栄光よもう一度! 日産901運動で生まれた名車たちの現在地


 日産が1980年半ばから「1990年代に世界No.1の運動性能を実現する」ことを目標とした901運動などと呼ばれる社内運動があった。

 この901運動によって、1980年代後半から1990年代前半にかけて稀代の名車たちが数多く生まれた。

 R32GT-R、Z32型フェアレディZ、S13型シルビア、P10型プリメーラ、U13型ブルーバード、初代セフィーロ、Y31、Y32型セドリック/グロリア、Y31型シーマ、K11型マーチなど枚挙にいとまがない。

 そして今、苦境に陥っている日産を見て、この901運動を思い出し、当時の高い志を持って奮起し、再生してほしいと思っている人が少なくないはずだ。

 そこで、日産901運動はどのようなものだったのか? そして、901運動で生まれたクルマのなかからこれぞと思ったクルマをピックアップし、現在の中古車相場を調査。今いくらで買えるのかを中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部、日産自動車

【画像ギャラリー】今どうなってる!? 中古車でゲットしたい日産901運動で生まれた名車たち


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ