アリア、フェアレディZ…キムタクのCMに出てくる日産の名車が欲しい

アリア、フェアレディZ…キムタクのCMに出てくる日産の名車が欲しい

 日産は2020年8月20日、日産の新たな幕開けに合わせ、木村拓哉さんをブランドアンバサダーに起用した。

 8月22日から放映を開始した新TV CM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」を皮切りに、さまざまな場面で、新しいブランドコミュニケーションを開始すると発表した。

 8月22日から放映を開始したTV CM第1弾「やっちゃえNISSAN 幕開け篇」では、木村拓哉さんが往年の名車を乗り継ぎ、最後に新しい日産の象徴である「アリア」に乗り込むなかで、日産の挑戦の歴史とクルマへの情熱を力強く語る様子を描いている。

 キャッチコピーの「やっちゃえNISSAN」は日産が持ち続けてきた「他がやらぬことをやる」という精神を、いま一度胸に刻み、新しい時代へと踏み出していく意味が込められているという。

 注目は第1弾のTV CMに出てくる日産の名車達。KPGC10型スカイラインGT-Rをはじめ、初代サファリ、初代フェアレディZ(240ZG)、R32GT-Rの4台だ。

 CMを見たけど、どんなクルマなのか、わからないという人たちのために、各車の魅力とともに、今いくらで買えるのか、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。


文/岩尾信哉
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】キムタクが乗った”日産座間記念庫”に保存されている名車達


キムタクのCMに出てくるクルマは何?

ブランドアンバサダーに就任した木村拓哉氏が出演する日産の新CM「やっちゃえNISSAN」
ブランドアンバサダーに就任した木村拓哉氏が出演する日産の新CM「やっちゃえNISSAN」

 プライベートでも個性の強いSUVやスーパースポーツを所有していることで知られる“キムタク”こと木村拓哉氏が、新たに「やっちゃえNISSAN」というキャッチコピーとともに、日産のブランドアンバサダーとして就任。日産の企業広告となるTV CMに登場するようになった。

 映像も凝った演出が施されており、深夜から夜明けを待つというシチュエーションの設定のもと、1970年代から1980年代にかけて日産のラインナップを飾ってきた名車たちが姿を見せ、最後にはニューモデルとして発表されたばかりのアリアが姿を見せるかたちで結ばれている。

 ところで“キムタク”のクルマに関するTV CMといえば、トヨタのイメージが強かった方も多いのではないだろうか。

 1994年に公開された初代RAV4は懐かしい限り。近年ではカローラフィールダー(ステーションワゴン)がイメージに残っている。

 フィールダーでは氏自身が特別仕様車の企画に参加するなど、クルマ趣味への拘りが見え隠れしていた。

 9代目カローラの“初代”カローラフィールダーのCMキャラクターとして2006年から起用されてきた氏は、以降10代目(2006年)、11代目(モデル途中の2013年)と継続してCMキャラクターを務めてきた。

 トヨタとの契約が切れたことは容易に想像されるが、同業種のライバル企業への“移籍”は珍しい話でもなく、今後どのような展開になっていくのか興味は尽きないところだ。

次ページは : マックのCMに登場した日産テラノ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ