意外すぎるバスの走行性能!! この最高速ってマジ!?

■基準その3:ある装置が生み出す最高速度

 車種によってマチマチではあるが、速度計に140km/hや160km/hと記してあっても、そこまで速度を出せないようにしたバス車両もある。

 いわゆるスピードリミッターが標準で付いているものがコレに該当し、高速バス/貸切バス用でハイデッカータイプの大型車にリミッターを標準装備している車種がある。

中央道を巡航する都市間高速バス
中央道を巡航する都市間高速バス

 リミッター付き車両の例として、三菱ふそう製「エアロクィーン」を挙げてみると、カタログデータで115km/hがリミッターに設定されているとのこと。ゆえに、この基準での最高速度は115km/hになる。

■基準その4:“足”が決め手な最高速度

 普段ほとんど注目されない気がするものの、バスの最高速度を左右する自動車の主要パーツが存在する……タイヤだ。

 大型車用のタイヤの側面には、「275/70R 22.5 148/145J」のような、数字やアルファベットの羅列が刻印されている。

タイヤもまた最高速度を決める重要なファクター?
タイヤもまた最高速度を決める重要なファクター?

 それぞれの文字にはちゃんと意味があり、ここで注目したいのは末尾に記されたアルファベット。大型車両のタイヤは「J・L・N」の3種類に分かれる。

 このアルファベットは速度記号と呼ばれ、走行時にタイヤが問題なく機能するスピードの限界(最高速度)を表したものだ。「J」は100km/h、「L」は120km/h、「N」は140km/hとなっている。

 では、どのアルファベットのタイヤをバス車両が履いているのか……街中を走る、もしくは停車中の車両を観察してみると、全部ではないだろうが「J」のタイヤが結構多い。

 とどのつまり、性能的に150km/h出せるバス車両があったとしても、「J」のタイヤを履いている限り、実質的な最高速度は100km/hに収まるわけだ。

【画像ギャラリー】パターンいろいろ!! バスと最高速度の関係(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!