ハコスカ ケンメリ ジャパン…GT-Rじゃないのに1000万円以上もするスカGの真実

 ハコスカGT-Rこと、KPGC10型スカイライン2ドアハードトップのGT-Rの価格は今や3000万円オーバー。KPGC110型のケンメリGT-Rは4000万円オーバーとも言われる。つい十数年前は1000万円以下だったような記憶があるが、もはや夢のまた夢、手が届かない存在になってしまった。

 ではGTやGT-XなどGT-Rじゃない普通のハコスカやケンメリ、ジャパンがあるじゃないか。これだったら買えるんじゃないか……と、調べて見たら、な~んと1000万円オーバーがザラ。これはどういうことだ? さっそく、中古車事情に詳しい伊達軍曹が専門店に徹底調査!

文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 RED MEGAPHONE

【画像ギャラリー】写真全39枚!1000万円オーバーの旧車スカイラインをじっくり見る


旧車専門店に徹底取材!

東京都練馬区にショップを構えるRED MEGAPHONEさんに取材した
店内。ハコスカやケンメリなどの旧車をはじめ、スカイラインやフェアレディZ、バイクを専門に取り扱っている

RED MEGAPHONEのホームページはこちら!

 いわゆるハコスカやケンメリのGT-Rの相場がウン千万というのは、買う買わない(買える買えない?)は別として、話の理屈はよくわかる。そもそもの数がきわめて希少で、それでいて人気が高いゆえに、市場経済のメカニズムとして相場は必然的に上がらざるを得ないのだ。

 しかし「GT-R」ではない普通のハコスカやケンメリでも、近ごろは1000万円を大きく超える販売物件が増加している。……ちょっと前までは(失礼ながら)大した値段は付いていなかった箱スカのGTやケンメリのGT-Xなどに今、何が起こっているのか?

 まさに1000万円超の「GT-Rじゃないハコスカとケンメリ」を販売している東京都練馬区の車&バイク旧車専門店「RED MEGAPHONE(レッドメガフォン)」のショップマネージャー、今井 努さんに詳しい話を聞いた。

――ということで今井さん、本日はよろしくお願いいたします。

今井さん こちらこそ!

――貴社にお邪魔する前は、失礼ながら「なんでGT-Rじゃないスカイラインが1200万円もするんだよ!」と思っていましたが、現車を見ると納得ですね。50年前のクルマをここまでビシッとフルレストアするとなれば、そりゃ売価は1200万円ぐらいにはなりますよね……。

今井さん ご理解いただき恐縮です。例えばこの1971年式の箱スカGT 2ドアで言いますと、ここでは書ききれないぐらいのフルレストアを施して(詳しくはHPをご覧ください)、エンジンは3LにチューンしたL28に換装して、そして普段づかいもしていただけるぐらいの状態にまで仕上げています。その原価や手間から考えますと、どうしてもこのぐらいの価格にはなってしまうんですよね。

――私も中古車記者生活25年ですので、そのあたりの事情はわかるつもりです。了解であります。で、そのうえでのご質問ですが、「GT-RじゃないスカG」ってそこまで人気があるものなんですか? つまり、1000万円超でも売れるんですか?

今井さん そうですね、需要は確実にあります。

――そうなんですか!

今井さん はい。その理由として、まずひとつは「値段」というのがあります。

本物のハコスカGT-Rが3000万円 これは高すぎる!

1971年式スカイライン2ドアハードトップGT GT-R仕様 1200万円 メーター交換車
フロントブルーぼかしガラス、シルビアシャーシ加工済み、コレクタータンク、手曲げロールバー、リア白ガラス、ロンシャン15インチアルミホイール、ワンオフステンデュアルマフラー、トランク、ボンネットFRP、前後オーバーフェンダー 、リアサイド窓アクリル手曲げロールバーほか

3代目スカイライン(ハコスカ)の中古車情報はこちら!

――値段……?

今井さん ハコスカやケンメリのGT-Rはご存じのとおり希少であるため、「そもそも手に入りにくい」というのがありますし、手に入るとしても、ぶっちゃけベラボーに高いんですよ。

――最近のGT-Rは「ASK(価格応談)」ばかりなので正確にはわかりませんが、だいたい2000万円ぐらいですよね?

今井さん いや2000万円では無理ですね。売価で3000万円ぐらいというのが、最近のおおむねの相場です。

――さ、さんぜんまんえん……って思わずひらがなになってしまいましたが、それは無理だ!

今井さん ですよね。もちろん、なかにはそれだけのご予算を投じてハコスカやケンメリのGT-Rを入手される方もいらっしゃいます。しかし3000万円というのは、普通はなかなか難しい金額です。そこで、「GT-Rじゃないスカイライン」に注目が集まるわけです。

――なるほど。最近は旧車ブームで「GT-RじゃないスカG」も十分高いですが、それでも3000万円は絶対にしないので、GT-Rの代替品としてGTとかGTXが求められている……ということですね?

今井さん それが「代替品」かどうかはさておき、おおむねの流れはおっしゃるとおりです。

ハコスカ2ドアハードトップGT。レカロ特注シート張替え済み、カーボンダッシュボード(特注)、リアトレーボードから全般カーボン張替え、カーボンセンターコンソール、特注ハンドルボス、ステンバッテリーケース(トランク移設)、アルミシフトノブ、社外クーラー、MOMO F1ステアリングほか
ハコスカ2ドアハードトップGTのエンジンルーム。ラジエターファン、フロントタワーバー、社外ドライブシャフト、L28型3L改、エンジンOH、アルミラジエター、オイルクーラー、カム74度、モテックCPU、6連スロットル、MSDほか

3代目スカイライン(ハコスカ)の中古車情報はこちら!

普通のスカイラインで満足できるのか?

1976年式スカイライン2ドアGT-R仕様 1180万円 走行距離不明

4代目スカイライン(ケンメリ)の中古車情報はこちら!

――そこで次に生じる疑問は、「でも本当はGT-Rが大好きな人が、GT-RではないSOHCのGTとかGTXで満足できるのか?」ということです。そのあたり、どうなんでしょう?

今井さん そこはですね、お客様それぞれの価値観というか「スカイラインに何を求めるのか?」で大きく変わってきます。

――といいますと?

今井さん というのは、例えば「とにかく何がなんでも本物のGT-Rを手に入れたい! それ以外は眼中にない!」という方は、DOHCのS20型エンジンを搭載したGT-Rをお探しになるしかありません。でも、そうではないお客様もたくさんいらっしゃるんですよ。

――「そうではない」というのは?

今井さん GT-Rはもちろん好きだし、憧れもあるけど、GT-Rうんぬん以前に「あの時代のキャブ車に乗りたい! あのダイレクトで生き物のようなフィーリングをまた堪能したい!」と考えるお客様です。そういった場合であれば、希少ゆえに高価すぎるS20エンジン搭載GT-Rにこだわる必要はない――ということですね。

オールペイント済み。トランク、エンジンルーム、フロアーレストア済み。GT-Rグリル、GT-Rミラー。GT-Rエンブレム前後新品。GT-Rリアパネル。社外オーバーフェンダー前後。チンスポ。リアスポイラーほか

――しかしですね、DOHCの名機S20と、言ってはなんですが「普通」でしかないL型SOHCエンジンでは、性能がぜんぜん違うじゃないですか? そのあたりは問題にしないのですか?

今井さん S20型エンジンが超ハイパフォーマンスだったのは確かです。でも、それは「1960年代または1970年代当時は超ハイパフォーマンスだった」という話であって、2021年現在の視点で見るならば、大差はないんです。「どちらも古い、でも楽しい、キャブレター式のエンジン」ということです。

――そうか……そういわれてみると、確かにそうですね。

今井さん もちろんクルマというのは「性能」だけを目当てに買ったり乗ったりするものではありませんし、旧車においては特にそうです。それゆえ、「性能うんぬんはどうでもいい。とにかく自分は“本物”が欲しいのだ!」と考える方もいらっしゃいます。

でも、そこ(S20型エンジンであること)にこだわりがないのであれば、しっかりレストアおよび整備されたL型エンジン搭載車でも、十分以上に楽しめるものなんですよ。

MOMO製ステアリング。GT-Rシフトノブ。GT-Rセンターコンソールほか

――ううむ、なるほど……。だいたい納得しましたが、それでも、超絶フルレストア済みとはいえ「GT-R仕様のハコスカで1200万円、同じくGT-R仕様のケンメリで1180万円」というのは、個人的には出しかねる金額です。

 ……もう少しお安く買うことはできないんですか? 私の場合は、別に見た目がGT-R仕様じゃなくてもぜんぜんOKなので……。

今井さん そうですねぇ、見た目ノーマルで、中身をきちんとレストアしたハコスカまたはケンメリですと……あくまで当社の場合ですが、700万円から800万円ほど頂戴できるのであれば、しっかりした状態まで仕上げた一台をお渡しできると思います。

――50年前の車を普段づかいできるぐらいにまで直すとすると、まぁそのぐらいの売価にはなりますよね。了解であります。というか、「GT-RじゃないスカG」の仕入れ相場も、やっぱりGT-Rみたいに上がっちゃってるんですか?

今井さん 残念ながら上がってますね~。頭の痛いところです。最近の相場は、ちょっと前の2倍じゃ利かないですからね。3倍4倍は当たり前、みたいな感じです。

ラジエターファン、フロントタワーバー、社外ドライブシャフト、L28型3L改、エンジンOH、アルミラジエター、オイルクーラー、カム74度、モテックCPU、6連スロットル、MSD、APキャリパー、スリッドローター、リアブレーキディスク公認ほか

4代目スカイライン(ケンメリ)の中古車情報はこちら!

部品供給は大丈夫なのか?

――これから「GT-RじゃないスカG」を買うとして、整備や修理に必要な部品ってまだ入手できるんでしょうか?

今井さん そのあたりはまったく問題ないですね。さまざまなメーカーさんが、さまざまなスカイライン用パーツを今なお販売しています。もちろん1つのメーカーさんが、必要なすべてのパーツを網羅しているわけではないのですが、いくつかのメーカーさんをかけ合わせて考えれば、ほとんどの部位はカバーできます。

――そして御社のような専門店であれば、部品取り車もあるでしょうしね。

今井さん おっしゃるとおりです。裏にたくさんあります(笑)。あと、足まわりやエンジン系のパーツについては他モデルからの流用も利きますので、部品に関してはご心配される必要はないでしょう。

5代目スカイラインジャパンの中古車相場は?

1980年式スカイラインクーペ GT-EX オリジナル良質車両 8万7000km 450万円

5代目スカイライン(ジャパン)の中古車情報はこちら!

――ところで御社にはハコスカとケンメリのほかに「ジャパン」も置いてありますよね? ジャパンの人気や相場はどうなんですか?

今井さん ハコスカやケンメリほどではありませんが、ジャパンの人気も近ごろは上昇傾向で、それに伴って相場も上がってきてますね。

――とはいえ、ジャパンは御社の良質物件でも450万円でイケます。やたらと上がってしまったハコスカやケンメリと比べれば「割安」とはいえるのかもしれません。まぁもちろん安くはないんですが。

今井さん 私は新車当時のジャパンに憧れまくった世代ですので、ジャパンは大好きですし、これからも力を入れていきたい分野ではあります。しかし問題は、ジャパンって部品があんまりないんですよね……。

チンスポ、純正フォグランプ。アルミホイールはロンシャン15インチに強化サスペンション。ステンデュアルマフラー

――ハコスカやケンメリみたいに、あちこちのメーカーさんが作ってはいないのですか?

今井さん ぜんぜんですね。もちろんゼロではないのですが「かなり少ない」というのが、ジャパンの部品供給の現実です。大好きなクルマですので、なんとかしたいのですが……。

――ううむ、ジャパンの今後の問題点はさておき、ハコスカとケンメリの「GT-Rじゃないやつ」の事情についてはよくわかりました。本日はお忙しいところご対応いただき、誠にありがとうございました!

今井さん いえ、どういたしまして。この世代の車は「自分で運転する歓び」に満ちていますので、ある種の人には本当にお薦めですよ。もしもご興味があれば、またぜひいらしてください。

スカイラインジャパンのコクピット。純正エアコン、MOMOステアリング、1DIN CDデッキ、TS-X10スピーカーほか
スカイラインジャパンのエンジンルーム。エンジンはオリジナルの2L、直4エンジンが搭載されている

【画像ギャラリー】写真全39枚!1000万円オーバーの旧車スカイラインをじっくり見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ