日産フィガロ 中古最高価格598万円!? なぜ人気なのか?

最高価格598万円! フィガロはなぜ人気なのか?

 日産 フィガロの相場がちょっと凄いことになっている。7年ほど前までは、100万円も出せばまずまずなコンディションの1台が探せたと記憶しているが、直近では100万円以下で買えるフィガロなど皆無。

 走行20万km超の個体でも160万円以上のプライスが付き、2021年6月上旬時点での最高値は、なんと598万円(!)である。

 その最高値物件を販売している愛知県の「アップル弥富1号線店」への取材を通じてわかったのは、イギリスを中心とする海外からの買い攻勢の激しさと、流通の枯渇により、今後はさらに相場が上がってしまうだろう……という悲しいお知らせであった。

 ちなみにちょうど1年3ヵ月前にフィガロの中古車相場を調べた際には、大手中古車検索サイトでは47台流通し、価格帯は約35万~約360万円。

 この最高値の360万円という中古車の走行距離はなんと9000km、修復歴なしという奇跡の物件だった。その中古車を除けば、上限は約170万円であった。約1年前と比べても高騰しているのである。

 そこでなぜ日産フィガロ人気がここまで上がったのか? 現在の中古車市場はどうなっているのか? 598万円で販売しているお店に話を聞きながら、解説していこう。

文/伊達軍曹 写真/日産自動車

【画像ギャラリー】本稿未掲載全16枚! 初代マーチがベースのクラシックカー 日産フィガロを見る


日産フィガロはどんなクルマ?

ボディサイズは全長3740×全幅1630×全高1365mmというコンパクトな2+2クーペ。リアピラーとサイドルーフレールは固定されているが、スライディングソフトトップを備え、オープンエアモータリングが堪能できた。ソフトトップの開閉は手動

 まずは日産 フィガロというクルマ自体について、ごくごく簡単に説明しておこう。

 フィガロは、日産が1980年代後半にスタートさせた「パイクカーシリーズ」の第3弾として1991年に限定発売された、2+2の小型オープンカー。車台は初代日産マーチのものを流用し、そこにクラシカルな造形のボディと手動開閉式のオープントップを載せている。エンジンは1Lの直4、SOHCターボで、トランスミッションは3速ATだ。

 限定2万台での発売に対し、最初の1カ月で21万件もの応募が集まるほどの大人気となったが、当初の予定どおりの台数を売り切った1992年、惜しまれながら販売終了となった。

1991年2月から1992年にかけて合計2万台が生産されたフィガロ。価格は187万円だった(1991年式)。ボディカラーは四季をイメージした、エメラルド(春)、ペールアクア(夏)、トパーズミスト(秋)、ラピスグレイ(冬)の4色で、ルーフトップ部はいずれもホワイト

フィガロの中古車の底値は135万円、最高価格は598万円!

優雅さを表現し、おだやかな曲線でまとめられたコクピット。操作系部品はアクセサリーのようなテイストでトグルスイッチはシェル(貝)のデザイン。オリジナルCDラジオカセットはディーラーオプション

日産フィガロの中古車情報はこちら!

 で、そんな日産 フィガロの中古車相場が今、爆騰している。日本国内の中古車価格は底値の物件でも135万円であり、前述したとおり最高値物件は598万円(ちなみにフィガロの新車時価格は187万円だった……)。

 そういった「天と底」の間で約20台が流通している中古フィガロの全体像を整理すると、おおむね以下の通りとなる。

●135万~約200万円|走行10万~20万km超の個体
●約200万~約300万円|走行5万~8万kmぐらいの個体
●300万円台|2021年6月上旬現在、該当なし
●約400万~約600万円|走行1万km台の超低走行物件

 その昔は走行5万~8万kmぐらいの個体が100万円台、走行10万km超の個体が100万円以下で探せたのだが、それが今はでは上方向に100万円以上、そのままスライドしている形だ。

 そして、走行1万kmぐらいの超コレクターズアイテム系には400万円台あるいは500万円台のプライスタグが付く……という状況に変わっているのだ。

 日本だけでなく欧米やオーストラリアでも人気が高い絶版名車であることはわかるが、果たして「500万円以上」のプライスでも売れるものなのだろうか?

次ページは : 全国最高値598万円の中古車店に直撃してみた!

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ