今季も無事故で走り納め! 北海道在住トラックドライバーに聞く大雪・吹雪・凍結路の走り方

今季も無事故で走り納め! 北海道在住トラックドライバーAKさんに聞く大雪・吹雪・凍結路の危険回避の走り方

 まだまだ油断はできませんが、北海道のウインターシーズンもそろそろ終わりが近づいてきました。

 2022年も北海道は積雪が多く、悲惨な交通事故も多数発生しています。ちなみに交通事故の発生件数は、夏期(5月~11月)に比べて冬期(11月~4月)は1.8倍に増加するそう。

 そんな北海道で35年以上無事故・無違反のトラックドライバーAKさんに、今季のウインターシーズンの締め括りとして、冬の北海道の交通状況・道路状況や積雪路・凍結路の走り方の秘訣を聞いてみました。

文・写真/AKさん(北海道在住ベテラントラックドライバー)

【画像ギャラリー】北海道・真冬の道路事情(9枚)画像ギャラリー

ラリーで磨いた運転技術

 大雪、凍結路の走り方を言葉でお伝えするのは大変難しく、結果を先に述べるなら、「とにかく実際に経験を積んで頂くしかない」としか言えないのですが、私が35年以上無事故であった秘訣みたいなものがあるとするなら、若かりし頃に経験したモータースポーツの感覚以外に思い当たりません。

 私はクルマの免許を取る前はモトクロスライダーでした。そして、クルマの免許を取ってすぐに、とあるラリーチームに入りました。

 流石に学生の私にラリー車のような高価なクルマは買えず、先輩からお下がりのダートトライアルの競技車両を手に入れました。ラリーは約6年間続けましたが、その経験で培った低摩擦路面の走行技術は今も役に立っています。

 クルマが限界を超えた時の挙動を、ケガと引き換えに覚えましたから、一般道を普通に走っていてコントロールを失うことはありません。

 私の周りにいる運転の巧い人は、皆さんモトクロスやダートトライアル、ラリーの経験者が多く、私と同じように30年以上無事故無違反の人もいます。どんな状況が危険に繋がるかを把握しているからだと思いますよ。

 そして、皆さんとてもマナーの良い、優しい運転をします。私の経験では、運転技術の高い人ほど道路上でのお行儀も良いです。

 競技車両には一歩間違えば死ぬような速度で走っても死なないだけの装備がありますので、一に練習、二に練習です。競技車両での練習は、競技以外の運転技術も確実に磨いてくれたと思っています。

 滑ってもコントロールを失わない技術があれば、どんな悪条件下でもパニックを起こしません。そんな余裕を身に付けるには、やはり練習しかありません。

事故を誘発するのは危険なブレーキ

 しかし、どんなに運転に長けていても、北海道の冬道はちょっとしたミスで命を落とします。

 もっと恐ろしいのは、他人の命を奪ってしまう可能性が高いことです。なにしろ圧雪・凍結路では、クルマを止めたい距離で止めるのは不可能ですから、市街地やクルマの多い幹線道路ではかなり緊張します。

 制動距離は夏の2倍、条件によってはそれ以上に長くなります。北海道のドライバーは技術の無い人でも平気で夏と同じ速度で走行していますが、ほとんどが「一か八か」という運転であることをお知らせしておきます。

 初めて冬の北海道の道を走られる方は、皆が飛ばしているから大丈夫だとは絶対に思わないで下さい。慣れからくるもので、止まれないことをわかりながら普段と同じ速度で走っています。

 しかしすべてのドライバーにそんな度胸はありませんから、同じ道路に極端に遅かったり、危険なブレーキを踏む人もいます。そうした場合、確実に事故になります。

 制限速度を守るのは良いのですが、トンネルやコーナーに入ったとたんに更に減速する安全思考に囚われている人が大事故を誘発しています。自動車教習所ではクルマの限界を教えてくれませんし、凍結路では「下手な減速」がもっとも危険だと言う実習も無いでしょう。

 例え言葉で教わっていたとしても、恐怖で流れに乗れないドライバーは、路上でもっとも危険な存在です。

次ページは : 猛吹雪の時は?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ