高騰していない今が狙い目! 買っておくべきR32~R34型スカイラインセダンの中古車事情

 2007年12月にGT-Rが独立したモデルとなり、現在スカイラインは4ドアセダンのみとなっている。

 スカイラインのなかでも特に16年ぶりにGT-Rが復活した1989年のR32型から2002年まで販売されたR34型スカイラインいわゆる第2世代GT-Rを擁していたスカイラインはクーペのイメージが強く、GT-Rではない標準モデルの2ドアモデルも用意されていた。

 しかし、遡れば1957年に登場した初代スカイラインは4ドアセダンだったし、GT-Rが最初に設定された3代目スカイライン、通称ハコスカも最初は4ドアセダンだった。

 すなわちスカイラインの原点は“高性能セダン”であると考えられる。

 現在、第一世代はもちろん、第二世代のGT-Rの中古車相場は暴騰しすぎて手が付けられない状態で、GT-RじゃないR32型、R33型、R34型の標準モデルの2ドアも高騰を続けている。

 この状況のなかで、さすがにそこまで高騰はしていない、最後の砦ともいえるのがスカイライン4ドアセダンなのだ。

 そこで、今回はR32型、R33型、R34型のスカイライン4ドアセダンの中古車事情に迫ってみたいと思う。


文/萩原文博
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】4ドアセダンこそがスカイラインの王道! R32~R34型の4ドアセダンを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ