布より革とはかぎらない!? 車のシート「素材」で変わる長短と意外な事実

 同じ形でも大違い!? 近年は布と革以外も普及。車のシート、「素材」による長所と短所は?

 現在クルマのシートに使われる表皮は布のファブリック、革、人工皮革のエクセーヌ&アルカンターラが3強である。

 バブル期と重なった平成初期の日本車では6代目ローレルやアコードインスパイア&ビガーのように、シート表皮を前述した3つから選べるモデルもあった。

 本稿では、同じ形状でも大きく異なる各シート表皮ごとの特徴や長所と短所を考察。シート表皮には意外なトリビアも多い。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、SUBARU、MAZDA、NISSAN

【画像ギャラリー】シートから見るあの車この車の乗り心地座り心地……本文未掲載のGT-Rやエクストレイルのシートも


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ