ヤリスクロス販売好調&N-BOXマイチェン情報!! 10月以降の新型車投入戦線!


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、トヨタ ヤリスクロス絶好調・スズキ スペーシア大健闘といった、販売関係の話題から。7月の新車販売は登録車の前年同月比で20.4%減、軽自動車は1.1%減と、コロナ禍による大幅な販売減からは回復しつつあるなかで健闘する2台をピックアップ。

 ほか、ホンダ N-BOXのマイナーチェンジ情報を筆頭に、トヨタ カローラ、ダイハツ ムーヴ、日産・マツダ・スバル各社の戦略…などなど、国内メーカーの「今」と「これから」を盛り沢山の内容でお伝え!!!

【画像ギャラリー】絶好調ヤリスクロス&注目の各トピックをギャラリーでクイックチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月26日号


■トヨタ新型ヤリスクロス絶好調!!! ヤリス超えもあるかも?

 8月31日発表、9月1日発売するトヨタの新型コンパクトクロスオーバーSUV「ヤリスクロス」の売れゆきが絶好調の滑り出しを見せています。

 7月末から先行予約を開始しているのですが、8月中旬現在の納期が11月上旬と、早くも3カ月待ちの長さになっているのです。

 首都圏にあるネッツ店の営業担当者によると「ヤリスの予約開始時よりもお客さんの反応はよく、現車を見ていないのに最上級グレードのハイブリッドZを中心に予約をしてくれているお客さんが多い」とコメントしています。

トヨタ ヤリスクロス

 ヤリスも引き続き好調な販売を推移しており、月販1万台強をコンスタントに売っていますが、新型ヤリスクロスはこちらを超える勢いで受注ピッチを加速させています。

 現在はコンパクトSUVのライズも好調に売れていますが、今後はこれらを超えて、ヤリスクロスはトヨタブランドのトップセラーに浮上する可能性もあります。

■スズキ スペーシアが健闘、軽自動車の販売台数2位に浮上!

 スズキのスーパースペースワゴン「スペーシア」の売れゆきの健闘が最近になって目立っています。

 7月の届出台数は1万3333台で前年同月比5.1%増とこの時期にしては珍しくプラスに転じています。

ダイハツタント、日産ルークスといった強豪がひしめくなか、この2車を抑え、ホンダN-BOXに次いで7月の軽販売2位につけたスペーシア

 そして、同クラスではダイハツタント、日産ルークスといった強豪が存在するわけですが、この両モデルを抑え、王者のN-BOXに次いで2番手にのし上がっているのです。

 タントのフルモデルチェンジは2019年7月、ルークスは今年2月といずれも一新してからそれほど時間が経っていない最新モデルです。

 これに対してスペーシアの現行モデルは2017年12月の登場と、今年末には3年が経過します。

 モデル別に見てみると、標準、カスタム、ギアの3シリーズ構成ですが、売れゆきのリード役を果たしているのは販売の半分以上を占めているギアシリーズです。

次ページは : ■ホンダ N-BOXのマイナーチェンジが来年1月に延期

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ