120サイズのダンボールを1度に140個以上運搬可能!! EVモーターズ・ジャパンが2023年末発売予定のEVウォークスルーバンの実力とは?

120サイズのダンボールを1度に140個以上運搬可能!! EVモーターズ・ジャパンが2023年末発売予定のEVウォークスルーバンの実力とは?

 商用EVメーカーのEVモーターズ・ジャパンが小型商用EVのニューモデルを発表した。新型は大小2タイプの低床ウォークスルーバンで、小さい方は現行普通免許で運転可能なのが特徴。今年の年末に発売予定とのことだが、一体どんな特徴があるのか? 都内の展示会に登場した実車をレポートした!!

文/トラックマガジン「フルロード」編集部
写真/EVモーターズ・ジャパン、トラックマガジン「フルロード」編集部

圧倒的な積載ボリュームを誇る荷室

EVモーターズが今年末発売予定の小型商用EV
EVモーターズが今年末発売予定の小型商用EV

 今回発表された新型は現行免許制度の普通免許〜準中型免許をターゲットにした低床ウォークスルーバンである。ラインナップは2タイプで、普通免許対応の車両総重量(GVW)3.5トン車が「E1」、準中型免許対応のGVW5トン車が「E2」と呼ばれる。

 車体寸法は全長5.38m(E1)/5.9m(E2)×全幅1.9m×全高2.65mで、ホイールベースは3.13m(E1)/3.65m(E2)。普通免許対応のE1は、トヨタ・ハイエースのワイド/スーパーロング(全長5.38×全幅1.88m×全高2.28m、ホイールベース3.11m)に近い寸法だ。

 バッテリーは中国のCTAL社製リチウムイオンを床下に搭載。容量は59.52kWh(E1)/78.72kWh(E2)となっている。永久磁石同期モーターで前輪を駆動するFFレイアウトを採用しており、モーター出力は定格50kW(E1)/100kW(E2)、最大60kW(E1)/120kW(E2)を発揮。

 一充電あたりの走行距離(NEDCモード)は240km(E1)/200km(E2)。充電は普通/急速の2種類に対応する。また、ルーフや側面に補助電源に活用できるフレキシブルソーラーパネルも搭載できる。

 床下のプロペラシャフトが不要なFFレイアウトは荷室の低床化に寄与し、荷室寸法は長さ3.42m(E1)/3.92m(E2)×幅1.68m×高さ2.1mを確保。120サイズのダンボールの場合、E1で140個、E2で160個を積載可能で、フロア高(床面地上高)も44cmとかなり低い。

 サスペンションはフロントが独立懸架ダブルウィッシュボーン、リアがリーフで、タイヤサイズはE1が215/75R16LT、E2が前215/75R16LT、後225/75R16LTとなっている。

次ページは : 電子ミラー仕様も選べる運転席

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号