栄光よもう一度! 日産901運動で生まれた名車たちの現在地


 日産が1980年半ばから「1990年代に世界No.1の運動性能を実現する」ことを目標とした901運動などと呼ばれる社内運動があった。

 この901運動によって、1980年代後半から1990年代前半にかけて稀代の名車たちが数多く生まれた。

 R32GT-R、Z32型フェアレディZ、S13型シルビア、P10型プリメーラ、U13型ブルーバード、初代セフィーロ、Y31、Y32型セドリック/グロリア、Y31型シーマ、K11型マーチなど枚挙にいとまがない。

 そして今、苦境に陥っている日産を見て、この901運動を思い出し、当時の高い志を持って奮起し、再生してほしいと思っている人が少なくないはずだ。

 そこで、日産901運動はどのようなものだったのか? そして、901運動で生まれたクルマのなかからこれぞと思ったクルマをピックアップし、現在の中古車相場を調査。今いくらで買えるのかを中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部、日産自動車

【画像ギャラリー】今どうなってる!? 中古車でゲットしたい日産901運動で生まれた名車たち


■901運動についてR32GT-Rの開発責任者 伊藤修令氏が当時を回想

伊藤修令さん/1937年3月7日生まれ。1989年5月に発売されたR32型スカイライン、1989年8月に登場したR32GT-Rの開発責任者として辣腕を奮った

 1989年(平成元年)は国産車のヴィンテージイヤー(当たり年)と言われている。初代トヨタ セルシオをはじめ、日産Z32型フェアレディZ、日産R32型スカイライン、ユーノスロードスターといった現在のクルマ造りのルーツといえる名車が続々と登場した。

 この流れはバブル景気が終わる1991年頃まで続く。なかでも日産は16年ぶりにスカイラインGT-Rを復活させるなど、当時の「Feel the Beat もっと楽しく感じるままに 技術の日産」というキャッチフレーズどおり技術力を前面に押し出した商品を発売した。

 その商品開発の裏にあったのが「901運動」だ。この901運動は「1990年代に世界一の運動性能を実現しよう」を合い言葉に開発を行った社内運動のことである。

 この901運動はトヨタソアラのハイソカーやホンダプレリュードなどのデートカーの台頭により、1980年半ばにシェアが20%を切るようになり、シェア回復として行われたのが901運動である。

 901運動の最中、R32型スカイラインGT-Rの開発を担当していた伊藤修令(ながのり)氏に当時の話を聞くことができた。

 「901運動というのはシャシー設計から出た話なのです。マルチリンクサスペンションを搭載したシャシーで、優れたハンドリング性能を実現させた市販車を作る。その中でもスカイラインGT-Rは走りの性能で世界一を目指して開発していた。

 901運動が成功した要因の一つとして挙げると久米さん(久米豊氏)が社長になったことが大きい。社長になって最初に話したのは今の日産は官僚的でこんな企業ではダメだ。

 私のことを社長ではなく久米さんと呼べ、そして社内の風通しを良くしようと。

 実は、我々プリンス(註:立川飛行機を前身とするプリンス自動車工業。1947年創業、1966年8月1日、日産自動車が吸収合併)の人間は会社に入ったときからそうだったのですよ。

 田中さん(田中次郎氏)、中川さん(中川良一氏)というように新入社員が意見を言って、それがベストならば採用されていた。それが技術論争に職位はいらないというのが、プリンスの考え方。

 この901運動によってようやく我々の培ってきたやり方が取り入れられたと思いました。そしてそれ以前からエンジンやシャシーといった各部門では最高のパーツを作っていたが、それを調律、まとめる指揮者がいなかった。

 901運動によってそういった体制に風穴が開いたのも大きい。だから私は、いかに周りの意見を上手くまとめることが、大切だと考えて実行しましたよ。そしてスカイラインGT-Rができあがったのです」と話をしてくれた。

■初代P10プリメーラ

P10型プリメーラ(1990年~1995年)。写真はプリメーラ 2.0Te

P10型プリメーラの中古車情報はこちら!

 901運動によって生まれた日産車は1989年の国産車のヴィンテージイヤーを迎える前から市場に出回り話題となった。1988年登場のS13型シルビアはデートカー、プレリュードの牙城を崩し、同じ年に登場した初代シーマはバブルの追い風に乗り「シーマ現象」と呼ばれるほどの社会現象にまでなったのだ。

 そこで、今回は901運動によって生まれた日産の名車たちが現在どのような中古車相場となっているのかを紹介していきたい。

 まず、紹介するのはR35型GT-Rの開発担当者を務めた水野和敏氏も関わっていた初代プリメーラだ。初代P10(ピーテン)型プリメーラは1990年2月に登場したFFの駆動方式を採用した4ドアセダンだ。

 フロントサスペンションにマルチリンク式を採用し、高いハンドリング性能は当時欧州車を超えたといわれるほどだった。また、FFのレイアウトを活かした広い室内、大容量トランクといった正統派セダンにふさわしい全方位の性能を発揮したモデルだった。

 現在初代プリメーラの中古車は約5台流通していて、中古車の価格帯は約40万~約199万円。

 中古車は搭載しているトランスミッションによって50万円以下がAT車、50万円以上がMT車とはっきりと分かれている。

 最高値の中古車は1994年に販売されたオーテックバージョンのMT車。当時の全日本ツーリングカー選手権参戦を記念して作られた特別仕様車だが、オーテック車の人気の高さが窺える。

1994年の全日本GT選手権(JTCC)のエントリーを記念して1994年1月に発売されたプリメーラオーテックバージョン。30psアップした180psのSR20DEチューンドエンジンをはじめ、専用サスペンション、専用グリルやスポイラー、205/50Rタイヤを装着

次ページは : ■4代目N14型パルサー

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ