【路線バス活用法】土地勘ない場所に行くなら地図アプリを信じるのは禁物!? そんな時こそバスだ


認定証の超豪華特典!

 参加すると参加認定証が授与され、その認定証はピザ注文時にポテトフライMが何回でも無料になるフリーパスにもなっているプレミアムな認定証。子供用のキャップとエプロンもプレゼントされ、同社の広報担当者は「将来ピザを作るスタッフになってくれるといいですね」とほほ笑んだ。

ある材料は何でもトッピングOKだがサイドメニューをトッピングするとは!

 なお、トッピングは何をのせても良いのだが、この日、参加した女の子はサイドメニューをピザに乗せてしまうという大人では考えつかない「禁じ手」を演じ周囲の度肝を抜いた。

 スタッフは「まさかサイドメニューを乗せるとは思っていませんでしたが、組み合わせとしてはアリだと思います。これは斬新すぎます!」と子供の感性に脱帽のようだった。

 またスタッフはピザを作る際の気持ちについて「こういう時期ですので、みんなで食事をする楽しさを改めてお届けしたいです」と語ってくれた。

バスはラストワンマイルの助け舟!

 前述したように、駅からの最後の交通機関としてはタクシーが最も便利で早いが、バスがあるのであれば調べてうまく活用することにより安く気軽に楽に移動できるので、「仕方がないので歩くか」とあきらめる前に一度路線を調べてみることをお勧めする。

帰りもバスダイヤを調べて名古屋市営バスで地下鉄植田まで戻った

 路線バスは住んでいる人にしか分からないもの、他地域から来た人には利用しにくい交通機関というイメージがあるが、コツをつかめば便利に乗りこなすことができるはずなのでぜひチャレンジしていただきたい。

【画像ギャラリー】ラストワンマイルには路線バスの活用を!「産直ドミノマルシェ」取材レポート(15枚)画像ギャラリー