新型フェアレデイZに惚れた! 初のオートサロンでYoutuberが見た驚きの世界!!


 2年ぶりに開催された東京オートサロン! (2022年1月14日~16日開催)BMW M2を所有して1年になるYouTuberである私(「華音チャンネル」華音)は、自動車評論家・国沢光宏さんの金魚のフンの如く、今回同行させていただくことになりました。人生初ということもあり、初参加する前日は興奮しすぎて車の横に並ぶコンパニオンになる夢をみました!!(ただし露出度は低め笑)

 今回は、そんな私が東京オートサロンで見た、2022年上半期に登場するフェアレデイZ等の新車や本物のコンパニオン、行かないと知ることはなかった発見の数々をお届けします!

文:井口華音/写真:井口華音・ベストカー編集

【画像ギャラリー】人生初の東京オートサロンで見つけた衝撃の車のすべて!なんだこりゃああの10連発!(14枚)画像ギャラリー

一番のお目当てのフェアレデイZ、価格は 696万円…!

 広大なスペースに所狭しと並ぶ数多くのブースの中で、特に人気があって長蛇の列を作っていたのは新世代の名門スポーツカーである新型フェアレデイZでした! 

 最高出力405ps/6400rpm、最大トルク475Nm/1600-5600rpmを発生する3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載している「Proto Spec」。日産の後輪駆動車としては初の停止状態からの加速のポテンシャルを最大限に発揮する「アドバンストローンチアシストコントロールシステム」が標準採用となりました。

 日産が掲げるフェアレデイZのコンセプト「ちょっと頑張れば手の届くスポーツカー」ということもあり、フルモデルチェンジではなく今回はビッグマイナーチェンジにしてコストを抑えパワーアップして出てきてくれました。

 限定240台「Proto Spec」の価格は696万6300円と少しお高く感じますが、限定モデルなので致し方なし。そのぶんボディカラーと同色のブレーキキャリパーとステアリング中央にはZロゴ付き、ブロンズカラーのアルミホイール、内装は本革×スエード調シートやステッチがイエローとなってアクセントになっていたり、レーシングドライバーの助言を基にデザインされた12.3インチのフルデジタルメーターディスプレイが装備され、最近の車のトレンドもしっかりとカバーしています。賛否両論別れるフロントフェイスは置いておいて、サイドシルエットはしっかりZとわかりますね。

日本初公開となった噂のフェアレデイZ「Proto Spec」!色鮮やかなカラーは「イカズチイエロー」。ブレーキキャリパーや本革シートのステッチがイエローのアクセントになっている
3.0リッターV6ツインターボのVR30DDT。従来型と比較すると出力は20%、トルクは30%アップしています

 YouTubeベストカーチャンネルで触れていないロータスブースでは、まだ世界で一台しか展示車がない大変希少な「エミーラ」と会うことができました。

 エミーラはロータス最後のミッドシップエンジン車としてデビューするミッドシップエンジンスポーツカー。最高出力298kW(405PS)/6800rpm、最大トルク420Nm/2700-6700rpmを発生するトヨタ製のV型6気筒 3.5リッタースーパーチャージャーと6速MTを搭載しており、価格は1353万円で、生産開始は2022年春以降の予定。ただし2022年生産ぶんの200台はすでに完売しているので、次に受注できる2022年後半まで待たないといけないのがコロナ禍あるあるです!笑

 ロータスブースには世界で一番ロータスの車を売っているセールスがおり、話を聞くとエミーラを少し試乗したことがあり、ステアリングを握った瞬間から「どんなに新しい車をロータスが出そうと、五感でわかる。これはロータスだ!」と唸ったそう。つまり、乗った感じはしっかりロータス、デザインはフェラーリと見まごうスーパーカーデザインで大変お買い得なので2025年くらいまで受注を埋めるべく注文が殺到すること間違いなしです!

展示車はまだ世界で一台しかないロータス「エミーラ」!全長4,412mm、全幅1,895mm、全高1,225mm、ホイールベース2,575,mm
「Eh-meer-ah」と発音されるこの単語は、「司令官」または「リーダー」の意味。これは、10年後にブランドの完全なるEV化に向け、内燃エンジンを備えたロータスをリードするエキサイティングな新しいスポーツカーとして名付けられました

次ページは : 解説員はすごかった!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ