スープラ、R32スカイラインGT-R…運動性能の高さに驚愕した日本車たち 10選

 意のままにクルマを操りたいと思った時、まずはその意志に100%応えられるだけの運動性能がクルマにあることが大前提だ。そのわかりやすいものが「速さ」だろうし、反応速度やハンドリング、立ち上がり、さらには軽快感といったフィーリング的な部分も入ってくるかもしれない。

 クルマの運動性能の進化とは、そのまま「ドライバーの意志に応えるべく積み重ねた歴史」だという側面があるのかもしれない。その進化が人の予想の範疇を踏み超えた時、「名車」が生まれる。

 いわゆるクルマとしての「身のこなしのよさ」が素晴らしかった日本車とは? 自動車評論家 斎藤 聡氏が選んだ10台がコレだ!

【画像ギャラリー】CR-X ロードスターを筆頭その動きの良さに驚愕した10台(プラスα)をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
選出・本文:斎藤 聡
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ