まだ値上がりしていないけど 将来値上がりしそうなスポーツカーたち

まだ値上がりしていないけど 将来値上がりしそうなスポーツカーたち

 いつの頃からか、国産車・輸入車を問わず「ネオクラシックスポーツ」が世界的なブームとなってしまい、その中古車相場は爆騰してしまっている。

 一例を挙げるなら、空冷ポルシェ911の964型はフツーのティプトロニック(AT)のカレラ2でも800万円以上、MT車なら1200万円以上が相場となり、ドイツツーリングカー選手権で活躍した初代BMW M3は1000万円以上。

 国産車では、ご承知のとおりR34型日産スカイラインGT-Rや80型のトヨタスープラなどの平均価格が、ちょっと大変なことになっている。

 だがそんななかでも、良くも悪くも取り残されているネオクラシックスポーツはある。鬼のように高騰している他のモデルを尻目に、「微妙な値上がり」程度で済んでいるネオクラシックスポーツもなくはないのだ。

 今のところ過小評価されているそういったモデルを(比較的)安価に購入すれば、世間の多くがその価値に気づいた数年後に、高値で売却する――なんてことも可能になるかもしれない。

 では今、取り残されているネオクラシックスポーツ=あまり高騰していないネオクラスポーツにはどんなモデルがあるのだろうか? もろもろ調査してみた。

文/伊達軍曹
写真/マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】これから爆騰する!? とりのこされた日本の「ネオクラシック」スポーツカーを写真でチェック!!