【フィット納期はすでに4月以降!?】2020~2021年のホンダのニューカー戦略を暴く

 ホンダは2019年10月に開催された東京モーターショー2019で2月から販売を開始する新型フィットのプロトタイプを公開し、ホンダのホームページでは積極的にティザー展開している。

 ホンダはN-BOXをはじめとする軽自動車の販売比率が高くなっていて、登録車の奮起に期待がかかるが、2020年のニューカー戦略が気になるところ。

 2020~2021年のホンダのニューカー戦略はフィットを筆頭にアコード、N-ONE、ヴェゼル、ステップワゴン、シャトル、グレイスのフルモデルチェンジ、新規では「ホンダe」、マイナーチェンジではシビック、S660、N-BOX、オデッセイなどが活発に展開される図式になっている。

 以下各ラインアップのアウトラインを追ってみる。

文:遠藤徹/写真:HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】東京オートサロンで公開されたシビックセダン&ハッチバック


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ