三江線代替路線は超難解!! 江津駅前〜石見川本綱わたりダイヤがヤバい

三江線代替路線は超難解!! 江津駅前〜石見川本綱わたりダイヤがヤバい

 2018年に廃線となったJR西日本の三江線の後を引き継いだ鉄道代替バス。鉄道に比べ、あまりにも利用が難しくなりすぎて誰もがサジを投げるとウワサされるこのバス路線群、実際のところ、ちゃんと乗って目的地まで行けるのだろうか? 現地へ赴いた。

文・写真:中山修一

代替バスのスタート地点は江津駅前だ!!

石見交通 江津川本線に使われる中型路線車
石見交通 江津川本線に使われる中型路線車

 日本海の海岸線を沿うように敷かれているJR山陰本線の、地図で見て島根県の中間地点より少し左に位置する江津(ごうつ)が、JR三江線の始点だった場所で、代替バスのスタート地点でもある。

 2022年12月現在、島根県のバス事業者・石見交通が江津駅前〜石見川本間の約35km分を「江津川本線」の路線名で代替バスを運行している。

 訪問当日は、島根県左寄りの山口県との県境に近い日本海側の街・益田に前泊し、益田駅10:40発の列車で江津まで向かった。江津駅前12:34発の石見川本行きがあり、ちょうど良い時間にアクセスしようという算段だ。

 また、遅延しやすいため少々リスキーであるが、東京方面から「サンライズ出雲」を使って出雲市で普通列車に乗り換えて江津に向かっても、その日のうちに同じ12:34発に乗れる。

 江津には11:52に到着した。青春18きっぷのシーズンであったが、18きっぷは1日あたりの“ノルマ”がある故、ここで乗りバスも!! という向きはさすがにゼロだった。

病院からやって来る江津川本線

 石見交通 江津川本線のバス停は駅舎を出てすぐ右へ行った端に置かれている。駅前が最初の出発点ではなく、ローカル路線バスによくある病院が始点になっているのは江津川本線も同様だった。

 目的のバスの前に、12:29発の「嘉戸塩田口」行きが同じ停留所から出発する。こちらも石見交通の運行でバスの車種も似ているので、乗り間違えには注意したい。

 12:34、時刻通りに「川平 川戸 石見川本」の表示を掲げた石見交通の中型路線車が入ってきた。2016年にモデルチェンジした、いすゞエルガミオだ。

 後ろ側のドアが開く。距離によって運賃が変わる、後乗り・前降りの後払い方式。交通系ICカードの読取機が付いていたが現在は準備中で、2023年3月頃のサービス開始を予定しているとのこと。ここはセオリー通り整理券を取る。

 5名ほどお客を乗せて、江津駅前を出発。駅前を右折して山陰本線の隣に架かる全長約400mの江川橋を渡り、更に方向転換して国道261号線に入り、一路内陸部へと進んでいく。

江の川沿いに敷かれた国道261号線をひた走る
江の川沿いに敷かれた国道261号線をひた走る

次ページは : 川沿いを走る風光明媚な路線

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ