初代ZからGT-Rまで! 全歴代車から選ぶ最高の日産スポーツ ベスト20

初代ZからGT-Rまで! 全歴代車から選ぶ最高の日産スポーツ ベスト20

 9月にフェアレディZプロトタイプが発表され、クルマ好きならずとも注目が集まる日産スポーツ。歴代の日産スポーツで最高の1台は何かを決めようじゃないか!

 歴代の日産スポーツのなかから国沢光宏、松田秀士、斎藤聡、片岡英明、岡本幸一郎の自動車評論家5氏が各々のベスト15を選考。その結果をもとに、1位30点、2位25点、3位20点、4位15点、5位12点、6位10点、以下は15位まで1点刻みで採点して集計した。本稿ではその選考理由を紹介していく。結果やいかに!?

【画像ギャラリー】フェアレディ スカイライン GT-R… 果たして“キング”は誰? 集計表も掲載!

※本稿は2020年10月のものです
選考・文/国沢光宏、松田秀士、斎藤聡、片岡英明、岡本幸一郎、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■19位 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)……10点

「V36スカイラインのプラットフォームゆえ、サスはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク。しかもエンジンはFRだから縦置きV6。これ以上ハンドリングが楽しいSUVはない」(松田)

19位 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)…12代目スカイラインをクロスオーバー化し、海外では「インフィニティEX」の車名で販売された。V6、3.7Lのみだった日本仕様に対し、海外仕様ではV6、3Lディーゼルなどもあった
19位 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)…12代目スカイラインをクロスオーバー化し、海外では「インフィニティEX」の車名で販売された。V6、3.7Lのみだった日本仕様に対し、海外仕様ではV6、3Lディーゼルなどもあった

■19位 240RS(1983年)……10点

「これを名車と言わず何とする! 欧州で日産のヘリテージカーといえば必ずTOP5に出てくると思う。今でもクラシカルイベントの常連。元気いっぱいのエンジン音を響かせ爆走するのだった」(国沢)

19位 240RS(1983年)…3代目シルビアをベースに当時のWRCのトップカテゴリーだったグルーブB参戦のため、2.4L NAエンジンを搭載し、ボディも拡幅。生産台数は200台+αだった
19位 240RS(1983年)…3代目シルビアをベースに当時のWRCのトップカテゴリーだったグルーブB参戦のため、2.4L NAエンジンを搭載し、ボディも拡幅。生産台数は200台+αだった

■17位 2代目 スカイラインGT-R(1973年)……12点

「エンジンの高性能ぶりと希少性もあって後年高い人気を得ることに。以降R32GT-Rが復活する1989年までGT-Rの名前は姿を消すことになる。GT-Rを語るうえで外すことのできない1台」(斎藤)

17位 2代目 スカイラインGT-R(1973年)…スカイラインは4代目のケンメリで大きく豪華になったが、GT-Rも若干遅れて設定。しかし排ガス規制などもあり、たった3カ月の間に200台未満しか販売されなかった
17位 2代目 スカイラインGT-R(1973年)…スカイラインは4代目のケンメリで大きく豪華になったが、GT-Rも若干遅れて設定。しかし排ガス規制などもあり、たった3カ月の間に200台未満しか販売されなかった

次ページは : ■17位 初代プリメーラ(1990~1995年)……12点

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!