【クロスビー、ムーヴ…】愛嬌たっぷり! 最近急増中の四角いけど丸い車たち


ユーテリティ重視の車といえば、とかくスクエアなデザインになりがちだ。その姿は、商用感が強く、愛嬌も薄い。実用重視といってしまえばそれまでだが、やはりプライベートカーとしては、あまりにそっけないとも思う。

そんななか、愛らしい実用車を送り出すフィアットは、トールワゴン風に仕立てた現行型パンダのデザインを、遊び心と実用性の両立させたデザイン「スクワークル」と表現する。

これは、スクエアとサークルを組み合わせた造語。つまり、シカクいけど、マルい車というわけだ。

小さくとも広さや使い勝手の良さも重視される昨今、そんな魅力を備えたクルマたちが増えてきている。愛嬌たっぷりで、しかも使える「スクワークル」な仲間たちを紹介していこう。

文:大音安弘/写真:編集部


ハスラーより丸いスタイル強調する「クロスビー」

ハスラー(左)と比較すると、サイズの制約が緩くなったぶん、丸みを帯びたデザインとなったクロスビー(右)
ハスラー(左)と比較すると、サイズの制約が緩くなったぶん、丸みを帯びたデザインとなったクロスビー(右)

登場前から大注目され、大ヒットとなった軽クロスオーバー、スズキ ハスラー。その兄貴分として2017年12月にデビューしたのが、“デカ”ハスラーことコンパクトクロスオーバーのクロスビーだ。

雪道や道の悪いところもガンガン走れる走行性能に加え、実用性のあるハイトでスクエアなボディを愛嬌たっぷりに仕立てているのは彼らの共通項だが、サイズ的な制約が緩和される小型車のクロスビーでは、単に車内を広くしただけでなく、デザインにもボリュームを持たせることで、より柔らかなスタイルを実現している。

積載性においては、5名乗車のままでゴルフバック1個が収められることや81L(2WD車)の大型床下収納を確保するなどわりと優秀。しかも、最低地上高も180mmを確保し、フルタイム4WDも選べる。まさにアウトドア派の強い味方といえるだろう。

丸さでレトロを表現するムーヴキャンバス

ムーヴファミリーの一員として2016年に発売されたムーヴキャンバス。サイズ・シルエットともにムーヴよりタントに近いイメージだが、ラウンドしたリアスタイルなど完全にスクエアではない点が特長だ
2016年に発売されたムーヴキャンバス。サイズ・シルエットともにタントに近いイメージだが、ラウンドしたリアスタイルなど丸さを盛り込んだ点が特長だ

新しいけど懐かしい! そんな空気を纏うミニバン風軽ワゴンが「ムーブ・キャンパス」だ。ワゴンなのに、そのスタイルに“カクカク”間は一切なし。まさにイメージはまーるい。

若い女性をターゲットにしたというだけあって、内外装もお洒落な雰囲気仕立るだけでなく、たくさんの小物入れを設けるなど機能性にも注視。「可愛いだけじゃね……」なーんていう厳しい女子のお眼鏡にも叶う、頼りがあるパートナーとなっている。

一方で、カスタムベースとしても面白いのではとも感じる。レトロ感のあるエクステリアはそのままに、カッティングシートなどでモディファイを加えれば、「稲村ジェーン」よろしく、若きサーファーの相棒にも良いかも……。

次ページは : ナマケモノ的愛嬌溢れるポルテ