ファミリーにちょうどいいサイズ感で人気! フリードの中古車が今狙い時!!


 国産Lサイズミニバン市場はトヨタ『アルファード/ヴェルファイア』が圧倒的なシェアを誇っているが、意外と激戦区となっているのが、コンパクトミニバンだ。

 2021年3月に発表された一般社団法人 自動車販売協会連合会(自販連)の新車販売台数データを見てみると、ホンダ『フリード』が9764台。一方のトヨタ『シエンタ』が8682台となっている。

 さらに2020年の年間販売台数を見てみると、フリードの7万6283台に対してシエンタは7万2689台とわずか3594台差で、フリードが7位、シエンタが8位となっている。そこで、今回はコンパクトミニバンのベストセラーモデルとなっているホンダ『フリード』の最新の中古車事情に迫ってみる。

文/萩原文博
写真/HONDA、編集部

【画像ギャラリー】This is ちょうどいいクルマ! フリードを画像でチェック!!


■現行型『フリード』は着実なアップデートを重ねる

 2代目となる現行型フリードは2016年9月に登場。日本の道路事情にマッチした5ナンバーサイズをキープしつつ、先代モデルに比べて、1~3列目シートのヒップポイント間距離を90mm拡大。さらにスライドドア開口幅も拡大、ステップも390mmと低く抑えることで、居住性と利便性を向上させたのが特徴だ。

写真はフリードクロスター。外観はグリル形状やバンパー下部の加飾、ホイールが、内装は色合いが基準車と異なっている

 搭載されるパワートレーンは、先代フィットゆずりの1.5L直4ガソリンエンジン+CVTそして1.5Lエンジン&1モーター+7速DCTというハイブリッドシステムの2種類を用意。駆動方式はガソリン車に加えて、ハイブリッド車にも4WD車を設定しているのはライバル車のシエンタにはない推しの要素だ。

 さらに、衝突被害軽減ブレーキシステムや高速道路での追従走行が可能なアダプティブクルーズコントロール(ACC)などの機能がパッケージ化したホンダの先進安全運転支援システムである「ホンダセンシング」を一部グレードに標準装備している。

 フリードは2019年10月にマイナーチェンジを実施、内外装の変更とともにクロスオーバーテイストの「クロスター」を追加。さらに、運転支援システムのホンダセンシングを全タイプに標準装備とすると同時に、後方誤発進抑制機能を追加。

使い勝手が良い為、日常の買い物からキャンプ旅行の様な長距離移動にも対応する

 また、ACCは、加減速時によりスムーズなフィーリングとなるよう熟成させている。加えて、下り坂でシフトレバーを操作することなく、ある一定のブレーキ操作だけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行えるステップダウンシフト制御をホンダのミニバンで初めて採用している。

 また、2017年12月にカスタマイズモデルの「モデューロX」を追加。空力性能を向上させたエアロパーツをはじめ、専用のサスペンションの装着によって走行安定性を向上させたモデルである。2020年5月に標準車に続いてモデューロXもマイナーチェンジを行い、外観デザインが変更されるとともに、内装はプライムスムース×スエード調のシート表皮に変更されている。それでは、現行型フリードの中古車相場を見てみよう。

■今ならハイブリッドも射程圏に! 気になる最新の動き

 まずは中古車の流通台数から。現行型フリードの中古車の流通台数は約1762台。そのうち2016年9月から2019年10月のマイナーチェンジ前の前期型が約981台。そして2019年10月以降の後期型が約784台と販売されていた期間を考えると前後期型の流通台数に差がないのが特徴。

 それもそのはずで、年式別で最も流通台数が多いのはマイナーチェンジ後の2020年式で流通台数は約450台となっている。2016年式を除くと、年式による販売台数に差がないのが特徴だ。

 また、2020年式~2021年式で走行距離500km以下という条件すなわち「おろしたて中古車」で検索すると、約440台がヒットする。そのうち約290台がガソリン車の「1.5Gホンダセンシング2WD車」。諸費用込みの乗り出し価格でも200万円で購入できるので、ボディカラーなどの条件が揃えば狙い目だ。燃費にこだわる人も「1.5Gハイブリッドホンダセンシング2WD車」ならば、約95台流通していて、乗り出し価格220万円で手が届く。条件が揃えば、新車のガソリン車がおろしたて中古車のハイブリッド車に変わるということも可能だ。

 2020年3月当時の中古車の流通台数は約1450台で、現在は1762台と増加傾向だ。なおかつ前期型の中古車は減少傾向となっているが、マイナーチェンジ後の後期型は中古車市場に急増中だ。

 現在、中古車の価格帯は約110万~約315万円。人気の高いモデルだけに、100万円を切る中古車はすぐに売れてしまうようだ。中古車の平均価格は約204万円。1年前の平均価格が約212万円だったので、緩やかながら値落ち傾向となっている。

●ベストカーWEB厳選!! ちょうどいいサイズ感が人気『現行型フリード』の最新中古車情報

 また、2016年9月から2019年10月のマイナーチェンジ前までの前期型の平均価格は約195万円。そして2019年10月のマイナーチェンジ後の後期型の平均価格は約245万円と平均価格で50万円差となっている。

 流通している現行型フリードの中古車のグレード構成を見てみると、約744台と約42.2%を占めているのが、ガソリン車の「1.5Gホンダセンシング2WD車」。次いで多いのが約560台の「1.5Gハイブリッド ホンダセンシング2WD車」。そして前期型に設定されていた「1.5ハイブリッドEX」の約134台が続いている。

内装は基準車やクロスター、モデューロXで写真中央の木目調パネルなど色合いが異なる

 ガソリン車だけでなく、ハイブリッド車の中古車の流通台数が豊富で予算に合わせて選べるのはユーザーメリットが大きい。そして、マイナーチェンジ後に登場したSUVテイストの「クロスター」はガソリン車が33台、ハイブリッド車が16台。

 またカスタムカーの「モデューロX」は約29台と少なめだ。ただし、価格帯は約230万~約315万円。200万円台前半で前期モデルのハイブリッド車も手に入るので、優れた乗り味を手に入れたいというユーザーには是非ともオススメ。購入後のオーナーシップの高さは格別だ。

【画像ギャラリー】This is ちょうどいいクルマ! フリードを画像でチェック!!