究極の損益分岐点を探れ!! 10万円19万kmスズキパレットの生命力に感服【激安中古車チャレンジ】


 以前お伝えした“激安中古車チャレンジのススメ”であるが、当然ながら激安車だけにトラブルが発生することもあるし、中には手に負えずに早々にお別れした車両も存在している。今回はそんな激安中古車での失敗談と、新たに購入した激安車についてご紹介したい。

文、写真/小鮒康一

【画像ギャラリー】ブレーキとタイヤだけはケチるな!? 激安中古車の絶対チェックポイント解説(6枚)画像ギャラリー

激安中古車のトラブル、修理をするのか? それとも手放すのか?

 激安中古車だからといってすぐにトラブルが発生するわけではないが、やはり安いなりに何かが起こる可能性は少なくない。もしトラブルが発生してしまった場合、そのトラブルを修理するのか、それともその車両は諦めて手放すのかを判断しなければならないのだが、これが意外と難しい。

 筆者の過去の事例を挙げると、エンジン絶好調という触れ込みで購入した某MTの軽乗用車。当初は軽の耐久レースに参加するベース車にしても面白そうと5万円くらいで譲ってもらった物件で、確かにエンジンの調子はよく、MTも快調で気持ちよく走りを楽しむことができる個体だった。しかし、日が落ちてきて寒くなり、暖房をONにしても一切温風がでてこないのである。

 それなりに古い車種だったため、サーモスタットの固着を疑って交換してみるも変化なし。メーター上の水温計の針の位置に異常はないから、恐らくヒーターコアの内部で異常が起きていると判断し、修理にはそれなりの工賃が発生することが予想され、車検残もわずかだったため、泣く泣くお別れという判断に至ったのだった。

殺人的な暑さとなる現代の日本ではエアコンが効かないというのは死活問題である

 また前回の記事でも紹介したスズキKeiでは、ある夏の雨の日にエアコンをONにすると、それまで快調だったハズのコンプレッサーからイヤな音がすると共に冷風が出なくなる事態に。これは間違いなくコンプレッサーの死亡が原因だが、リビルト品を購入すると部品だけで数万円の出費となってしまう。

 しかし、軽自動車であれば車種は違っても共通のパワートレインを採用していることが多いため、中古のコンプレッサーであればネットオークションで検索するとゴロゴロ出てくるのだ。

 そこで、完動車から外したと記載された中古コンプレッサーを数千円で落札し、専門業者にて交換作業を実施。同時交換が推奨されるリキッドタンクやエキスパンションバルブは新品を投入したものの、すべての修理がリビルトコンプレッサー代+αで収まったのだった。ちなみにエアコン修理を実施した理由は車検を取得したばかりでこのままお別れしてしまうのは費用対効果が低いと判断したから。

 なお、どちらの車種も引取の時点ではトラブルは発生しておらず(ヒーターは作動させなかったので気づかなったのだが)、前所有者がトラブルを隠して売却したというわけでないので勘違いのないよう。機械モノは昨日まで絶好調であっても翌日うんともすんとも言わないことも当たり前なのだ。

懲りずに購入した激安中古車。その現状はどんなもの?

 ということで、なんだかんだとトラブルが発生しながらも楽しい激安中古車チャレンジ。懲りずに新たな相棒を購入してしまったので、激安中古車とはどんなものなのかをチェックしていきたい。

 今回購入したのは軽ハイトワゴンであるスズキのパレット。激安中古車チャレンジの物件としては高年式と言っても過言ではない2010年式の物件で、2009年9月の改良時に市販車世界初となる副変速機構付CVTを搭載したもの。グレードは当時の最上級グレードである「X」で、フルタイム4WDというのが購入の最大の決め手となったポイントである。

 そもそもなぜこの車両を購入したかというと、それまで所有していたミニバンを手放して荷物が積めるクルマがなくなってしまったから。気兼ねなく荷物を放り込むことができる激安軽自動車を探していたところ、たまたま出てきたのがこの車両だったのだ。

 なお激安中古車チャレンジを実施する際は、車種などを絞ってしまうとヒット数が減ってしまうため、条件は緩くしておくことに越したことはない。もちろん「低走行でボディがキレイで程度バツグン」などという激安車はないので、ある程度のボロさは覚悟しておくことが必要。今回も「軽自動車、AT、荷物積める」という3点だけを条件に探している。

 そんなパレットであるが、過去のオーナーが仙台→長野と降雪地帯で使用しており、ボディパネルにもところどころサビが出てきているというのと、走行距離が19万kmオーバーと超過走行であることが気になるところ。ただ、クルマの調子はよく、走行に支障があるようなサビはないという言葉を信じての購入となった。

もっとも目立つサビは右リアフェンダー。ただ内側からではなく、外側に発生したサビのようだ

 車両の引き取りは自走で行い、長野から自宅のある神奈川県横浜市までおよそ200kmの道のりを走ってきた。確かに過走行ではあるものの、ある程度のメンテナンスをされてきたからこそそれだけの距離を走れているということもあるのか、特にエンジンやミッションから不具合の気配は感じられなかった。

 ただ気になったのが、ブレーキの効きがイマイチに感じるという点だ。タイヤを見てみるとほぼスリップサインが露出するほどに摩耗してしまっており、タイヤの摩耗が影響しているのかもしれないが、要点検の最重要ポイントとなりそうな印象だった。

一目で山がないことが分かるタイヤも早急に交換しなければならない部分だ

次ページは : 実際に車両をチェック……思ったほど悪くない?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ