギリス・ドイツ・フランス・ノルウェー)で予約受付が始まっており、正式な注文は2019年後半から、デリバリーは2020年春からスタートするという。

 肝心の日本の発売時期は、2020年春から導入予定(ホンダ広報部)となっているが、現段階では予約開始時期や発表、発売時期はまだ決まっていない。

 おそらく2019年10月に開催される東京モーターショーで発表され、その際に明らかになるのではないだろうか。

最高出力は150ps、航続距離は200km

35.5kWhの駆動用バッテリーと150ps/30.6kgmのモーターを組み合わせる

 ホンダeの航続距離はWLTCモードで200kmしかない。東京から箱根往復は厳しい。乗車定員も4人乗りだ。

 駆動用バッテリーは35.5kWhで110kW(150ps)の最高出力と、300Nm(30.6kgm)の最大トルクを発生する。

 ちなみに日産リーフは、駆動用バッテリーが40kWh仕様の場合、最高出力が110kW(150ps)、最大トルクが320Nm(34.7kgm)と、ホンダeと最高出力が同じで、最大トルクはリーフのほうが20Nm上だ。

 いっぽう、リーフの高性能版、e+は62kWhの駆動用バッテリーを搭載し、最高出力は160kW(218ps)、最大トルクは340Nm(34.7kgm)。

 リーフの航続距離はWLTCモードで、40kWh仕様が322km、62kWh仕様が400kmと、ホンダeのWLTCモードの航続距離200kmを圧倒する。

次ページは : 「ホンダeはスポーツカーですから!」