永遠の名車 スバルアルシオーネ SVX 底値の今こそ最後の購入チャンス!


 海外のデザイナーを起用した日本車のなかで、燦然と輝く一台の名車がある。1991年9月に発売され、1997年12月に販売終了となった、稀代のスペシャルティクーペ、スバルアルシオーネSVXである。

 アルシオーネSVXの特徴はなんといってもイタルデザインを主宰していたジョルジェット・ジウジアーロによるデザインだろう。

 航空機のキャノピーを思わせるキャビンやルーフ部分まで回り込む複雑な三次元曲面ガラスが採用されたサイドウインドウなど、アルシオーネSVXのデザインは今もなお世界的に高く評価されている。

 そこで、アルシオーネSVXは今どのくらいで販売されているのか? 昨今の旧車ブームの影響を受けて高騰しているのだろうか? モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/スバル

【画像ギャラリー】最高価格788万円! もう二度と生まれない不朽の名作スバルアルシオーネSVXの写真をチェック!


ジウジアーロデザインの美しいデザインが特徴

発売終了から約23年経っても色褪せないデザインのアルシオーネSVX
ボディサイズは全長4625×全幅1770×全高1300mm

 巨匠ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした国産車を挙げなさい! と言われたら、自分は初代トヨタアリスト、初代いすゞピアッツァ、初代いすゞ117クーペ、旧型ダイハツハイゼットカーゴ(アトレーワゴン)、そしてスバルアルシオーネSVXの5台が思い浮かぶ。

 今回はそのなかから、個人的にはジウジアーロが手がけた国産車最高の傑作と思っているスバルアルシオーネSVXを取り上げたいと思う。

 アルシオーネSVXは1991年9月より販売開始された本格的グランドツアラーだ。1989年1月に発売し、スバルの新時代の扉を開いた初代レガシィの2Lセダンとしての基本的な性能、機能、品質を、国際的な水準まで高めつつ、スバルらしさの原点である「走り」に主眼をおいた“ドライバーズカー”として開発された。

 その走りの質においては、走る歓びを最大限に味わえるポテンシャルを持ち、ロングドライブをより安全・快適に走ることができる資質を備えた”グランドツアラー”を具現化した。

 アルシオーネSVXは、レガシィで表現された”ドライバーズカー”、そして”グランドツアラー”というスバルのアイデンティティである4WDを核とした安全技術を受け継ぎつつ、その思想と技術をさらに熟成・発展させたスポーティクーペとして表現したモデルなのだ。

 車名のアルシオーネはスバルのエンブレムにもなっている六連星のうちの一番大きな星である“アルキオネ”にちなんでいることから、当時このアルシオーネSVXがスバルのフラッグシップモデルという位置付けだった。

 「大人の豊かなパーソナルライフを演出する、本格グランドツアラー」というコンセプトで開発されたアルシオーネSVXは十分なゆとりを確保できる3ナンバー専用ボディとして開発された。

 巨匠ジウジアーロが手がけた外観デザインは、当初のオリジナルデザインではハーフリトラクタブルヘッドライトだったが、市販型では固定式ヘッドライトに改められた。

アルシオーネSVXの特徴の一つ、国産車初のミッドフレームウィンドウ

 やはりなんといってもジェット戦闘機のキャノピーを彷彿させる、個性的かつスポーティなミッドフレームウィンドウ付きラウンドキャノピールックが特徴。広いガラスエリアを採用し、サイドウィンドウはその一部のみが開閉可能という個性なデザインだ。

 ロー&ワイドを貴重としたスポーティなフォルムはCd値0.29という優れた空力性能を実現し、静かで快適な高速クルージングが味わえる。

エンジンは3.3L、水平対向6気筒エンジン

 搭載されているエンジンは最高出力240ps、最大トルク31.5kgmを発生する3.3L、水平対向6気筒。大排気量のNAエンジンらしい全域フラットトルクで極めてスムーズな加速フィールを生み出した。

 スバルで水平対向6気筒エンジンを搭載したのは、このアルシオーネSVX、1998年に登場した3代目レガシィに追加されたGT30、ポルシェデザインのエアロパーツを纏ったブリッツェン6。

 そして2003年9月に発売された4代目レガシィの3.0R。さらに2004年に発売された3.0RスペックBは6速MT車も設定されていた。

 また、2009年に登場した先代アウトバックにも3.6L水平対向6気筒エンジンを搭載した3.6Rというグレードが設定されていたぐらいで、スバルの歴史のなかでも6気筒エンジン搭載車はレアなのだ。

アルシオーネSVXの4WD方式はVTD-4WD(不等&可変トルク配分電子制御式4WD)

 アルシオーネSVXの駆動方式は、スポーティな走りと高い走行安定性を両立するVTD-4WD(不等&可変トルク配分電子制御式4WD)システムを採用。

 センターデフは意図的に前輪35、後輪65の不等比率でトルクを配分し、後輪駆動車にも似たスムーズな旋回性能とナチュラルなハンドリングを生み出している。

 タイヤのグリップ力のバランスが崩れた場合、走行状態を判断してアクティブに電子制御するLSD機構によって、ほぼ直結4WDまでトルクをバリアブルに配分し、4WDならではのスタビリティを発揮する。

 また高速ロングツーリングの走行安定性を高めるために4WSを採用(バージョンL)。この4WSは車速、ハンドル角およびハンドル角速度、さらに後輪舵角および舵角速度をセンシングし、コンピュータで最適制御、中高速域では同位相(最大約1.5度)で後輪操舵を行う。

 また後輪へ配分されたパワーと確実に路面に伝えるためにリアデフにビスカスLSDを装着している。

 グレード構成は、デビュー当初はスタンダードグレードの3.3バージョンEと本革シート、4WSなど豪華装備を装着した上級グレードの3.3バージョンLの2グレードを用意。

 そして1993年11月には、バージョンEをベースとした限定300台のS40が富士重工40周年記念車として発売。

 翌1994年7月には第2弾として同じく限定300台で、S40IIが発売された。同年11月にはバージョンEをベースにBBS鍛造アルミホイールや高級オーディオを標準装備した特別仕様車のS3を限定500台で発売。

 そして、1995年7月にはデザインを変更したフロントグリルやBBS社製アルミホイールを装着したS4を設定。実質的にこのモデルが最終モデルとして1997年まで販売された。

次ページは : アルシオーネの中古車流通台数は20台

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ