生産終了したジュークの中古車価格じわじわ上昇中!! 買いか!?? 待ちか!???

 2019年12月をもって国内生産を終了し、在庫のみの販売となった日産ジューク。

 2代目ジュークは2019年9月に欧州で発表されているが、日本では発売されず、代わりにキックスが発売されるのは既報の通り。

 生産終了となれば、中古車相場は上がっていると予想されるが、実際のところはどうなのだろうか? ジュークの中古車を今、買うべきなのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/日産 ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】日本未発売の2代目ジュークと日本発売予定のキックス詳細写真


すでにディーラーには在庫車はほぼない状況

2019年12月をもって生産終了となったジューク。ジュークには81パターンからボディカラー、エクステリアパーツカラー、インテリアカラーを自由に選べるパーソナライゼーションが用意されていた

 国産コンパクトSUVの市場を開拓したモデルが日産ジュークだ。海外市場では新型が発表されているが、日本市場では初代ジュークの生産は終了し、2020年4月頃に後継車となるキックスが発表されるようだ。

 2020年2月中旬現在、日産のホームページを見るとジュークは掲載中だが、首都圏の日産ディーラーに問い合わせたところ、販社単位の在庫はすでになくほぼ完売状態のようだ。

 生産終了直後ということもあって、新古車や走行距離の少ない中古車が多く流通し、中古車相場が高騰しているのではないかと予想できるが、実際のところはどうなのか、調査してみた。

 その前に、ジュークの歴史を簡単に振り返ってみたい。現在のコンパクトSUVブームの火付け役となった日産ジュークは2010年6月に販売開始された。外観デザインはクーペのようなシャープなデザインで、個性的なフロントマスクが特徴。

2010年6月に発売されたジューク。マイナーチェンジ前のモデル

 デビュー当初は1.5L、直4自然吸気エンジンを搭載した2グレードでスタートしたが、2010年10月には1.6L直4ターボエンジンを搭載した16GTを追加。

 16GTの4WD車には新開発されたトルクベクタリング付きALL MODE 4×4-iが搭載され、高い走行安定性を実現している。

 2011年5月には、専用のサスペンションを装着し、全高を1550mmと立体駐車場に対応させたオーテックジャパン製のアーバンセレクションを追加することで、都市部のマンション住まいのユーザーのニーズに対応させている。

 2013年2月、ワークスブランドであるNISMOが手掛けたコンプリートモデルのジュークNISMOを発売。16GT FOURタイプVをベースにターボチャージャーの制御の変更や7速のマニュアルモード付きCVTに変更している。

 さらに専用サスペンションや大径化した18インチタイヤとブレーキなど、走行性能を向上させている。

 その後2014年11月にはエンジン出力をパワーアップさせ、8速マニュアルモード付CVTを採用したNISMO RSを設定している。

 また、標準車のジュークは2014年7月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更と同時に外観と内装色などから90パターンのコーディネートが可能な「パーソナライゼーション」を設定。

 コンプリートカーのNISMOの一方で、ジュークは自分の好みどおりに作れる楽しさを味わえるモデルとなっているのだ。

2014年6月のマイナーチェンジでは内外観のデザインを変更。立体的な形状の「Vモーショングリル」や「ブーメランシェイプ」と呼ばれるV字型のシグネチャーLEDポジションランプやウインカー付きドアミラーを採用したほか、前後バンパーやリアLEDコンビランプの意匠を変更した。また、内外装の各部の色を選択可能とするスペシャルパッケージ「パーソナライゼーション」を新設定した
デザイン性に優れたジュークのコクピット。パーソナルライザーションにより各パーツのカラーも自由に選ぶことができた

ジュークの中古車相場はじわじわと上昇中!

 それでは、ジュークの中古車事情について紹介しよう。スポーツカーなどは生産終了し、中古車でしか手に入らない絶版モデルはその稀少性から中古車価格が上昇傾向となる。

 この現象は軽自動車やコンパクトカーなどがフルモデルチェンジを行い、先代の在庫車が市場に出回り、一時的に中古車相場が値上がりするパターンとは異なる。

 現在のジュークの中古車の流通台数は、生産終了前の3ヵ月前は約1150台。その後年明けにいったん約1400台まで増加したものの、現在は約1185台まで減少している。

 また、中古車の平均走行距離は3ヵ月前が約4.1万kmで現在は約3.9万kmと減少しているのに連動して、ジュークの中古車の平均価格は3ヵ月前の約92万円から約96万円へと値上がり傾向となっているのだ。

 平均価格の推移を1年スパンで見てみると、1年前のジュークの中古車の平均価格は約100万円。その後は順調な値落ち傾向が続き、消費税増税前の2019年9月に底値となる約88万円まで値落ちが進んだ。

 しかし、その後はじわじわと値上がりし始めて、現在は約96万円まで平均価格は上昇しているのだ。

 しかしこの値上がりは生産終了に伴い、未使用中古車が大量に市場に出回った可能性も拭いきれないので、さらに詳しく調べてみたが、2019年式、走行距離500km以下で検索してもヒットしたのはわずか3台。

 これで未使用中古車による値上がりではないことが実証され、価格の安い中古車が市場からなくなり、値上がり傾向となっていることが証明されたのだ。

 現在、ジュークの中古車の価格帯は約30万~約240万円で、まだプレミアム価格にはなっていない。

 60万円以下のプライスを付けている中古車が約190台と豊富で自分の条件にピッタリのクルマは見つけやすいといえる。

グレード別に流通台数を見ると15RXが最も多い

■15RX Vセレクション/約100万~約210万円

15RX Vアーバンセレクション。1.5Lに搭載されるエンジンはHR15DE型、114ps/15.3kgm

■ジューク16GT FOUR/約50万~約220万円

16GT/GT FOURに搭載されるMR16DDT型1.6L、直4ターボエンジンは190ps/24.5kgmを発生する

 中古車のグレード構成を見ると、最も多いのが15RXの約260台、次いで15RX タイプVの約250台そして、15RX Vセレクションの約200台と分散傾向ではあるが、15RXが主力グレードとなっているのは間違いない。

 立体駐車場に対応したアーバンセレクションは15RX アーバンセレクションが約70台。1.6Lターボエンジンを搭載した16GT FOURは約67台。コンプリートカーのジュークNISMOが約57台、ジュークNISMO RSは約22台。パーソナライゼーションは15RX系を中心に流通している。

 それでは、主要グレードの中古車の価格帯を見てみよう。最も流通台数の多い15RXは約30万~約190万円。15RX タイプVは約33万~約130万円そして、15RX Vセレクションは約100万~約210万円とかなりクロスオーバーしている。

 そのなかでも15RX Vセレクションの高価格帯のクルマは走行距離が短い中古車が多く並んでいる。

 ローダウンサスを装着し立体駐車場に対応した15RX アーバンセレクションは約40万~約155万円。1.6Lターボ+4WDの16GT FOURは約50万~約220万円。

 ジュークNISMOは約89万~約230万円、フラッグシップモデルのジュークNISMO RSは約150万~約240万円となっている。

 さすがにターボ車は50万円以下で購入できる中古車はほとんど存在していないが、100万円あれば、16GT FOURだけでなく、ジュークNISMOまで手に入るのは嬉しいところだ。

 現在、新車で販売されているコンパクトSUVと比べると運転支援システムに物足りなさを感じるが、1.6Lターボ+4WDというホットモデルが100万円以下で購入できるコンパクトSUVはジュークだけだ。

 今後、プレミアム価格になるほど中古車相場が値上がりするとは考えづらいが、2014年のマイナーチェンジ後の中古車では16GT FOURなど一部のグレードは早くも値上がりし始めているので、NISMOなどの人気グレードはまだ相場が落ち着いているうちに買いに出た方がいいだろう。

上の写真をクリックするとジュークNISMO、ジュークNISMO RSの中古車情報が見られます!

■ジュークNISMO/約89万~約230万円

2013年2月に発売されたジュークNISMO。搭載されるエンジンは190ps/24.5kgmを発生するMR16DDTに7速マニュアルモード付きエクストロニックCVT-M7を組み合わせる

■ジュークNISMO RS/約150万~約240万円

ジュークNISMO RSは2014年11月の発売。エンジンはNISMO RS専用のMR16DDTで1.6L、直4ターボエンジンは214ps/25.5kgmを発生する。トランスミッションは8速マニュアルモード+パドルシフトを採用したCVT-M8。大径ローターを採用したフロントディスクブレーキとベンチレーテッド化したリアディスクブレーキなど、専用チューニングのサスペンションや電動パワーステアリングなど多岐に渡っている


【画像ギャラリー】日本未発売の2代目ジュークと日本発売予定のキックス詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ