タイプRはこの先もう出ない!? ホンダ最高のエンジン車に乗るのは今しかない!!

タイプRはこの先もう出ない!? ホンダ最高のエンジン車に乗るのは今しかない!!

 2021年5月23日に決勝を行ったF1モナコグランプリは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが勝ち、1992年アイルトン・セナの駆るマクラーレン・ホンダ MP4/7A以来となるホンダエンジンが勝利を飾った。

 50代の筆者はこの2つのレースを中継で見ることができたのだが、29年という自分の人生の半分以上の月日が流れたことに驚かされた瞬間だった。

 まだ免許証も持たない高校生の頃から、F1のボディに書かれた“POWERED by HONDA”という文字をテレビ画面で見てきた。そう、自分にとってホンダ=F1のエンジンを作るメーカーであり、常勝軍団となった第二期を目の当たりにしてきた。

 そんな自分の初めての愛車はそういった経緯もあってワンダーシビック25iだったし、2台目も1991年に登場した2.2L、直4DOHC VTECエンジンを搭載した4代目プレリュードだった。

 この2.2L VTECエンジンのどこまでも回っているようなフィーリングは当時20代の自分にとっては麻薬のようなもので、箱根ターンパイクや嵐山・高雄パークウェイなど様々なワインディングを走りに行った。

 ホンダ=最高のエンジンメーカーという自分にとって、2021年4月23日に行われた社長就任会見の「2040年にグローバルでEV、FCVの販売割合で100%を目指す」という発表は非常にショッキングなニュースだった。

 きっと多くのホンダファンも驚いたことだろう。そこで、ここでは中古車は高騰しているが、乗っておきたいホンダのピュアエンジン車と中古車価格がお手頃で狙い目のピュアエンジンモデルを紹介していきたい。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 ホンダ

【画像ギャラリー】ホンダ伝家の宝刀 VTEC搭載の名車がズラリ!!


■初代NSX/流通台数:35台 中古車相場:約460万~約1480万円 

1990年9月に誕生した唯一無二の国産スポーツカー、初代NSX。オールアルミ製のモノコックボディが大幅な軽量化を可能にした

初代NSXの中古車情報はこちら!

 ホンダの中古車で最も値上がり幅が大きいのが、1990年9月に登場した初代NSXだ。C30A型3L、V型6気筒DOHC VTECエンジンをミドシップに搭載したスポーツカー。

 搭載するC30A型3L、V型6気筒エンジンは、5速MT車は最高出力280ps、4速AT車は最高出力265ps、最大トルク30.0kgmを発生する。

 出力と重量のバランスからコンパクトに設計できるV6を採用。そのV型の角度は全幅・全高ともに圧倒的にコンパクトな90°Vを実現。しかも120°等間隔爆発も可能としている。

 そしてボア90mm×ストローク78mmという吸・排気特性に優れたビッグボア・ショートストローク設計や高圧縮比10.2を達成したペントルーフ型燃焼室を採用。

 その結果、3L自然吸気エンジンとして、当時最大級の最高出力280psを7300回転で発生。しかも、チタンコンロッドなどの採用で、5速MT車は8000回転まで廻る高回転化を実現している。当時のテスト値で0~100km/h加速は5.5秒というハイパフォーマンスだった。

 現在、初代NSXの中古車は35台流通していて、価格帯は約460万~約1480万円。1997年2月のマイナーチェンジで3.2Lエンジンへと変更されるが、3.2Lエンジン搭載車の中古車はほとんどが価格応談となっているため、実際には最高値は2000万円以上と考えたほうが良いだろう。

■初代インテグラタイプR/流通台数45台 中古車相場:約128万~約890万円

FF最強のハンドリングマシンと称された初代インテグラタイプR。搭載されるB18C型1.8L、VTECエンジンは最高出力200ps/18.5kgmを発生

初代インテグラタイプRの中古車情報はこちら!

 続いて値上がりが目立つのが、1995年8月に登場した初代インテグラタイプRだ。搭載するB18C 96spec.Rと呼ばれる1.8L、直列4気筒DOHC VTECエンジンは、ベースとなったエンジンを傑出した高回転域の伸び、ピックアップ性能を発揮する高出力エンジンとするためにチューニングを行っている。

 まずは、伸びのある高出力エンジンとするために、ピストンの形状を変更し、圧縮比を高めている。ただピストンヘッドを盛り上げるだけでなくピストンヘッド内部の肉厚を削り込み、ピストン重量を増加させることなくベースエンジンの10.6から11.1へと大幅な圧縮比アップを実現した。

 そして、熱価7番の高性能白金プラグを採用することで、燃焼温度が高まる高回転域においても安定的な燃焼を確保している。

 また、高圧縮比を実現した燃焼室に、より大容量の混合気を送り込むため、これまでデュアル構造だったインテークマニホールドをシングルポート化。シンプルかつ口径を広くとれるこのポートの採用により、特に高回転域の吸気量を増加させている。

 さらに、インテーク側のバルブ本体の軸を細径化した上でバルブ傘部を薄くして軽量化するとともに、バルブスプリング強化と軽量化を両立するために断面を楕円とした大小径2つのスプリングを重ねる構造を採用。高回転域でのバルブジャンプを防ぎ、スムーズなバルブ追随性を実現している。

 さらにフリクションの低減技術を施すことで、最高出力200ps、最大トルク18.5kgmを達成。リッター当たりの111ps、そして最大許容回転数8400回転という高回転型エンジンを実現したのだ。

 現在、初代インテグラタイプRの中古車は45台流通している。中古車の価格帯は約128万~約890万円となっていて、走行距離5万km以下、修復歴無しという中古車は約480万円からと高値となっている。走行距離が7万km以上でも350万円以上と手が届かないクルマになりつつある。

次ページは : ■初代シビックタイプR/流通台数68台 中古車相場:約150万~約799万円