現行型プリウスの中古車事情は激変か!?? 堅調か!???

 2019年上半期(4~9月)の新車販売台数で2年振りのトップを奪還したのが、ハイブリッドカーのパイオニアであるトヨタプリウスだ。

 低燃費車として人気を博したプリウスはかつて、新車販売台数NO.1を続けていた人気車種だったが、2018年の上半期は日産ノート、トヨタアクアに次ぐ第3位に甘んじていた。

 プリウスとしては販売台数が苦戦した状況を一変させたのは、2018年12月に行ったマイナーチェンジによる効果であるのは明白だろう。

  そこで今回は、2015年に登場した現行型プリウスの最新の中古車事情に迫ってみる。

文:萩原文博/写真:トヨタ

【画像ギャラリー】日本ハイブリッド界の頂点に君臨し続ける歴代プリウスの雄姿


4代目プリウスを振り返る

2015年に登場した4代目プリウス

 2015年12月に販売開始した4代目プリウスは、TNGAを採用し走行性能とともに燃費性能も向上した。

 しかし、異形のヘッドライトを採油し歌舞伎の隈取をイメージさせる個性的なフロントマスク、リアスポイラーからリアバンパーに縦方向に流れる動き表現したLEDを採用したリアコンビネーションランプのデザインは、好き嫌いがハッキリと分かれてしまったようで、販売台数が伸び悩んだ。

 その苦戦する状況を打破するために2018年12月にマイナーチェンジを行い、外観デザインを一新するとともに通信機能や安全性能を向上させたのだ。

2018年マイナーチェンジしたプリウス

 外観デザインはグリルやバンパー、ランプ類のデザインを変更し、踏ん張り感のあるシルエットを実現。

 そして、全車に専用通信機DCMを標準搭載し、コネクティッドカーへと進化。通信を介して、クルマと社会がつながり24時間365日、カーライフを充実させるサービスを利用できるようになった。

 さらに衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」も全車に標準装備とし、駐車場から後退する際に左右後方から接近してくる車両を検知し、ドライバーに注意を促すリアクロストラフィックアラートを追加し、安全装備の拡充を図っている。

 これほど多くのメニューでマイナーチェンジを行うと、活発に動くのが中古車相場だ。

プリウスの中古相場をみる

 人気がイマイチだった前期型そしてマイナーチェンジして人気を挽回した後期型の中古車はもう出回っているのだろうか。

 まずはプリウスの中古車流通台数を見てみる。現在、現行型プリウスの中古車の流通台数は約3130台。

 その内前期型にあたる2015年~2018年式は約2880台、そしてマイナーチェンジして外観デザインが大幅に変わった2019年式からの後期型は約250台となっている。それでは年式別に値動きを見てみよう。

 最も流通台数の多い2015~2017年式の平均価格は3カ月前が約196万円で今月は約192万円と4万円の値落ちを記録した。

 同じく前期型となる2017年~2018年式の流通台数は約300台程度だが、平均価格は3カ月前が約220万円で、今月が約211万円と9万円の値落ちとなった。

 そしてマイナーチェンジ後の2019年式の平均価格は3カ月前が約263万円で、今月は約261万円とわずか2万円の値落ちにとどまっている。こうして見てみると、マイナーチェンジによって前期型の値落ちは大きくなっていると言える。

値落ちが大きくなった年式は? 

 年式別で最も大きな値落ちを示した2017年~2018年式をもう少し詳しく見てみよう。流通台数が約150台と半数を占めるのが、トヨタセーフティセンスを装着し安全性を向上させた特別仕様車の1.8Sセーフティプラス。

プリウス特別仕様車(2017年)
トヨタセーフティセンスを装備したクルマ

 流通台数は3カ月前の約190台から約150台へと減少しているが、中古車の平均走行距離が1万kmから1.4万kmへと延びているのに比例して、平均価格は3カ月前の約218万円から約203万円へと15万円の値落ちを記録した。

 続いて流通台数約41台と多い1.8Sだが、走行距離が延びたことに比例し、平均価格は約211万円から約196万円へとこちらも15万円の値落ちを記録している。

 この15万円の値落ち幅がどれくらい凄いのかを説明するために、2015年~2017年式のプリウスの中古車で最も多い1.8Sを例にすると、平均価格は3カ月前の時点は約179万円、そして今月は約176万円と3万円に留まっている。

 そのほかほとんどのグレードが5万円以下の値落ち幅となっているので、やはりわずか3カ月で平均価格が15万円も下がるのはプリウスとしては「暴落」といえる状況だ。

なぜここまで値崩れを起こしたのか? 

4代目プリウス カラーバリエーション(2015年登場時)

 どうして、同じ前期型でも2017~2018年式だけが大きな値落ちとなっているのかというと、前期型の人気がイマイチだったこと、そして人気の高い後期型中古車が出回り始めたようで、値崩れを起こしているのである。

 これは「人気」という不確定要素が中古車価格へ与える影響がどれだけ大きいのかということが証明された一つの事例だ。

 また、現行型プリウスの前期型中古車の価格帯は約110万~約334万円と走行距離は10万km近いが最低価格は100万円まであと一歩と迫っている。

プリウスの中古車を買うなら

 運転支援システムのトヨタセーフティセンスが装着しているグレードで150万円以下という中古車もかなり多く出回っているのでお買い得度はかなり高めだ。

 デザインは走行性能にあまり影響はないし、運転している車内からはわからない。そう割り切れば、前期型プリウス特に値落ちの大きな2017年~2018年式は狙い目と言える。

 【画像ギャラリー】日本ハイブリッド界の頂点に君臨し続ける歴代プリウスの雄姿

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ