王者アルファード/ヴェルファイア ついに中古が狙い目になってきた!!


 日産エルグランドが開拓した国産LLサイズミニバン市場。当時はエルグランドが圧倒的な人気を誇り、トヨタは苦戦を強いられていた。

 しかし2002年に登場した初代アルファードがエルグランドを超える大ヒットとなり、ついにミニバン王者の地位を獲得。そして2008年のフルモデルチェンジでアルファードは2代目へと進化すると同時に兄弟車のヴェルファイアを設定。初代を超える大ヒットとなり王者の地位を盤石のものとしている。

 2015年に登場した3代目の現行型は高級ミニバンという枠を超えて、新時代の高級車として高い人気を誇っているのはご存じのとおり。

 今回はアルファードがヴェルファイアを追加し、ミニバン王者の地位を盤石とした旧型となる2代目アルファード/初代ヴェルファイアの中古車事情について紹介する。
文:萩原文博


■かつて割安感のあった高級グレードが人気に

 先代アルファード/ヴェルファイアの中古車は国内だけでなく、海外でも高い人気を誇っている。

 中古車のオートオークション会場にはアジア圏からのバイヤーが多く訪れ、アルファード/ヴェルファイアの中古車を購入し、輸出しているのだ。

2015年のフルモデルチェンジで「先代型」となった二代目アルファード(2008~2015年)。現在も中古車市場では高い人気を誇っている

 アルファード/ヴェルファイアの中古車は国内ではエアロパーツを装着した2.5Lエンジンを搭載したグレードが人気。しかし、海外ではパワースライドドア、本革シートなど快適装備が充実したグレードが好まれている。

 このように、国内外で求められる要素が異なるのが特徴だ。

 これまで、こういった快適装備が充実したグレードは日本国内では人気は今一つで、エアロ系グレードに比べると割安感があった。しかし海外での人気が高まるにつれてこういったグレードの値落ちにブレーキが掛かっているというのが現在の状況だ。それでは、旧型アルファード/ヴェルファイアの中古車事情を見てみよう。

■この3カ月でタマ数増加&割安に

 先代アルファード/ヴェルファイアは2008年に登場したガソリン車と2011年に登場したハイブリッド車が存在しているので、両モデルのガソリン車とハイブリッド車をそれぞれ紹介する。

 まずはアルファードのガソリン車の平均価格の推移を見てみよう。

 3カ月前の2019年1月に時点での平均価格は195万円。そして現在の4月は189万円と順調な値落ちとなっている。

 流通台数は需要期の3月に1200台を切るところまで減少したが、現在は1295台まで増加。アルファードのガソリン車は相場の動きが値落ち基調、流通台数は増加と買いのタイミングとなっている。

 アルファードハイブリッド車は3カ月前の平均価格は275万円、現在は272万円とほぼ横這い。流通台数は170台から217台まで増えている。流通台数が増加しているにも関わらず、相場は横這いということによって人気の高さが伺える。

次ページは : ■アルファードよりヴェルファイアのほうがタマ数多し