新型ミニバン? 次期ムーヴ?? どうなる今年のダイハツ新型車攻勢


 2020年のダイハツの新型車発売は、同年6月10日の新型軽SUV「タフト」だけであり、新車販売全体では苦戦を強いられた1年であったといえる。

 それだけに今年は積極的なニューモデル攻勢で挽回したいところであろう。

 現在、開発プロジェクトが稼働しているのは小型車では1.5Lクラスのコンパクトミニバン、軽自動車は次期型ムーヴである。

 当編集部では、これまで何度か「2021年にダイハツから新車が出る」と言い続けてきた。本稿ではあらためて入っている情報を整理し、「本当に2021年にダイハツから新車が出るのか?」、「どんな新車が出るのか?」について、手持ちの噂をすべて洗い出してみたい。

文/遠藤徹 写真/ベストカー編集部、ダイハツ

【画像ギャラリー】新型ミニバン・次期ムーヴを予想し、CG再現したのがコチラ‼


■ダイハツ初のハイブリッドモデルは今年10月登場か⁉

 ダイハツの新型ミニバンと次期型ムーブ、この2モデルの詳細な情報はまだ販売店筋には流れていない。ただダイハツ本社関係者へ取材すると、開発プロジェクトが動いているのは間違いない。

新型ミニバン? 次期ムーヴ?? 本当に出るのか どうなる今年のダイハツ新型車攻勢
ダイハツ新型ミニバン(予想CG)

 技術的に注目したいのはダイハツ初のハイブリッドモデルの登場であり、この新型コンパクトミニバン、次期型ムーヴの両方に搭載される可能性が強い。新型コンパクトミニバンは今年(2021年)10月あたりの投入が有力である。

 トールをベースにホイールベースを延長、3列シート7人乗り仕様の仕立てとなる。トヨタのシエンタよりもひと回り小さく、ベーシックコンパクトクラスのミニバンといえる。

 2017年に実施された第45回東京モーターショーでは「DN_MULTISIX(ディーエヌ マルチシックス)」の名称でプロトタイプを参考出品しており、この市販バージョンともいえる。

 同プロトタイプは両側ドアが観音開きであったが、使い勝手の良さを重視することと、トールとのボディパネルの共用化によるコストダウンを図るために両側スライドドアを採用する可能性のほうが強い。

 ボディサイズは全長4100mm、全幅1680mm、全高1700mm、ホイールベース2710mm程度で、トールの全長を約350mm程度長くしたようなボディシェルを採用していると思われる。

 トヨタのシエンタよりも全長、全幅は小ぶりだが、全高を高く取ることで、室内の居住空間を広く取り、嵩ものの積載性の向上を図っている。

新型ミニバン? 次期ムーヴ?? 本当に出るのか どうなる今年のダイハツ新型車攻勢
DN MULTISIX
新型ミニバン? 次期ムーヴ?? 本当に出るのか どうなる今年のダイハツ新型車攻勢
DN MULTISIX(内装)

 搭載するパワーユニットは1.5LガソリンNA+モーターのストロングハイブリッドと思われるが、ベースとなるエンジンは独自開発の1.3Lとなる可能性もある。

 1.5Lハイブリッドであればトヨタからのユニット供給になるが、1.3Lベースの場合はトヨタからの技術援助はあるものの、ダイハツ独自技術が基本となる。昨年の取材結果では「どちらになるか」は伝わっていなかった。

 車両本体価格は170万~230万円程度であり、トールとシエンタの中間をカバーする。トヨタにOEM供給する兄弟車も設定するかも知れない。

■次期型ムーヴはトップセラー奪還を図る方針

 いっぽう次期型ムーヴは現行タント同様にプラットフォーム、パワーユニット、足回り、トランスミッションを全面刷新した新世代モデルとして仕立てる。

 ボディサイズは軽自動車枠があるため現行モデルと同じだが、室内はパワートレイン、シートレイアウトの変更で居住空間を拡大、使い勝手を向上させる。パワーユニットは660cc3気筒のガソリンNA、ターボはタントに搭載しているのを移植するが、これに加えて開発中のハイブリッドユニットも搭載する。

 同ユニットはスズキ、日産、三菱自動車のようなモーターアシストによるマイルドハイブリッドではなく、EV走行可能なストロング方式で軽自動車初となる。

新型ミニバン? 次期ムーヴ?? 本当に出るのか どうなる今年のダイハツ新型車攻勢
次期ムーヴ(予想CG)

 2モーターだとコストアップになり、大幅な値上げせざるを得ないので1モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせで対応するものと思われる。

 標準タイプと上級&スポーツバージョンのカスタムの2シリーズ構成は継続するが、ハイブリッド車はカスタムのみに設定するはず。このユニットは今年11月頃にタントがマイナーチェンジするので、こちらを先に設定する可能性もある。タントもカスタムのみの設定となる。

 この他、安全パッケージの「スマートアシスト」は最新のデバイスを標準装備するなどの改良も加えるなどして商品ラインアップを強化し、同クラスハイトワゴンジャンルのトップセラー奪還を図る方針である。

次ページは : ■「どちらもEV走行可能」証言1:首都圏ダイハツ店営業担当者

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ