【納車待ちまだ1年以上!? 】現行ジムニー中古車市場はどうなっているか?

 2018年7月に約20年振りのフルモデルチェンジを行い、現行型へと世代交代を行った軽オフローダーのスズキジムニー。

 同時にフルモデルチェンジを行った小型乗用車のジムニーシエラとともに、2018年に登場した新車のうちでNO.1という呼び声も高く、大ヒット。販売開始直後は納車まで2年待ちとも言われていた。

 そんなジムニーの現在の状況、中古車市場や、未使用車について、中古車に詳しいジャーナリスト、萩原文博氏に伺った。

 大ヒット車であるジムニーの納期最新情報はこちら

 文:萩原文博、写真:スズキ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】歴代のジムニーをみる!! 


大人気車であるジムニーの現在の状況

スズキ ジムニー

 ジムニーの新型車の納車期間がなかなか縮まらない。長期化する納車期間を少しでも短くするために、スズキも増産体制を整えた。

 しかし、すでにベストカーwebでも紹介しているように、販売開始から1年が経過してもこれからジムニーの新車を注文すると、納車まで1年掛かる状態が続いている。

 ユーザー心理としては、1日でも早く乗りたい! と思うはず。そういった人たちの選択肢と加えてもらいたいのが、未登録新車もしくは未使用中古車と言われるモノだ。

未登録車と未使用車とは一体? 

 これは一体何かというと、未登録新車というのは、販売店が自発的にオーダーをしたクルマでまだ登録をしていないクルマのこと。

 そして、未使用中古車というのは、登録はしているものの走行距離が少ない高品質車のことである。

 つまり、ユーザーの好みに合わせて、ボディカラーやトランスミッション、メーカーオプションは設定できないが、同じ仕様の未登録新車や未使用中古車が見つかると、1週間もあれば手元に届き乗ることができるというメリットがある。

 しかし、こういった未登録新車や未使用中古車にはデメリットもある。それは価格だ。 

価格からみるデメリットとは

 例えば、ジムニーの最上級グレードXC でミッションは5速MT、ボディカラーはジャングルグリーン。

ジムニー(走行イメージ写真)
最上級グレードXC
ボディカラーはジャングルグリーン。

 さらにオプションでナビとカーペットを装着すると、スズキのホームページにある見積もりシミュレーションでは諸費用を含めて207万2728円となる。

 このグレード、ミッション、ボディカラーで検索を掛けると2台の登録済み未使用車がヒットし、ナビが未装着にもかかわらず諸費用を含んだ乗り出し価格は約220万~約237万円と新車での購入価格を大きく上回っているのだ。

 いわゆるこれがプレミアム価格というもので、人気の高いモデルでは頻繁に見られる現象だ。

 古くは初代ホンダNSX、最近ではスバルWRX STI RA-Rなどで起きており、新車の納期まで1年と長期になっているジムニーでも未使用中古車のプレミアム価格化現象が起こっているのだ。

中古車市場でのジムニーの相場いかに? 

 それでは現行型ジムニーの中古車事情を見てみよう。

 現在現行型ジムニーの中古車の流通台数は約225台。この3カ月間の流通台数は200~235台の間で推移している。

 そして中古車の平均走行距離は約1000kmと横這いで推移している。そして平均価格の推移だが、3カ月前の時点は約221万円。

 9月末に215万円まで値落ちが進んだものの10月に入ると再び値上がりとなり、現在は約224万円まで平均価格は上昇しているのだ。

 約220台流通している現行型ジムニーの中古車のうち約100台は走行距離500km未満のいわゆる未使用中古車となっている。

 その走行距離500km以下の中古車の価格帯を調べてみると、リフトアップなどのドレスアップ車や修復歴車を除いた価格帯は約169万円~約245万円となっている。

 グレードでは最上級グレードのXCが最も多く、約60台でそのうち18台がMT車。現行型ジムニーの中古車ではAT車が優勢となっている。

丸目ヘッドライトもジムニー人気の理由の一つ

 これはこれまでのジムニーユーザーだけでなく、細マッチョなボディデザイン、そして丸目ヘッドライトの愛らしいフロントマスクによってユーザー層が拡大したことを示していることを表しているのだろう。

旧型車の中古車価格は下がっているのか

 現行型ジムニーの中古車がプレミアム価格になるほど人気なのだから、旧型となったジムニーの中古車相場は下がっているはずと思う人は多いだろう。

 それもそのはず、一般的には世代交代となるフルモデルチェンジを行うと先代モデルの中古車相場は下がるからだ。

 しかし、ジムニーをはじめ、トヨタランドクルーザーなどはモデルチェンジしても、旧型となった先代モデルはほとんど影響を受けないのである。

3代目ジムニー

 約20年という長い期間販売されていた先代ジムニーの中古車事情を見てみると、流通台数は約2100台と非常に多く、平均価格は3カ月前の約80万円から9月上旬に約84万円まで値上がりし、現在はその水準をキープしている。

 つまりフルモデルチェンジ後の値落ちから早くも値上がりそして高値安定状態に突入しているということになる。

 昭和に発売された先々代ジムニーの中古車の平均価格は当面の底値に達しているようで、約59万円で横這いだ。

2代目ジムニー

 20年以上前に販売されていた軽自動車の中古車が現在でも平均価格約59万円ということだけで、ジムニーの根強い人気がうかがえる。

人気車を早く手に入れたい場合はどうするべきか

 ジムニーに限ったことではないが人気車の場合、納車までの期間が長くなる傾向は多い。

 その場合、多少多くのお金を払ってでも一秒でも早く乗りたいという人で、自分の欲しい仕様のクルマが流通しているのであれば、未使用中古車などは自分の欲求を叶えてくれる一つの方法なのでオススメだ

 【画像ギャラリー】歴代のジムニーをみる!! 

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ