ホンダがタイプR電撃公開&今夏発売!! シビック改良新型など注目車続々初公開!!【東京オートサロン2020】

 国内最大のカスタムカーショー『東京オートサロン2020』で、ホンダが相次いでニューモデルを初公開!! シビックは頂点モデルの「タイプR」も改良型が今夏発売決定!

 2020年1月10~12日までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されている『東京オートサロン2020』で、本日10日、ホンダの新型モデルが相次いで初公開された。

 すでにアナウンスされていたシビックの改良モデルが正式公開されただけでなく、なんとサプライズでスポーツモデル、シビックタイプRの改良モデルも世界初公開!

 このほか、ホンダのニューモデルが、この東京オートサロン会場で数多くお披露目されている。

文/写真:ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】どう変わった!? 新型シビックタイプRを大解剖!!


シビックの改良モデルが初公開!! タイプRも今夏発売決定

シビックタイプR改良モデル。2020年夏発売予定

 プレスカンファレンス冒頭、「3年前にこの場で日本初お披露目をした10代目シビックは…」という語り出しから、ホンダの寺谷公良執行役員によってシビックの改良モデルが紹介された。

 会場に到着すると、すでにシビックハッチバック、そしてシビックセダンの改良モデルは展示されている。

 しかし、1台ベールを被ったままの思わせぶりな出展車があった。これこそ、サプライズで発表されたシビックタイプRの改良モデルだ。

 発表では、「走る、曲がる、止まるをさらに進化させた」といったことしか明かされておらず、ひと目見た感じは従来型と大差ない印象だ。

 ただ、シビックタイプRの開発責任者、柿沼秀樹氏によれば「グリルの開口部を拡げたり、(変わった部分は)デザイン面ですね」と、外観も細かな改良が施されている。

 また、ブレーキも2ピースのフローティングディスクをおごり、ステアリングホイールは、アルカンターラ巻きとされていることも実車からはっきりとわかった。

 このほかの詳細はまだ公にされていないが、シビックタイプRの改良型は2020年夏に日本で発売されることが発表された。

シビックハッチバック改良モデル。セダンとともに1月23日発売

 そして、事前情報でも公開が予告されていた基準車のシビックハッチバックとシビックセダンの改良モデルも正式発表。こちらは2020年1月23日に発売されることもアナウンスされた。

 改良モデルの主なポイントは、まず外観デザインの変更、そして自動ブレーキを含む予防安全システムの「ホンダセンシング」の進化があげられる。

 特にシビックハッチバックは、前後バンパー、フロントグリル、リアのロアガーニッシュなどのデザインが変更され、見た目にもスポーティな印象が強まった。さらにシビックセダンは、フロントバンパーやリアガーニッシュのデザインに加えてアルミホイールのカラーなどを変更。

 そして、両車共通の部分としては「ホンダセンシング」に、歩行者事故低減ステアリングと先行車発進お知らせ機能が新たに追加。進化した同システムを、全車標準装備とした。

 注目の価格はシビックセダンが276万1000円、ハッチバックが294万8000円となっている。

◆シビック マイナーチェンジモデルの詳細はこちら!

S660も改良型&新型フィット モデューロXも初公開!!

S660 マイナーチェンジモデル。1月10日より発売開始

 このほか、軽ミッドシップスポーツのS660のマイナーチェンジモデルも、オートサロン会場で初公開されている。

 マイナーチェンジモデルの主なポイントは、エクステリアデザインの変更。

 ヘッドライト/サブリフレクターのカラーリングに加え、フロントグリルのデザインを変更。リアコンビネーションランプやインナーレンズの色も変更されている。

 インテリアではステアリングホイールとシフトノブ表皮にアルカンターラを採用。

 デザイン面を中心に進化を図ったS660のマイナーチェンジモデルは、本日1月10日より発売開始され、価格は「β」が203万1700円、「α」が232万1000円となっている。

 さらに、カスタマイズモデルのS660 モデューロXも同時にマイナーチェンジされた。

新型フィット モデューロXコンセプト。基準車とともに発売へ向けスタンバイ。足回りも専用サスペンションで差別化

 そして、新型フィットのモデューロXコンセプトも初公開。基準車の発売前に早くも公開された姿は、シャープでスポーティな印象で、新型フィットが親しみやすいシンプルなデザインであることとも相まって、そのコントラストが一層際立つ。

 こちらも詳細スペックは明かされていないものの、ハイブリッドがベース車両となっており、専用フロントグリルやエアロバンパー、テールゲートスポイラーなどの外装パーツを採用。

 それだけではなく、専用サスペンションや16インチアルミホイールも採用されるなど、外装パーツにとどまらず、足回りも専用セッティングになっている点も見逃せない。

 このほか会場では、新型のN-ONEが2020年秋に発売されることもアナウンスされた。こちらは別エントリーにて追って詳報したい。

【画像ギャラリー】どう変わった!? 新型シビックタイプRを大解剖!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ