【S660、コペン、ロードスター…】「一生に一度は乗りたい」2座オープンは中古で狙う 


セロの値落ちが顕著

 現在、コペンの中古車の流通台数は約510台。3カ月前が約480台だったので、微増といえる状態だ。

 中古車の平均走行距離は、この3カ月間は約2.2万~約2.3万kmの間で留まっており、その動きにリンクするように平均価格もこの3カ月の間、約154万円付近を横這いで推移している。

3タイプのなかではエクスプレイのタマ数が最も少ない。旧型のイメージを踏襲した丸目のセロは人気は高いが値落ち傾向にあるため注目だ

 さらに、2014年~2016年式でモデル別の値動きをチェックしてみると、ローブは3カ月前が約145万円で今月は約140万円と約5万円の値落ち。

 エクスプレイは3カ月前が約151万円で今月は約152万円でほぼ横這い。そしてセロは3カ月前が約160万円で今月は約151万円と約9万円の値落ちとなっており、中古車の走行距離の延びも大きいがセロの値落ちは大注目だ。

 中古車の価格帯は約90万~約302万円で、高価格帯の中古車の中には、2018年12月に200台限定で発売されたクーペが並んでいる。ほとんど走行距離が1000km未満の未使用車なので、買えなかった人は購入のチャンスといえる。

オープンではないが、2018年12月に200台限定で発表されたコペンクーペはあっという間に完売したが、中古で上物が出始めている

マツダロードスターは2018年に一部改良

初代への原点回帰コンセプトを実現するためマツダの持つ世界最先端の軽量化技術が惜しげもなく投入されている現行ロードスターの走りの評価は激高

 そして、最後はマツダロードスター。

 4代目となるND型と呼ばれるマツダロードスターは、2015年5月に登場した。スカイアクティブテクノロジーをフル搭載した現行ロードスターは、RX-8とシャシーが共通だった先代とは異なり、ライトウェイトスポーツに原点回帰している。

 ソフトトップ車には最高出力132psの1.5L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTと6速ATが組み合わされる。

 そして、2016年11月にはリトラクタブルハードトップモデル、ロードスターRFを追加。ボタンひとつでルーフ部が開閉可能で、その操作に必要な時間はわずか13秒という速さが特徴だ。

2016年にリトラクタブルハードトップモデルのロードスターRFを追加。重量増に合わせて2Lエンジンが搭載されている

 搭載されているのは、2L直列4気筒DOHCエンジンで2018年6月の商品改良で、最高出力が26ps向上した高回転型エンジンへと変更されている。

 また、このタイミングでテレスコピック機構が装着され、より正確なドライビングポジションを調整できるようになった。

2018年の一部改良では要望の高かったステアリングのテレスコピック機能が追加された。これに細かな位置決めが可能になり、走りの楽しさが倍加

次ページは : ソフトトップは値落ち傾向