レクサス来年から初EV発売&次世代戦略「LF-30 Electrified」世界初披露!!【東京モーターショー2019】


 2019年10月23日(水)、レクサスは東京モーターショー(東京ビッグサイト南1ホール)のプレスブリーフィングにて、レクサスの電動化ビジョンを象徴するコンセプトカー『LF-30 Electrified』を世界初公開した。

 ティザー画像でも、ほんの一部しか公開されていなかったコンセプトカーの全貌がついに明らかとなったが、その姿は2030年のLEXUS電動車を示唆する未来的なエクステリアを採用するなど、かなり前衛的なものとなっていた。

 このワールドプレミアとなった注目モデルが、どのようなものなのか? その詳細をレポートしたい。

文/編集部
写真/編集部、LEXUS

【画像ギャラリー】世界初公開の「LF-30 Electrified」の全貌を公開!!


■2030年のLEXUS電動車を示唆する未来的なエクステリア

コンセプトカー『LF-30 Electrified』

 まず『LF-30 Electrified』で注目すべきは、やはりそのデザインだ。LEXUSのデザインアイコンでもあるスピンドル形状を、ボディと一体化したアーキテクチャとして取り込み、さらに進化させている。

 レクサス初となる電気自動車として、既存の自動車のデザインと異なる要素が求められているのかを、まず検討したという。

 フロントからリヤまで、ひと続きとなるウィンドウガラスと張り出したフェンダー、翼形状のヘッドライトでスピンドルを形成しており、流麗なフロントから直線的でシャープなリヤ形状へと移行する個性的なボディ形状を採用している。

 このデザインは見た目だけでなく、翼形状のヘッドライトやリヤライトおよびサイドエアインテークなど、優れた空力性能や冷却性能を意識。ガルウィングのドアにばかり目が行きがちだが、そのデザインは計算されたものとなっている。

 ほかにも、サイドウィンドウの透過率を自由に変化させることで、景観を楽しめる広い視界と、夜間などにおける高いプライバシーを実現。

 また、通常の走行モードと自動運転モードを車両の外から識別できるよう、フロントフェイスの色や発光パターンを区別するなど、デザイン性に加えて機能性も追求。

 デザインとともに目を引くエクステリアカラー「Voltaic Sky」は、先進的な金属皮膜を用いて、青緑の色味を含んだ独自の質感を持たせている。

■優れたパフォーマンスを生み出す車両設計

 LEXUSの電動化ビジョン「Lexus Electrified」が目指すのは、「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」だ。

 モーターの駆動力制御による車両運動制御技術「Lexus Advanced Posture Control」をはじめとする先進技術、バッテリーの低床配置による慣性諸元の向上、4輪インホイールモーターによる従来のクルマとは一線を画した高度かつ自由度の高い運動性能などにより、それを実現している。

「Lexus Advanced Posture Control」によって、4輪インホイールモーターの駆動力を自在に制御することが可能になり、人の感性に寄り添った車両の姿勢コントロールを可能にしている。

 また、前後の駆動輪を完全に独立して制御することが可能で、FF、FR、AWDなど、走行シーンに応じた適切な駆動方式を提供することもできるようになっている。

4輪にインホイールモーターを搭載。 ホイールは24インチあるが、インホイールモーターの冷却まで考えたデザインとなっている
リアに非接触給電システムを搭載

次ページは : ■先進的なコックピットなどを搭載したインテリア