トラックは人情も運ぶ! 雪降るサービスエリアの片隅で紡ぐハートウォーミングな物語

トラックは人情も運ぶ! 雪降るサービスエリアの片隅で紡ぐハートウォーミングな物語

 船積みされた荷物を陸上輸送するドレージ運転手のヒデさんも、かつては長距離運転手でした。まだ駆け出しだったヒデさんが遭遇したのは、雪の降り始めたサービスエリアでのこと。

 知らない人を同乗させてはいけない会社の縛りはあるものの、人間だもの、困っている人を見放すようなことはできません。

 今回は、人情を運ぶトラックの物語です。

文/ドレージドライバー・ヒデさん、写真/ビデさん&フルロード編集部
(2021年12月発売トラックマガジン「フルロード」第43号より)

【画像ギャラリー】雪道とトラック(5枚)画像ギャラリー

雪の降り出した上信越道で……

 運転手を20年近くやっていますと、良くも悪くもいろいろな思い出があります。そんな中でも今でも鮮明に覚えている、とある日の運行の思い出をお話したいと思います。

 あの出来事は運転手になって3年目くらいのことだったと思います。当時は大型トラックで長距離運転手でした。季節は冬、今でも忘れないその日は、栃木県で家電を積み込み関西へ向かう配車で、天気予報では夜遅くなるにつれ降雪、関東平野部でも雪が積もるとの予報でした。

 荷物のできが悪く、ようやく出発できるという時には辺りは既に真っ暗、そして予報通り雪が降り始めておりました。

 暗くなった夜道を急ぎ足で西に走らせ、群馬県に入り高速に乗った時には大粒のぼた雪で、路肩は薄っすらと雪に覆われ白くなってきている状態。「こりゃすぐ積もるなぁ」なんて思いながらトラックを走らせると、案内表示板には早くもこの先チェーン規制の文字。

 北関東道から上信越道に入り暫くすると前方でハザードが点滅しています。道路公団(当時)によるSAでのタイヤチェック渋滞が起きておりました。幸い当時の私のクルマは総輪スタッドレス装備、4軸低床デフロック付きなので雪道でも臆することなく進める状態です。

 タイヤチェックも問題なく終わり、気を取り直していざ出発! ……というところで、肩に雪を積もらせたスーツ姿の男性に声をかけられたのです。

声を掛けてきたのはタクシーの運転手さん

 かなり焦っている様子だったので窓を開け「どうかしましたか?」と尋ねると、その方はタクシー運転手さんでお客さんを乗せてきたのだか、ノーマルタイヤだったためにチェックをクリアできず足止めされてしまったとのこと。

 さらに、「自分が乗せてきたお客さんをこの先の長野県長野市まで連れて行ってもらえないだろうか?」と言います(そういえば、クリアできなかったクルマはどうなるんでしょうか?)。

 話を聞くと、そのお客さんは、親御さんが危篤状態であるとの一報を受け、都内の練馬区からタクシーでここ横川SAまで来たのだと。そんな理由を聞かされてはさすがにNoとは言えません。変な使命感を駆り立てられ、タクシーのお客さんを引き受けることを承諾しました。

次ページは : 危篤の肉親のもとへ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ