GRヤリス買ったぞ!! 総額約536万円!! 商談してわかった現役最強車の全て

GRヤリス買ったぞ!! 総額約536万円!! 商談してわかった現役最強車の全て

 2020年の東京オートサロン初日となる1月10日(金)にベールを脱いだ、GRヤリスRZ系の特別仕様であるファーストエディションのインターネット上からの先行予約が6月30日(火)に締め切られた。

 そして7月1日(水)から先行予約者を対象とした待望の商談が始まった。

 1月10日当日に先行予約した筆者は7月2日(木)に商談を行い、そのままGRヤリス RZハイパフォーマンスファーストエディションを注文。

 ちなみGRヤリスは、全長3995×全幅1805×全高1460mmというショート&ワイドのボディで、マッチョなフェンダーが特徴的。272ps/37.7kgmの1.6L、直3DOHCターボを搭載し、駆動方式はWRC技術がフィードバックされた4WDが奢られたリトルモンスターだ。

 ファーストエディションはRZが396万円、RZハイパフォーマンスが456万円という価格設定となっていて、全世界で少なくとも6000台以上のオーダーが入っている。

 ここでは商談の模様や細かな価格などをレポートする。

文:永田恵一/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】世界中のクルマ好きが注目するリトルモンスター!! GRヤリスは2020年9月からカタログモデルの販売を開始!!


オーダー締め切り2日後の7月2日に商談

 GRヤリスはYou Tubeで「GRヤリス」と検索すると少なくない動画が出てくることからもわかるとおり、5月後半あたりからGRガレージを中心に展示会が行われていた。

 筆者はその際に商談の日程に加えて、「RZハイパフォーマンスファーストエディションにメーカーオプションは有料色のパールホワイト、予防安全パッケージ、寒冷地仕様、無料でシートのステッチなどがレッドになるエモーショナルカラー」というある程度の方向は伝えていた。

2020年1月10日の東京オートサロン2020で正式発表されたGRヤリスのファーストエディションの商談が約半年経過してようやく開始された
2020年1月10日の東京オートサロン2020で正式発表されたGRヤリスのファーストエディションの商談が約半年経過してようやく開始された

 そのため、クルマの仕様やお勧めディーラーオプションがマイクロソフトのサーフェイスに入力された状態で商談開始。

 はじめに展示会の際にメーカーオプションのフロントシート&ステアリングヒーター装着の旨を伝え忘れていたため加えてもらった。

次ページは : GRヤリスファーストエディションのメーカーオプション価格

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します