MINI中古購入大作戦!! 100万円台で買える!? 走りも個性も使い勝手もピカイチ!!

 丸いヘッドライトと六角形のフロントグリルそして、ゴーカートのような乗り味が特徴と言えばMINIだ。

 日本市場では非常に高い人気を誇り、2019年度の輸入車メーカーの新車登録台数では2万2255台を記録し、アウディの2万5191台に次ぐ第5位となり、シェア7.65%を占めており、この数字からもMINIが人気の高いブランドあることがわかる。

 2002年からはBMW MINIとして販売され、2014年から導入された3代目にあたる現行モデルはボディサイズが拡大され3ナンバーサイズとなった。

 先代モデルでは最大7モデル設定されていたが、現在は3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーの5モデルに集約されている。

 そこで、今回は安定した人気を誇る現行型MINIの中でも最もベーシックな3ドアハッチバック、5ドアハッチバックに絞った中古車事情について紹介しよう。

文:萩原文博/写真:BMW、ROVER

【画像ギャラリー】安心のデザインはクルマ界の人気者 3代目BMW MINI 2ドア/5ドア(前期モデル)の詳細チェック!!


現行MINIはBMW MINIとして3代目

誰が見てもMINIとわかるアイコン的デザインは安心感がある。全長3835×全幅1725×全高1430mmで初めて3ナンバーサイズとなった

 現行型MINI3ドアハッチバックは2014年3月に導入された。

 ハッチバックモデルのMINIは約7年振りのフルモデルチェンジで、視認性および操作性の高いナビゲーション・システム、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、アクティブ・クルーズ・コントロール、ヘッドアップ・ディスプレイ等、数々の先進技術を採用したのが特徴だ。

 新型MINIのフロントデザインは、MINIのアイコンである、丸型ヘッドライト、六角形グリル、クローム・パーツといった要素を残しながら現代風にアレンジしたモダンなデザインを採用。

 フロントグリルは縦方向に拡大し、より初代MINIへのオマージュを強くした。

フロントマスクは丸型ヘッドランプ、6角形グリル、メッキパーツという初代MINIをオマージュしながらもモダンにアレンジされている

 また、新たに用意されたLEDヘッドライトでは、LEDがリング状に発光することにより、夜間におけるMINIの新たなアイコンと言える。

 インテリアは円形のデザイン・エレメントやトグル・スイッチといったMINIのデザイン・アイコンが引き続き採用されるいっぽう、モダンなデザインへと進化した。

 従来のセンター・メーターの場所にはセンター・ディスプレイが装備され、ナビゲーション・システム装備をすると、大型の8.8インチ・ディスプレイが配置される。

 スピードメーターはステアリング・コラム上に配置。さらにセンター・ディスプレイの周囲には LEDがリング状に配置され、ナビゲーション・システムの案内表示や、PDCによる周囲の障害物の状況などに応じて色が変化し、エンターテイメント性を高めている。

多機能なMINIのインパネ。丸を基調とした独特のデザインを採用していて、MINI伝統のトグルスイッチが残されているのはオールドファンにとってもうれしい

現行モデルでMINI史上初の5ドアを追加

 2014年10月にMINI初となる5ドアハッチバックモデルを追加した。

 3ドアハッチバックモデルより70mmホイールベースを延長し、リアシートの居住性を確保しているのが特徴だ。

 これまでMINIのハッチバックモデルは欲しいけれど子供がいて3ドアでは使い勝手が悪いというユーザーにとって待ちに待ったモデルだ。

MINI初の5ドアは3ドアに比べてホイールベースが70mm延長された。最大の魅力はリアシートの乗降性が楽になることだ

 5ドアハッチバックは3ドアハッチバックに対して、レッグスペースが約4cm拡大し、大人5人が乗れるスペースを確保。さらにトランク容量は67L拡大した278Lとなり機能性と利便性を兼ね備えている。

 また2018年5月に3ドア/5ドアハッチバック揃ってマイナーチェンジを行った。

 ユニオンジャックをモチーフとしたリアコンビネーションライトやインテリアサーフェスを採用したのに加えて、トランスミッションを7速のダブルクラッチミッションや8速のスポーツオートマチックトランスミッションに変更。

 加えて、車両そのものに通信機能を持たせることで車両外部との通信によるコネクティビティを高め、ドライビングと日常生活のシームレスなサービスや様々な情報の提供を可能とするMINI Connected(コネクテッド)の採用により、繋がる機能を強化している。

2018年5月のマイチェンでリアコンビランプがユニオンジャックをモチーフとしたデザインのものに変更されてユーザーに大好評

BMW MINIの中古車最新情報

2020年MINIは値上がり傾向

 それでは、現行型MINI3ドア/5ドアハッチバックの最新の中古車相場を見てみよう。

 現行型MINI3ドア/5ドアハッチバックの中古車の流通台数は現在約1050台。この数字を見ると輸入車の中では非常に多く感じるが、3カ月前の2020年6月の時点では約1450台流通していたので、約3分の2まで減少している。

3ドアと5ドアはクルマの使い方で選ぶのがベスト。リアシートに頻繁に人を乗せるなら5ドアが便利だが、後席は荷物置き場と割り切るなら3ドアが安く手に入る

 流通している中古車の平均走行距離は約2万kmだった3カ月前から現在は約2.1万kmと微増しているにも関わらず、平均価格は3カ月前の約214万円から約234万円へと値上がり傾向を示しているのだ。

 1年というもっと長いスパンで見てみると、1年前の平均価格は約240万円で、その後、順調に値落ちが進み、2020年6月に当面の底値となる約211万円に達した。その後は値上がりに反転し、約234万円まで値上がりしており、現在も値上がり中だ。

3ドア/5ドアのONEの前期型ならほぼ100万円代で入手可能

 現行型MINI3ドア・5ドアハッチバックの中古車価格帯は、約88万円~約680万円と非常に幅広い。

 100万円以下でも手に入れることができる現行型MINI3ドア/5ドアハッチバックの中古車は約6台で、グレードはONE(ワン)かクーパー。

5ドアはリアシートの乗降性に優れると同時に、レッグスペースが拡大している。これは3ドアにない魅力で、5ドアを選ぶ最大の理由となる

 クーパーSやジョンクーパーワークスなどはまだ高値をキープしているので、ここではONEとクーパーに絞って解説する。

 まず、エントリーグレードであるONE。最高出力102psを発生する1.5L直列3気筒ターボエンジンを搭載するONE。

 6速ATの前期型の3ドアの中古車の流通台数は約26台で、価格帯は約88万~約198万円と非常にリーズナブルとなっている。

 また7速DCTとなった後期型は約10台と少なめで、価格帯も約187万~約280万円で、200万円付近で前期型と後期型がクロスオーバーしているので迷うところだ。

3ドア/5ドアともリアデザインは共通でフロントマスク同様に安心感があるデザイン。5ドアはラゲッジ容量が大きくなっているのも特徴だ

 いっぽうの5ドアのONEの前期型は流通台数が約43台とONEの中では最も豊富で、価格帯も約98万~約210万円でほとんどの中古車が100万円台のプライスを付けている。

 7速DCTに変更された後期型5ドアの中古車の流通台数は約10台で、価格帯は約190万~約270万円と3ドアと価格差はほとんど見られない。

クーパー&クーパーDは高値安定

 続いては最高出力136psを発生する1.5L、直列3気筒ターボエンジンを搭載するクーパーだが、様々な特別仕様車があるため、ここではカタログモデルのみ紹介する。

 3ドアクーパー前期型の中古車の流通台数は約102台とワンと比べると圧倒的に多く、価格帯は約93万~約238万円とあまり変わらない。

 ただし、3ドアクーパーで100万円以下となっているのはMT車のみだ。7速DCTに変更された後期型の3ドアクーパーの流通台数は約30台で、価格帯は約209万~約340万円と走行距離の少ない中古車が多いため高価格車も多い。

136psを発生する1.5L、直列3気筒ターボエンジンを搭載するクーパーは、スポーティに走りたい人向けだが、高値安定傾向にある

 そして、最高出力116psを発生する1.5L直列3気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した3ドアクーパーDの中古車の流通台数は約61台で、価格帯は約110万~約336万円。 

 いっぽうの5ドアクーパーDの中古車の流通台数は約79台で、約169万~約357万円と高値をキープしている。

200万円あれば後期型も手に入る

 こうして見ると、中古車でも人気の高いミニ3ドア/5ドアハッチバックだが、5ドアのクーパーDを除くと、100万円台前半で購入できる中古車もありかなりリーズナブルと言える。

 予算200万円であれば、年式の新しい後期型も手が届くため、選択肢の幅が広がるもの嬉しいところだ。

 新車ではなかなか手が届かないミニ3ドア/5ドアだが、中古車であれば、国産車の軽自動車と同じ予算で手が届くということになる。

 幸い、3ドアと5ドアの価格差はあまりないので、使い方に合わせて選べるのもユーザーにとってメリットだ。

前期モデルよりも見た目も走りも洗練された後期モデルでさえ、200万円の予算で充分購入対象となるのも魅力的だ

BMW MINIの中古車最新情報

クラシックMINIは現在も数多く流通

 現行型MINIの中古車相場をチェックしたので、敬意を表してルーツであるクラシックMINIの中古車相場を調べてみた。

 クラシックMINIの中では最も年式の新しいローバーMINIの中古車の流通台数は約315台。平均価格は直近3カ月の間。約128万~約131万円の間で推移している。

 価格帯は約17万~約338万円と幅広くなっている。

 最新モデルとクラシックMINIが同じ予算で選べるというのも歴史あるモデルならではの楽しみだし、中古車購入の醍醐味を味わえるクルマだ。

衝突安全性や燃費などを気にするなら購入対象からは外れるクラシックMINIだが、まだまだマニアが存在していて需要が高いので相場も下がらない

クラシックMINIの中古車最新情報

【画像ギャラリー】安心のデザインはクルマ界の人気者 3代目BMW MINI 2ドア/5ドア(前期モデル)の詳細チェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ