日産マキシマ 隠れた歩み 国内で絶版も40周年!!


 現在、北米専売車となっている日産 マキシマは、日本でも販売されていた時期もあり、2021年で誕生40周年を迎える。それを期に2021年モデルのマキシマ米国仕様に40周年記念車が設定された。

 そこで本稿では、この40周年記念車とともに日産の隠れた名門、歴代マキシマも振り返っていく。

文:永田恵一/写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日産の北米専売車「マキシマ」に40周年記念モデルが登場! 本文未掲載写真も!


■マキシマはアルティマの上級に位置するスポーティセダン

日本では絶版となった日産 マキシマも、北米専売車としてモデルチェンジを繰り返し、現在8代目モデルとなった

 現行型で8代目モデルとなるマキシマは、トヨタ カムリやホンダ アコードのライバルとなる北米市場における基幹車種アルティマ(日本ではつい最近まで販売されていたティアナ)を上級かつスポーティにしたモデルだ。

 アルティマとマキシマの関係を例えるなら意味合いはやや違うが、カムリとレクサスESに似ている。

 アルティマとマキシマの具体的な違いは、CVT+直4の2.5L・NAと2L・VCターボエンジンとなるアルティマに対し、マキシマはCVT+3.5L・V6(300馬力)エンジンというパワートレーンを搭載する点。また、マキシマはスポーティな内外装を持つ。

 2021年モデルのマキシマのグレードは、40周年記念車以外に「SV」、「SR」、「プラチナム」の3つが設定される。2021年モデルの価格はまだ発表されていないため2020年モデルの価格を書いておくと3万4450ドル(約363万8000円)からだった。

 なおベースとなるアルティマは、2018年にフルモデルチェンジされているため、2015年登場の現行マキシマもこの先1、2年のうちに現行アルティマベースでフルモデルチェンジされるだろう。

■マキシマ 40周年記念車は内外装を特別にアレンジ

最上級グレードのプラチナムをベースに特別な内外装を装備した40周年記念モデル

 マキシマ40周年記念車は最上級グレードのプラチナムがベースとなっており、装備品ではリアシートのシートヒーターが加わるほか、以下の内外装となる。

・グレーパールにブラックルーフとなるツートンの外装色
・専用のグロスブラックの19インチアルミホイール
・黒いマキシマのエンブレムと40周年記念のエンブレム
・黒いマフラーカッター
・40周年記念のエンボス加工が施された赤いセミアニリンの革シート
・インテリア各部の赤いステッチ
・過去のマキシマを彷彿とさせる白地となるスピードメーターとタコメーター

 まとめると機能面はベース車と特に変わりなく、内外装に手を加え40周年記念車としたという印象だ。

次ページは : ■2代目モデルは米国で大ヒット

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ