ジムニー納車待ちまだ1年以上!? 中古車市場はどうなっているか?


 2018年7月に約20年振りのフルモデルチェンジを行い、現行型へと世代交代を行った軽オフローダーのスズキジムニー。

 同時にフルモデルチェンジを行った小型乗用車のジムニーシエラとともに、2018年に登場した新車のうちでNO.1という呼び声も高く、大ヒット。販売開始直後は納車まで2年待ちとも言われていた。

 そんなジムニーの現在の状況、中古車市場や、未使用車について、中古車に詳しいジャーナリスト、萩原文博氏に伺った。

 大ヒット車であるジムニーの納期最新情報はこちら

 文:萩原文博、写真:スズキ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】歴代のジムニーをみる!! 


大人気車であるジムニーの現在の状況

スズキ ジムニー

 ジムニーの新型車の納車期間がなかなか縮まらない。長期化する納車期間を少しでも短くするために、スズキも増産体制を整えた。

 しかし、すでにベストカーwebでも紹介しているように、販売開始から1年が経過してもこれからジムニーの新車を注文すると、納車まで1年掛かる状態が続いている。

 ユーザー心理としては、1日でも早く乗りたい! と思うはず。そういった人たちの選択肢と加えてもらいたいのが、未登録新車もしくは未使用中古車と言われるモノだ。

未登録車と未使用車とは一体? 

 これは一体何かというと、未登録新車というのは、販売店が自発的にオーダーをしたクルマでまだ登録をしていないクルマのこと。

 そして、未使用中古車というのは、登録はしているものの走行距離が少ない高品質車のことである。

 つまり、ユーザーの好みに合わせて、ボディカラーやトランスミッション、メーカーオプションは設定できないが、同じ仕様の未登録新車や未使用中古車が見つかると、1週間もあれば手元に届き乗ることができるというメリットがある。

 しかし、こういった未登録新車や未使用中古車にはデメリットもある。それは価格だ。 

次ページは : 価格からみるデメリットとは

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ