GRヤリス買ったぞ!! 総額約536万円!! 商談してわかった現役最強車の全て


 2020年の東京オートサロン初日となる1月10日(金)にベールを脱いだ、GRヤリスRZ系の特別仕様であるファーストエディションのインターネット上からの先行予約が6月30日(火)に締め切られた。

 そして7月1日(水)から先行予約者を対象とした待望の商談が始まった。

 1月10日当日に先行予約した筆者は7月2日(木)に商談を行い、そのままGRヤリス RZハイパフォーマンスファーストエディションを注文。

 ちなみGRヤリスは、全長3995×全幅1805×全高1460mmというショート&ワイドのボディで、マッチョなフェンダーが特徴的。272ps/37.7kgmの1.6L、直3DOHCターボを搭載し、駆動方式はWRC技術がフィードバックされた4WDが奢られたリトルモンスターだ。

 ファーストエディションはRZが396万円、RZハイパフォーマンスが456万円という価格設定となっていて、全世界で少なくとも6000台以上のオーダーが入っている。

 ここでは商談の模様や細かな価格などをレポートする。

文:永田恵一/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】世界中のクルマ好きが注目するリトルモンスター!! GRヤリスは2020年9月からカタログモデルの販売を開始!!


オーダー締め切り2日後の7月2日に商談

 GRヤリスはYou Tubeで「GRヤリス」と検索すると少なくない動画が出てくることからもわかるとおり、5月後半あたりからGRガレージを中心に展示会が行われていた。

 筆者はその際に商談の日程に加えて、「RZハイパフォーマンスファーストエディションにメーカーオプションは有料色のパールホワイト、予防安全パッケージ、寒冷地仕様、無料でシートのステッチなどがレッドになるエモーショナルカラー」というある程度の方向は伝えていた。

2020年1月10日の東京オートサロン2020で正式発表されたGRヤリスのファーストエディションの商談が約半年経過してようやく開始された

 そのため、クルマの仕様やお勧めディーラーオプションがマイクロソフトのサーフェイスに入力された状態で商談開始。

 はじめに展示会の際にメーカーオプションのフロントシート&ステアリングヒーター装着の旨を伝え忘れていたため加えてもらった。

GRヤリスファーストエディションのメーカーオプション価格

 顧客がもらえる資料はなかったため、筆者が注文したものは正しいが、そのほかは記憶のため大まかなものとなる可能性もあるメーカーオプションの価格は以下のとおりだ。

【RZ、RZハイパフォーマンス共通】
■ボディカラー
・プラチナホワイトパールマイカ/3万3000円
・エモーショナルレッド2&プレシャスブラックパール/5万5000円
※GRヤリスのボディカラーはこの3色に加え無料なのはスーパーホワイト2のみで、合計4色だ。

GRヤリスは4色のみの設定で、エモーショナルレッド2はプレシャスブラックパールとともに5万5000円の有料色となっている

■予防安全パッケージ/24万9700円
 予防安全パッケージにはファーストエディションの特典のひとつとなるフロントガラス左下にプリントされるモリゾウサインの有無があり、逆に考えるとモリゾウサインは予防安全パッケージを選ばないと付けられない。

 予防安全パッケージの内容は日本車トップクラスの自動ブレーキ、先行者追従型のアダプティブクルーズコントロール&操舵支援のLTA(レーントレーシングアシスト)などから構成される最新トヨタセーフティセンス。

 加えてバックモニター、斜め後方を監視するブラインドスポットモニター、オートワイパー、数値も表示されるタイヤ空気圧モニタリング、ヘッドアップディスプレイなどテンコ盛りだ。

予防安全パッケージはGRヤリスにも必須アイテム。オプション価格は25万円と高価だが、後付けできないから、やっぱり付けたいと後悔しないようにしたい

■マーブル柄カーボンルーフ(これを選択できるのはファーストエディションのみ)/16万5000円
 フィルムが貼られる標準のカーボンルーフに対し、マーブル柄はクリア層が加わるなど高級感が高まる。

マーブル柄のカーボンルーフは16万5000円のオプションで、これはファーストエディションのみ専用アイテムとなっている

■寒冷地仕様 RZ/2万3100円、RZハイパフォーマンス/1万7600円
 内容は雪対応のワイパー、冷却水にミックスされるロングライフクーラントの濃度アップ、フロントガラスの熱線、ドアミラーのヒーター

【RZのみ】
■レッド塗装の前後ブレーキキャリパー(キャリパー自体はシルバーとなる標準状態と共通)/4万4000円

RZハイパフォーマンスにはレッド塗装された前後のブレーキキャリパーが標準装備。RZはシルバー塗装が標準で、レッドにするには4万4000円

■コンフォートパッケージ/13万900円
 JBLの8スピーカーなどから構成され、RZハイパフォーマンスと同じプレミアムスポーツシートとなるうえでシート&ステアリングヒーターも含まれるかもしれない。

スパルタンなGRヤリスではあるが、JBLの8スピーカーをはじめとするコンフォートパッケージも室内でくつろぐには欲しいアイテム

【RZハイパフォーマンスのみ】
■フロントシート&ステアリングヒーター/2万7500円

 RZファーストエディションの簡易カタログやWeb(後者は現在RZ系のカタログモデルのティザーサイト的になっている)とは若干異なるところはあるが、メーカーオプションの価格と中身は70%筆者の想定どおりだった。

 30%外れたのは、「20万円くらい」と想定していた予防安全パッケージがヘッドアップディスプレイの追加のせいなのか想定より高く、マーブル柄カーボンルーフは筆者には関係ないにせよ想定より安かった点だ。

次ページは : 筆者の選択したメーカーオプションと選んだ理由

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ