激売れSUVトヨタC-HR、新型へ改良しさらに戦闘力強化!!

■売れまくりC-HRに「流れるターンライト」が標準装備化

2017年の年間販売台数11万7299台を記録し、SUV年間販売台数トップを獲得したトヨタC-HR。

2016年12月の発表以来SUV界のトップをひた走ってきたC-HRが、2018年5月7日、初めての一部改良を実施した。

S-T“LED Package”(4WD)<オプション装着車> 254万400円。コンパクトカーって高くなりましたよね…
S-T“LED Package”(4WD)<オプション装着車> 254万400円。コンパクトカーって高くなりましたよね…

 主な変更内容は以下の2点。

◎1.2Lターボ車に2WD仕様を追加設定
◎LEDシーケンシャルターンランプ(右左折時に流れるように点滅する)を標準装備化

 外板色については、新規設定色ネビュラブルーメタリックを含むモノトーン8色、新規設定色ホワイト×ネビュラブルーメタリックを含むツートーン8色の全16色を設定。

 これによりさらなる販売加速を狙っており、2018年もSUV界ナンバーワンの売れ行きが確実な状況となる。

 これまで「ハイブリッドカーがほしいけど、プリウスはちょっとな…」というお客さんに支持されてきたC-HR。今回の一部改良でさらに商品力をあげ、積極的に「C-HRがほしい」と思うようなユーザーを取り込んでいく見込み。ライバルのホンダヴェゼルがどう動くのか。注目だ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ