CB1000Rが2024年にストリートファイターに刷新!? CB-Fコンセプトはお蔵入りに

CB1000Rが2024年にストリートファイターに刷新!? CB-Fコンセプトはお蔵入りに

 ホンダの新世代ネイキッドとして2018年にリリースされたCB1000Rが2023年限りで終了し、2024年にはフルモデルチェンジするという。だが、後継と目されていたCB-Fコンセプトではなく、欧州で人気のストリートファイターに生まれ変わるだろう。

文/ベストカーWeb編集部、CG/SRD

【画像ギャラリー】新型CB1000Rにつくと思われるウイングレットはこんな形に!?(8枚)画像ギャラリー

CB1000Rはカフェレーサーからストリートファイターに変貌か

 CB1000Rは、元々欧州ローカルで販売されていたものを2018年にグローバル展開し、日本でも発売が開始されたモデル。その際に、ストリートファイターからカフェレーサーに方向性を変えており、人気のネオクラシックスタイルにすることでターゲットを広げたのだ。

 同時にCB1000Rを筆頭にCB650RやCB250R、CB125Rなどでシリーズ化して新しい時代のホンダ「CB」を打ち出していったが、旗艦CB1000Rの販売が不振。2021年にはデザインを改良するも状況は変わらず、現行CB1000Rは2023年型が最終と言われている。

 そして、新型CB1000Rはストリートファイターに原点回帰すると予想され、2017年型CBR1000RR(SC77型)をベースにした大幅なポテンシャルアップが期待される。ストリートファイターは性能が重視されるので、ベースモデルの更新は歓迎されるだろう。

 SC77型CBR1000RRは192PSの最高出力を発揮しており、欧州の並みいるライバルに対しても性能は十分。さらに、スライドコントロールやセミアクティブサスなどSC77型で大幅にアップデートされた電子制御が導入されると、より魅力が高まるだろう。

新型CB1000R [HONDA] 画像は編集部の予想CG。2017年型CBR1000RRをベースに生まれ変わり、コンセプトもストリートファイターとした新型CB1000R。ウイングも付くようだ
新型CB1000R [HONDA] 画像は編集部の予想CG。2017年型CBR1000RRをベースに生まれ変わり、コンセプトもストリートファイターとした新型CB1000R。ウイングも付くようだ

CB1000Rの次はCB-Fコンセプトになるはずだった

 新型CB1000Rの模索は、実は2020年から表面化していた。コロナ禍で中止された東京モーターサイクルショーに代わって、オンラインでCB-Fコンセプトが公開されたのだ。CB1000Rのエンジンや車体を使って、1979年のCB750F/CB900Fを再現していた。

 CB-Fコンセプトは、遡ると2019年のCB誕生60周年に提案されるべく2018年末から企画が進められていたもの。CB1000Rが不振なこと、CB1300シリーズがカワサキのZ900RSに対抗できなかったこと、スズキが新型カタナを発表したことが重なったのが要因だ。

 反響が大きければCB-Fコンセプトは今頃発売されていてもおかしくないタイミング。ところが、これが市販されないことが改めて判明した。11月に開催されたイベントで、CB-Fコンセプトを手がけた伴哲夫氏自ら「出ませんよ」と発言したのだ。

 3年ぶりにリアル開催された2022年3月のモーターサイクルショーではCBが一台も展示されず、CB1000Rの販売終了とCB-Fコンセプトのプロジェクト終了を示唆していたと考えられる。そして、2024年新型CB1000Rはストリートファイターに回帰するだろう。

CB-Fコンセプト(2020年) [HONDA] 前年のCB誕生60周年の節目を機に新しいジャパニーズCBを検討し導き出した提案。CB1000RをベースにCB750/900Fのシルエットを再現した
CB-Fコンセプト(2020年) [HONDA] 前年のCB誕生60周年の節目を機に新しいジャパニーズCBを検討し導き出した提案。CB1000RをベースにCB750/900Fのシルエットを再現した

次ページは : 新型CB1000Rにはウイングレットも装着される!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します