フェアレディZは世界で最も安く買える本格スポーツカー! 100万円を切る中古も出現!?


 年配のクルマ好きにとって憧れのクルマの1台が日産フェアレディZだ。初代のS30から熱狂的なファンが多く存在するある意味『日本人の心のクルマ』といえる。

 スポーツカー受難が続く日本マーケットで販売面は苦戦しているが、相変わらずの存在感があって見る者、乗る者を魅了している。

 そのフェアレディZの先代(Z33)、現行(Z34)とも中古車価格がこなれてきて、現行のZ34でさえ100万円を切る中古車が出現しているという。

 中古車のスペシャリストの萩原文博氏にフェアレディZの中古相場、タマ数、おススメモデルなどを考察してもらう。

文:萩原文博/写真:NISSAN、ベストカー編集部


世界に誇る日本のFRスポーツカー

【画像ギャラリー】カッコよすぎる歴代フェアレディZ

 初代モデルが1969年に登場し、2000年末から2002年7月の間途絶えていた時期はあるが、今年で50周年記念を迎えたのが日産フェアレディZ。2019年5月には50周年記念の特別仕様車が期間限定で発売されるなど盛り上がりを見せている。

初代フェアレディZ(S30)は1969年にデビュー。北米で大ヒットモデルとなり、一躍世界にその名を轟かせた日本の名車

 平均の月販台数が約51台と販売台数は振るわないが、初代から続くロングノーズ・ショートデッキのクラシカルなスタイリングそしてFRの駆動方式によって根強い人気を誇るスポーツカーである。

 その人気は日本国内だけでなく、北米では“Zカー”と呼ばれて日本を上回る人気を誇っているのである。そこで、ここでは日産の誇るFRスポーツカー、フェアレディZの中古車事情を紹介する。

フェアレディZ50周年記念車は2019年7月から販売を開始し、2000年3月までの期間限定販売。勝連のレーシングマシンのカラーリングを彷彿とさせるネオクラシック

販売期間が長いのでタマ数も豊富

 現在、フェアレディZの中古車の流通台数を調べてみると、約850台流通していて、そのうち約395台が2002年~2008年まで販売されていたZ33と呼ばれる先代モデル。そして約240台で2008年に登場したZ34と呼ばれる現行型が続いている。

 1989年(平成元年)に登場したZ32型のフェアレディZも約80台。そして昭和に登場したZ31型も約38台流通しているのには驚きだ。

 今回はフェアレディZの中古車の中心となっている先代のZ33型と現行型のZ34型のクーペモデルに絞って話を進めていきたい。

次ページは : Z33はスポーツ度を高めて登場

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ