カワサキがEVとハイブリッドバイク世界初公開! EVはネイキッドとSSの2本立てで先行発売か!?

カワサキがEVとハイブリッドバイク世界初公開! EVはネイキッドとSSの2本立てで先行発売か!?

 3年ぶりの開催で大いに盛り上がった鈴鹿8耐。その前夜祭で注目モデルが突如披露された。カワサキが試作EVバイクとハイブリッドバイクのデモ走行を実施したのだ。
 カワサキは2022年中に3台の電動モーターサイクルを発表すると予告しており、正式なアナウンスも近いと見られる。さらにバッテリーEV仕様は2タイプが設定されるとの情報も入ってきた!

文/沼尾宏明、写真/カワサキモータースジャパン

【画像ギャラリー】最新の仕様とコンセプト車を比較、フルカウル版はこんなカンジになる?(5枚)画像ギャラリー

車体はシンプル、フル電動車は軽量コンパクトなネイキッド

 8耐が行われている鈴鹿サーキットで8月6日、カワサキが現在開発中の完全電動バイク(EV)およびハイブリッド車のプロトタイプを世界初公開した。

 カワサキは、2019年11月に電動化計画の「EVプロジェクト」を公開。2021年10月、カワサキモータースの設立に合わせ、試作車が日本で初めて披露された。その際に、カワサキは2022年中に3台の電動バイク(EV、ハイブリッドを含む)を発表すると告知。2025年までに10機種に及ぶ電動モデルを導入する。

 鈴鹿で公開された2台は2022年中に発表予定の電動モデルに相当すると見られる。

 現在、ベンチャー企業などからスポーツタイプのEVは市販化されているが、大手バイクメーカーからは未登場(ヤマハ EビーノやBMW CE04などスクーターは販売中)。ハイブリッドは現在、ホンダからPCX e:HEVのみラインナップされているものの、こちらもスクータータイプだ。

 ライバルに先駆けてEVとハイブリッドのモーターサイクルをカワサキが市販化すれば、一挙に電動スポーツバイク市場をリードすることになる。

 まずはEVモデルの詳細から解説しよう。2021年時点の試作車ではフルカウルだったが、今回はカウルレスのZ250系に連なるストリートファイターとして登場した。

 カワサキから詳細に関する発表はなかったが、通常のバイクでエンジンのシリンダーがある場所にバッテリーを配置。スイングアーム手前にモーターを設置する。
 フレームは、現行のガソリンエンジン版Z250や兄弟車のNinja250と全く異なり、バッテリー全体を覆うトラス構造となっていた。

 エンジン腰下に相当する部分やエキパイ&マフラーがないこともあり、車体は非常に軽快コンパクトな印象。以前公開された「EVプロジェクト」ではEVには珍しく4速ミッションを備えていたが、今回はマニュアルミッションやクラッチレバーは搭載していなかった。

フル電動バイクのシュラウドには「EV」の文字が。ほとんどの外装と足まわりはZ250/400系と共通だが、よりコンパクトに見える
フル電動バイクのシュラウドには「EV」の文字が。ほとんどの外装と足まわりはZ250/400系と共通だが、よりコンパクトに見える

次ページは : 軽量な車体に250ccシングル以上のパワーを誇る?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!