【狙い目絶版中古車】値上がりしそうな 今買っておくべきスポーツ車5選


 2019年9月、衝撃的なニュースが飛び込んできた。WRX STIが2019年末で受注が終了になるというのだ。思わず本企画担当は「これは絶対値上がりする!」と叫んでしまった。

 「待てよ、今後、値上がりしそうな中古スポーツカーはほかにも絶対あるはず」ということで、中古車事情に詳しい伊達軍曹に調査、執筆を依頼した。

 さて、値上がりそうな中古スポーツカーはどんなものがあるのか、乞うご期待!

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】これから値上がりしそうな中古スポーツ車大公開!


現在の中古スポーツカーの市場を分析する

 中古車の価格は結局のところ「需要と供給のバランス」で決まる。いくらいいクルマでも、そして、欲しがる人の数が多くても、その分だけ供給も多ければ相場は上がらない。

 中古車の相場を上げる要素はズバリ「希少価値」だ。言い換えるなら「新車ではもう二度と、これと似たような個性を持つクルマは入手できない」ということが判明したとき、その車種の中古車相場はじりじりと、あるいはドカンと上昇する。

 実例を挙げるなら、空冷エンジンを搭載していた世代のポルシェ911や国産車であればR34型スカイラインGT-Rあたりがその好例だろう。

 空冷911やR34型GT-Rと同程度かそれ以上の「性能」を有するクルマは、今後いくらでも生まれるはず。

 だが、あのように「小ぶりでシンプルな、そしてダイレクト感あふれるスポーツカー」というのは、さまざまな基準が厳しくなるいっぽうの近未来社会では「絶対に」市販化されない。それゆえ希少価値が高まり、相場も上昇するのだ。

 そして空冷911やR34型GT-R以外では下記の5車種から「将来的に価格が上がりそう……」という“におい”が濃厚に漂ってきている。

スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション

東京モーターショーに出展される最後のEJエンジン搭載車となるWRX STI EJ20ファイナルエディション
こちらの写真をクリックするとWRX STIの中古車情報が見られます!

「将来的には99.9%の確率で値上がりする!」と言いきれるのが、東京モーターショー2019で発表される「スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション」。

 これは、名作エンジン「EJ20」を搭載する現行型WRX STIが2019年12月末で受注終了となることに伴い、その集大成として555台のみ発売される限定車だ。

 詳細な装備や価格など、スバルは正式には公表していないが、ディーラーにはすでに価格の情報が伝えられているようだ。

価格/WRX STI EJ20 Final Edition 452万1000円(10%税込)
WRX STI EJ20 Final Edition FULL PACKAGE 485万1000円(10%税込)
※ディーラー調べ

 2グレード展開で、2019年10月24日(木)から11月10日(日)の期間中に正規ディーラーでの商談エントリーが必要となり、商談エントリー数が限定台数の555を上回った場合は抽選になるとのことだ。

ピストン、コンロッド、クランクシャフトなどをバランス取りされたEJ20エンジン。このWRX STIの搭載が最後となる

 さて、今後値上がりするのか? 東京モーターショー2017で発表された「S208」の例から未来を推測してみたい。

 新車価格710万6400円だった「S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wing」の現在の中古車平均価格は746.5万円(※筆者独自調べ)。

 また499万8240円で2018年7月に発売され、即日完売となった「タイプRA-R」の現在の中古車平均価格は549.0万円(※前同)。

 これらのことから類推すると、WRX STI EJ20ファイナルエディションのバリューは「新車価格より数十万円は高い」という状態をしばらくの間は確実に維持するはず。

 また「名機EJ20のファイナル!」ということで、さらなる高値を付ける可能性もある。

S208は2017年10月26日に発表され、11月12日までに期間限定450台の販売だったが、2619台の応募があり抽選販売となった。価格は626万4000〜710万6400円
限定500台、499万8240円で2018年7月19日に発売されたタイプRA-Rである。2019年7月19日11時に発売が開始されたが、当日19時には完売

次ページは : ホンダシビックタイプR(FK8)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ