エスティマ、ついに生産終了!! 中古車相場はやはり高騰しているのか? 


 2019年10月、スタイリッシュミニバンのトヨタエスティマ/エスティマハイブリッドがホームページから姿を消した。事前にアナウンスされていたとおり、生産終了した。

 約13年という長いモデルライフに終止符を打った。ここではそんなエスティマの中古車最新情報をお届けしたい。

 新車で買えなくなったいま、中古車相場はどう動いているのか?

 文:萩原文博、写真:トヨタ

 【画像ギャラリー】歴代エスティマを振り返る


エスティマの歴史を振り返る

初代エスティマ

 エスティマといえば、個性的なワンモーションフォルムにより「天才たまご」というキャッチフレーズで1990年5月に初代モデルが登場。

 エスティマは3ナンバーサイズだったが、5ナンバーサイズのエスティマルシーダ/エミーナという派生モデルが登場。

 ミニバンの中で強いブランド力を誇示し大ヒットモデルとなると同時に、ミニバンによるドレスアップのルーツとなった。

 2000年に登場した2代目はタマゴ型のスタイリッシュなスタイリングは継承しながらも駆動方式は従来型の床下に搭載するMRから運転席前に搭載するFFへと変更され、2001年にはミニバン初のハイブリッドモデルを追加した。

2代目エスティマ(後期型)

 最終型となった3代目は2006年1月にエスティマ/エスティマハイブリッドが同時に登場。ガソリン車のエスティマは2.4L直4エンジンと最高出力280psを発生する3.5L V6エンジンを搭載。

エスティマハイブリッドに搭載されるシステムは先代のTHS-CからTHS-IIに変更。動力性能と燃費性能を向上させたのが特徴だ。

3代目エスティマ

 3代目エスティマは2006年に販売開始して以降、内外装の変更とともに改良を行うマイナーチェンジを何度も行っている。

 まず、2008年に1回目のマイナーチェンジを行い、そして、2012年に2回目のマイナーチェンジでは、ハイブリッド車にもエアロ系グレードのアエラスを設定した。

 さらに3度目のマイナーチェンジを2016年に行い、3.5L V6エンジンを廃止し、パワートレインは2.4Lガソリンエンジンとハイブリッドのみとなった。

2016年にあった3度目のマイナーチェンジにおいて
トヨタセーフティセンスCを標準装備している

 また、グレード体系もエアロ系グレードのアエラスのみと変更。いっぽう、遅れていた安全性能は「トヨタセーフティセンスC」を標準装備することでモダン化したのがポイントだ。

 それでは、長くファンに愛されたエスティマの最新の中古車事情を紹介しよう。

エスティマの中古車事情はいかに? 

 最終型となった3代目エスティマ/エスティマハイブリッドの流通台数は、ガソリン車のエスティマが約2120台、そしてエスティマハイブリッドが約550台となっている。

現行エスティマハイブリッド
(2016年マイナーチェンジ)

 エスティマは3カ月前の流通台数が約2240台だったので、若干減少傾向。いっぽうのエスティマハイブリッドは約510台だったので、こちらは増加傾向とモデルによって異なっている。

 中古車の平均走行距離はエスティマ/エスティマハイブリッドともに3カ月間、今月ともにそれぞれ7万km、7.3万kmと横這いとなっている。

 そして、最も気になる平均価格の推移だが、これは明暗ハッキリと別れた。

次ページは : 平均価格をみてみると

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ