注目はe-POWERだけじゃない!? 優等生ミニバン セレナの中古車事情に異変あり!

注目はe-POWERだけじゃない!? 優等生ミニバン セレナの中古車事情に異変あり!

 2021年4月14日に、2022年モデルの日産『GT-R NISMO』を公開した日産。2021年は、EV(電気自動車)の『アリア』をはじめ、SUVの『エクストレイル』、スポーツカーの『フェアレディZ』といったニューモデルが登場する予定で注目度は抜群だ。

 それもそのはず現在、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が発表している新車販売台数(軽自動車および海外ブランドを除く)の2021年3月のデータでは、日産車はベスト20に2020年にフルモデルチェンジを行ったコンパクトカーの『ノート』の4位。そしてミニバンの『セレナ』が11位とわずか2台しかランクインしていない。

 また、軽自動車の新車販売台数でも『ルークス』が4位、『デイズ』が10位とややさえない。今後登場するモデルの中で爆発的に売れるのは『エクストレイル』だけだが、ランキングをもっと賑わせてもらいたい。

 今回は現在日産が販売している車種ラインアップの中でベストセラーと言える『セレナ』の中古車事情を紹介する。2020年の年間新車販売台数でも第11位に留まったセレナだが、一体中古車相場はどのように動いているのだろうか。

文/萩原文博
写真/編集部

【画像ギャラリー】日産のちょうどいいクルマ、セレナを画像で確認!