名車・珍車・迷車の宝庫!? 日本で唯一のカロッツェリア オーテック珠玉の作品集


 1986年に設立されたオーテックジャパンは日産において商用特装車、福祉車両、NISMOやオーテックをはじめとしたカスタムカーといった、少量生産車や趣味性の高いモデルを担当する部門である。

 オーテックが手がけるモデルの大きな特徴は、メーカー直系だけに「ベース車のよさをより伸ばしたカスタマイズこそがファクトリーカスタム」というコンセプトのもと、保証などを含め非常に高いクォリティで行われていることだ。

 また、毎年秋に大磯ロングビーチで行われる『里帰りミーティング』など、ユーザーとの距離が近い点も、ファンには大きな魅力となっている。

 今回はそんなオーテックの傑作車たちをご紹介しよう。

※本稿は2021年5月のものです
文/永田 恵一 写真/オーテック
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】現在オーテックが手がける主な5つのシリーズをギャラリーでチェック!


■1980年代

●セドリック ロイヤルリムジン(1987年)

 Y31セドリックのセダンをベースに足元空間を広げるためホイールベースを600mm延長したのに加え、パーテーションが付く仕様も。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
セドリック ロイヤルリムジン(1987年)

●ラルゴ ウミボウズ(1987年)

「ウミボウズ」という車名ながら、加えられたのは大型フォグランプやグリルガードと、海仕様ではなく山仕様なのが面白いといえば面白い。

ラルゴ ウミボウズ(1987年)

●シルビアコンバーチブル(S13・1988年)

 S13シルビアの初期モデルを4人乗りのソフトトップとしたモデルで、300万円台の価格ながら当時としては珍しい電動トップを採用。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
シルビアコンバーチブル(S13・1988年)

●スカイライン オーテックバージョン(R31・1988年)

 7代目スカイラインの最終スペシャルモデル的な存在として、エンジンなどをチューニング。オーナーは抽選により選ばれた。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
スカイライン オーテックバージョン(R31・1988年)

●オーテックザガートステルビオ(1989年)

 2代目レパードをベースにイタリアの名門カロッツェリアであるザガートの手による内外装を纏ったモデルで、200台限定、車両価格は仰天の当時1870万円だった。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
オーテックザガートステルビオ(1989年)
日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
ザガートとのコラボで生まれた世界的希少車

■1990年代

●セフィーロ オーテックバージョン(A31・1990年)

 2L、直6ターボを225psにパワーアップしたほか、コノリー製レザーシートなども採用した大人向けのスポーツセダンだった。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
セフィーロ オーテックバージョン(A31・1990年)

●スカイライン オーテックバージョン(R32・1992年)

 R32スカイラインの4ドア車に2.6L、NAのAT+アテーサE-TSというパワートレーンを搭載。220psでパワー不足という声も少なくなかった。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
スカイライン オーテックバージョン(R32・1992年)

●アトラスロコ(1992年)

 アトラスをベースにしたウォークスルーバンのエクステリアを変えたアトラスロコのキャンピングカー仕様で、洗面台なども装備。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
アトラスロコ(1992年)

●プレジデント ロイヤルリムジン(1993年)

 こちらもVIPカーである2代目プレジデントのホイールベースを500mm延長したほか、ポットや製氷機なども装備されていた。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
プレジデント ロイヤルリムジン(1993年)

●シビリアンクラシックバス(1994年)

 マイクロバスのシビリアンをボンネットバス化し、クラシカルなエクステリアとしたモデル。タイヤの位置の変更など手が込んでいる。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
シビリアンクラシックバス(1994年)

●プリメーラ オーテックバージョン(P10・1994年)

 この頃始まったJTCC参戦車をイメージしたスペシャルモデルで180psにパワーアップされたエンジンを搭載するなど魅力アップ。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
プリメーラ オーテックバージョン(P10・1994年)

●セレナキタキツネ(C23・1994年)

 こちらは車名どおり専用の撥水シートなど装着したアウトドア仕様で、側面とバックドアに付くキタキツネのデカールも可愛かった。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
セレナキタキツネ(C23・1994年)

●マーチ タンゴ(1996年)

 専用グリルやメッキパーツの多用によるポップな雰囲気が特徴。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
マーチ タンゴ(1996年)

●マーチ ボレロ(1997年)

 インテリアは木目調パネルなども装備し、小さな高級車的な面も。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
ボレロ(1997年)

●ステージア オーテックバージョン 260RS(WC34・1997年)

 初代ステージアにRB26DETT+アテーサE-TSという第二世代スカイラインGT-Rのパワートレーンを移植した最強ワゴンの1台。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
ステージア オーテックバージョン 260RS(WC34・1997年)

●マーチ ルンバ(1998年)

 丸いライトとグリルによるクラシカルな雰囲気を備えていた。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
マーチ ルンバ(1998年)

●エルグランド ロイヤルライン(E50・1998年)

 初代エルグランドのキャビンをキャビネットで区切り4人で使うなど、現代のVIPカー的なラージミニバンの先駆車的存在だった。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
エルグランド ロイヤルライン(E50・1998年)
日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
ウチの部屋より広いんじゃね? な内装

●スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40周年記念車(R33・1998年)

 R33スカイラインの4ドア車に第二世代スカイラインGT-Rのパワートレーンを積んだのに加え、専用の内外装も与えられた。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40周年記念車(R33・1998年)

●シルビアオーテックバージョン(S15・1999年)

 S15シルビアのターボ車を車体関係はほぼそのままにメカチューンされた2LのNAを搭載し、速さだけではない気持ちいい走りを実現。

日本で唯一のカロッツェリア オーテック作品集
シルビアオーテックバージョン(S15・1999年)

次ページは : ■2000年代