カワサキがEVとハイブリッドバイク世界初公開! EVはネイキッドとSSの2本立てで先行発売か!?


 3年ぶりの開催で大いに盛り上がった鈴鹿8耐。その前夜祭で注目モデルが突如披露された。カワサキが試作EVバイクとハイブリッドバイクのデモ走行を実施したのだ。
 カワサキは2022年中に3台の電動モーターサイクルを発表すると予告しており、正式なアナウンスも近いと見られる。さらにバッテリーEV仕様は2タイプが設定されるとの情報も入ってきた!

文/沼尾宏明、写真/カワサキモータースジャパン

【画像ギャラリー】最新の仕様とコンセプト車を比較、フルカウル版はこんなカンジになる?(5枚)画像ギャラリー

車体はシンプル、フル電動車は軽量コンパクトなネイキッド

 8耐が行われている鈴鹿サーキットで8月6日、カワサキが現在開発中の完全電動バイク(EV)およびハイブリッド車のプロトタイプを世界初公開した。

 カワサキは、2019年11月に電動化計画の「EVプロジェクト」を公開。2021年10月、カワサキモータースの設立に合わせ、試作車が日本で初めて披露された。その際に、カワサキは2022年中に3台の電動バイク(EV、ハイブリッドを含む)を発表すると告知。2025年までに10機種に及ぶ電動モデルを導入する。

 鈴鹿で公開された2台は2022年中に発表予定の電動モデルに相当すると見られる。

 現在、ベンチャー企業などからスポーツタイプのEVは市販化されているが、大手バイクメーカーからは未登場(ヤマハ EビーノやBMW CE04などスクーターは販売中)。ハイブリッドは現在、ホンダからPCX e:HEVのみラインナップされているものの、こちらもスクータータイプだ。

 ライバルに先駆けてEVとハイブリッドのモーターサイクルをカワサキが市販化すれば、一挙に電動スポーツバイク市場をリードすることになる。

 まずはEVモデルの詳細から解説しよう。2021年時点の試作車ではフルカウルだったが、今回はカウルレスのZ250系に連なるストリートファイターとして登場した。

 カワサキから詳細に関する発表はなかったが、通常のバイクでエンジンのシリンダーがある場所にバッテリーを配置。スイングアーム手前にモーターを設置する。
 フレームは、現行のガソリンエンジン版Z250や兄弟車のNinja250と全く異なり、バッテリー全体を覆うトラス構造となっていた。

 エンジン腰下に相当する部分やエキパイ&マフラーがないこともあり、車体は非常に軽快コンパクトな印象。以前公開された「EVプロジェクト」ではEVには珍しく4速ミッションを備えていたが、今回はマニュアルミッションやクラッチレバーは搭載していなかった。

フル電動バイクのシュラウドには「EV」の文字が。ほとんどの外装と足まわりはZ250/400系と共通だが、よりコンパクトに見える

軽量な車体に250ccシングル以上のパワーを誇る?

 2019年11月時点でのコンセプトモデルは、巡航時のモーター出力が10kW(13.6ps)、最高出力20kW(27.2ps)。車重は219kgだった。バッテリーはCHAdeMo規格による急速充電に対応し、フル充電での航続距離は100kmとの情報だ。

 今回披露されたEVのスペックは明らかではないが、以前のコンセプト車より明らかにバッテリーが小さいため、車重に関してはより軽量化が期待できる。その上で航続距離が同等か150km程度まで伸びていれば嬉しい。

 また、最高出力27.2psは、レブル250やジクサー250など250cc単気筒と同等。しかし、EVは瞬時にトルクを引き出せるため、ガソリン車におけるスペックの数字より高性能になる傾向がある。また、出力特性を容易に変更できるため、さらに最高出力が向上している可能性もあるだろう。

コンセプトモデルのストリップ。バッテリーが大きく、マニュアル4速ミッションも搭載していたが、今回の仕様では変速機構がなかった

次ページは : ハイブリッドはウイングレット付き、モーターのみの走行も可能!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ