新型フェアレディZ正式発表!! Proto Specは約700万円…た…高い……でも登場したことが奇跡!!【東京オートサロン】

新型フェアレディZ正式発表!! Proto Specは約700万円…た…高い……でも登場したことが奇跡!!【東京オートサロン】

 ニューヨークで北米仕様の新型「Z」が発表となってから5か月、東京オートサロン2022(幕張メッセにて1/16まで開催)の場で、ついに日本市場向けの「Z」として発表された。その名はもちろん「フェアレディZ」。日本特有のネーミングは今回も継続となる。

 標準モデルのフェアレディZのほか、240台限定の特別仕様車「Proto Spec」と、アフターパーツを装着したコンセプトカー「フェアレディZ CUSTOMIZED PROTO」も併せて発表された。

 いよいよ登場となった、新型フェアレディZ。新世代の超名門スポーツカーの注目ポイントを確認しつつ、発表によって明らかとなった「弱点」についても、確認していこう。

文:吉川賢一
写真:エムスリ―プロダクション、NISSAN

【画像ギャラリー】ついに登場!! 東京オートサロン2022での、日本仕様の新型フェアレディZ発表の様子(29枚)画像ギャラリー

Proto Specは696万円で2022年6月末発売開始!!

 新型フェアレディZ発表記者会見の直前、トヨタのプレスカンファレンスで、豊田章男社長が「Zには負けないよ」という発言をしていた。そのバトンを受け、新型フェアレディZ発表の場で、日産のCEO 内田誠社長は「私も(トヨタには)負けません!!」と発言。居合わせた人たちは大いに沸いた。

 その名も「イカズチイエロー」と呼ぶ、イエローカラーが鮮やかな特別仕様車「Proto Spec」は、2020に公開した「フェアレディZ」プロトタイプから着想を得た特別仕様車であり、北米仕様でもおなじく240台限定で販売されたモデルだ。

 専用カラーのレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール(チタニウムゴールド)、4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ(イエロー)などを特別装備し、インテリアにも、イエローのアクセントが入った本革スエード調ファブリックコンビシートのほか、インストパネル、ドアトリムクロス、MTシフトノブブーツ、ニーパッドなどに、イエローの専用カラーステッチが施されている。

 新型フェアレディZは、このProto Specを皮切りに、2022年6月下旬頃より販売となるとのこと。Proto Spec は、2月より予約受注が開始され(WEB予約限定)、価格は税込696万6300円だ。

 ちなみに、新型フェアレディZ発表の後、豊田章男社長がなんと日産ブースを電撃訪問。その場にいた、新型Zの商品企画のトップ、田村宏志CPS(チーフプロダクトスペシャリスト)と、壇上の新型のフェアレディZを前に談笑する、という一幕をみせてくれた。

「Proto Spec」には、Zロゴ付の、専用の黄色いブレーキキャリパーや、ブロンズカラーのアルミホイール、イエローがアクセントの本革シート、イエローステッチなどを配置した
「Proto Spec」には、Zロゴ付の、専用の黄色いブレーキキャリパーや、ブロンズカラーのアルミホイール、イエローがアクセントの本革シート、イエローステッチなどを配置した

次ページは : メーターデザインには、松田次生選手の助言も!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ