初代ZからGT-Rまで! 全歴代車から選ぶ最高の日産スポーツ ベスト20


 9月にフェアレディZプロトタイプが発表され、クルマ好きならずとも注目が集まる日産スポーツ。歴代の日産スポーツで最高の1台は何かを決めようじゃないか!

 歴代の日産スポーツのなかから国沢光宏、松田秀士、斎藤聡、片岡英明、岡本幸一郎の自動車評論家5氏が各々のベスト15を選考。その結果をもとに、1位30点、2位25点、3位20点、4位15点、5位12点、6位10点、以下は15位まで1点刻みで採点して集計した。本稿ではその選考理由を紹介していく。結果やいかに!?

【画像ギャラリー】フェアレディ スカイライン GT-R… 果たして“キング”は誰? 集計表も掲載!

※本稿は2020年10月のものです
選考・文/国沢光宏、松田秀士、斎藤聡、片岡英明、岡本幸一郎、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■19位 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)……10点

「V36スカイラインのプラットフォームゆえ、サスはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク。しかもエンジンはFRだから縦置きV6。これ以上ハンドリングが楽しいSUVはない」(松田)

19位 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)…12代目スカイラインをクロスオーバー化し、海外では「インフィニティEX」の車名で販売された。V6、3.7Lのみだった日本仕様に対し、海外仕様ではV6、3Lディーゼルなどもあった

■19位 240RS(1983年)……10点

「これを名車と言わず何とする! 欧州で日産のヘリテージカーといえば必ずTOP5に出てくると思う。今でもクラシカルイベントの常連。元気いっぱいのエンジン音を響かせ爆走するのだった」(国沢)

19位 240RS(1983年)…3代目シルビアをベースに当時のWRCのトップカテゴリーだったグルーブB参戦のため、2.4L NAエンジンを搭載し、ボディも拡幅。生産台数は200台+αだった

次ページは : ■17位 2代目 スカイラインGT-R(1973年)……12点

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ