100万円台のポルシェ911は買っても本当に大丈夫なのか? 安物買いの銭失い?


 空冷フラット6エンジンを搭載するタイプ993(1994~1997年)やタイプ964(1989~1993年)の中古車価格は、狂気の沙汰といっても差し支えないほどの異常な暴騰ぶりだ。

 964カレラ2のMT車が800万円オーバー、964RSが3000万円オーバーと天井知らずの状態が続いており、993カレラのMT車についても900万円オーバー、ターボボディのカレラ4Sは1300万円オーバーという、10年ほど前の中古車相場を知っている人にとっては、呆れて買う気も起きないほどの、空冷ポルシェ人気が続いている。

 しかし、その一方で、空冷エンジンから水冷エンジンに変わった涙目のタイプ996や丸目に戻ったタイプ997の前期型は、空冷911とはまったく逆の、超激安価格で、特に996前期型は170万円から探せる。

 でも、100万円台後半で買えるポルシェ911って大丈夫か? と疑心暗鬼になる人も少なくないはずだ。

 100万円台の激安ポルシェ911を本当に買っても大丈夫なのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が、真相に迫ってみた。

文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 ガレージカレント ポルシェ
取材協力/ガレージカレント

【画像ギャラリー】ポルシェ911、タイプ993/996/997のディテールを写真でチェック!


なぜ水冷エンジンに変わったタイプ996の中古車は激安なのか?

1997年にデビューしたタイプ996。300ps/35.7kgmを発生する水冷3.4Lフラット6を搭載。いわゆる涙目型のヘッドライトが特徴
2001年5月に後期型にマイナーチェンジ。ヘッドライトデザインが911ターボと同形状に変更。エンジンはバリオカムプラスを採用し、3.6Lに拡大、320ps/37.6kgmを発生する

 空冷エンジンを搭載していた往年のポルシェ911は世界的に中古車相場が高騰しており、コンディションの良い個体は1000万円超となる場合も決して珍しくない。

 だがその一方で、水冷エンジンに置き換わったばかりのポルシェ911は今、一部が爆安相場となっている。

 具体的には、911としては初の水冷エンジンとなったタイプ996(1998~2004年)のうち、2001年5月までの前期型カレラは車両170万円前後から探せる状況で、排気量とヘッドライトの意匠などが変わった2001年5月以降の後期型カレラでも180万円前後から。

 そして、さまざまな部分が改良されたタイプ997(2004~2011年)のカレラも、初期年式であれば車両290万円前後から狙えてしまうという状況なのだ。

タイプ996の中古車情報はこちら!

2005年モデルのタイプ997で丸型ヘッドライトが復活。前期型は325ps/37.7kgmの3.6Lと355ps/40.8kgmの3.8Lを用意。2008年6月に発表された後期型は直噴エンジンやPDK(デュアルクラッチ式MT)を搭載

 世界的な名車である「あのポルシェ911」が、100万円台とか200万円台という国産車並みの予算で買えてしまうというのは、ある種の人にとっては「マジか!」と叫びたく話であるはず。

 だが、これらの(ポルシェとしては)格安予算で狙える中古911は、正味のところどうなのか?

 「もちろん中古車なりの難点はいくつかあるけど、決して悪くはない」というのであれば、ぜひ検討対象に加えたいところだが、「いや~、やめといたほうがいいでしょ」というのであれば、そっと記憶から消してしまったほうがいい。

次ページは : 輸入車専門店ガレージカレントに取材!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ