ハコスカ ケンメリ ジャパン…GT-Rじゃないのに1000万円以上もするスカGの真実


 ハコスカGT-Rこと、KPGC10型スカイライン2ドアハードトップのGT-Rの価格は今や3000万円オーバー。KPGC110型のケンメリGT-Rは4000万円オーバーとも言われる。つい十数年前は1000万円以下だったような記憶があるが、もはや夢のまた夢、手が届かない存在になってしまった。

 ではGTやGT-XなどGT-Rじゃない普通のハコスカやケンメリ、ジャパンがあるじゃないか。これだったら買えるんじゃないか……と、調べて見たら、な~んと1000万円オーバーがザラ。これはどういうことだ? さっそく、中古車事情に詳しい伊達軍曹が専門店に徹底調査!

文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 RED MEGAPHONE

【画像ギャラリー】写真全39枚!1000万円オーバーの旧車スカイラインをじっくり見る


旧車専門店に徹底取材!

東京都練馬区にショップを構えるRED MEGAPHONEさんに取材した
店内。ハコスカやケンメリなどの旧車をはじめ、スカイラインやフェアレディZ、バイクを専門に取り扱っている

RED MEGAPHONEのホームページはこちら!

 いわゆるハコスカやケンメリのGT-Rの相場がウン千万というのは、買う買わない(買える買えない?)は別として、話の理屈はよくわかる。そもそもの数がきわめて希少で、それでいて人気が高いゆえに、市場経済のメカニズムとして相場は必然的に上がらざるを得ないのだ。

 しかし「GT-R」ではない普通のハコスカやケンメリでも、近ごろは1000万円を大きく超える販売物件が増加している。……ちょっと前までは(失礼ながら)大した値段は付いていなかった箱スカのGTやケンメリのGT-Xなどに今、何が起こっているのか?

 まさに1000万円超の「GT-Rじゃないハコスカとケンメリ」を販売している東京都練馬区の車&バイク旧車専門店「RED MEGAPHONE(レッドメガフォン)」のショップマネージャー、今井 努さんに詳しい話を聞いた。

――ということで今井さん、本日はよろしくお願いいたします。

今井さん こちらこそ!

――貴社にお邪魔する前は、失礼ながら「なんでGT-Rじゃないスカイラインが1200万円もするんだよ!」と思っていましたが、現車を見ると納得ですね。50年前のクルマをここまでビシッとフルレストアするとなれば、そりゃ売価は1200万円ぐらいにはなりますよね……。

今井さん ご理解いただき恐縮です。例えばこの1971年式の箱スカGT 2ドアで言いますと、ここでは書ききれないぐらいのフルレストアを施して(詳しくはHPをご覧ください)、エンジンは3LにチューンしたL28に換装して、そして普段づかいもしていただけるぐらいの状態にまで仕上げています。その原価や手間から考えますと、どうしてもこのぐらいの価格にはなってしまうんですよね。

――私も中古車記者生活25年ですので、そのあたりの事情はわかるつもりです。了解であります。で、そのうえでのご質問ですが、「GT-RじゃないスカG」ってそこまで人気があるものなんですか? つまり、1000万円超でも売れるんですか?

今井さん そうですね、需要は確実にあります。

――そうなんですか!

今井さん はい。その理由として、まずひとつは「値段」というのがあります。

本物のハコスカGT-Rが3000万円 これは高すぎる!

1971年式スカイライン2ドアハードトップGT GT-R仕様 1200万円 メーター交換車
フロントブルーぼかしガラス、シルビアシャーシ加工済み、コレクタータンク、手曲げロールバー、リア白ガラス、ロンシャン15インチアルミホイール、ワンオフステンデュアルマフラー、トランク、ボンネットFRP、前後オーバーフェンダー 、リアサイド窓アクリル手曲げロールバーほか

3代目スカイライン(ハコスカ)の中古車情報はこちら!

――値段……?

今井さん ハコスカやケンメリのGT-Rはご存じのとおり希少であるため、「そもそも手に入りにくい」というのがありますし、手に入るとしても、ぶっちゃけベラボーに高いんですよ。

――最近のGT-Rは「ASK(価格応談)」ばかりなので正確にはわかりませんが、だいたい2000万円ぐらいですよね?

今井さん いや2000万円では無理ですね。売価で3000万円ぐらいというのが、最近のおおむねの相場です。

――さ、さんぜんまんえん……って思わずひらがなになってしまいましたが、それは無理だ!

今井さん ですよね。もちろん、なかにはそれだけのご予算を投じてハコスカやケンメリのGT-Rを入手される方もいらっしゃいます。しかし3000万円というのは、普通はなかなか難しい金額です。そこで、「GT-Rじゃないスカイライン」に注目が集まるわけです。

――なるほど。最近は旧車ブームで「GT-RじゃないスカG」も十分高いですが、それでも3000万円は絶対にしないので、GT-Rの代替品としてGTとかGTXが求められている……ということですね?

今井さん それが「代替品」かどうかはさておき、おおむねの流れはおっしゃるとおりです。

ハコスカ2ドアハードトップGT。レカロ特注シート張替え済み、カーボンダッシュボード(特注)、リアトレーボードから全般カーボン張替え、カーボンセンターコンソール、特注ハンドルボス、ステンバッテリーケース(トランク移設)、アルミシフトノブ、社外クーラー、MOMO F1ステアリングほか
ハコスカ2ドアハードトップGTのエンジンルーム。ラジエターファン、フロントタワーバー、社外ドライブシャフト、L28型3L改、エンジンOH、アルミラジエター、オイルクーラー、カム74度、モテックCPU、6連スロットル、MSDほか

3代目スカイライン(ハコスカ)の中古車情報はこちら!

次ページは : 普通のスカイラインで満足できるのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ