50万円の中古MINIにカーナビとドラレコを装着するガチな注意点

50万円の中古MINIにカーナビとドラレコを装着するガチな注意点

 諸費用込みの乗り出し価格50万円で手に入れた2008年式のミニクーパーS。気になるところはあるが、現在のところ普通に乗れる状態だ。

 しかし、さすがに13年落ちのクルマだけに、ドライブレコーダーはもちろんナビゲーションもないため利便性は悪い。そこで、カーナビやドライブレコーダーといった電脳系に詳しく「カーナビ伝道師」という異名をもつ高山正寛(たかやませいかん)氏に、50万円MINIの機能性をアップするためにオススメのナビゲーションとドライブレコーダーをチョイスしてもらった。

文/萩原文博
写真/萩原文博

【画像ギャラリー】カーナビ伝道師オススメのカーナビ・ドライブレコーダーを画像でチェック

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら


■スペースの問題があるならポータブルナビがおすすめ! 

 最近では、スマートフォンにホルダーを取り付けてナビ代わりに使用しているケースが多い。50万という低価格で手に入れたミニなので、スマートフォンをナビ代わりに使用しようと思ったら、高山氏からダメ出しを受けた。その理由はスマートフォンのナビアプリでも機能的には十分満足できるが、熱の問題があるためオススメできないという。

 もう夏も終わり涼しくなり始めたが、直射日光が当たるダッシュボードの上などにスマートフォンを長時間置いておくと、スマートフォンによってはディスプレイをブラックアウトして、「温度が高いです」とアラームを鳴らす機種もあるという。

 そもそもスマートフォンは、車内でナビゲーションとして使用できるような熱対策が行われていないため、肝心なところで止まってしまっては意味がない。だから専用機をオススメしたいというのだ。

AV一体型のナビゲーションを入れるスペースがない場合はポータブルナビが<br>オススメ
AV一体型のナビゲーションを入れるスペースがない場合はポータブルナビが
オススメ

 2008年式のミニのセンターパネルはAV一体型のナビゲーションを入れるスペースがない。本気でやるとなるとクルマの価格と変わらなくなる可能性も高い。そこで高山氏がオススメしてくれたのはポータブルナビだ。

 ドライバーの視界を遮らないように取り付け位置を注意する必要はあるが、最新のポータブルナビを選ぶポイントして挙げてくれたのは、

(1)GPSの感度と衛生のみちびきを利用できるか。
(2)案内の能力、地図のデータの容量、細かさ、鮮度。
(3)お金を出せば最新の地図にアップデートできる。

 という3点を挙げてくれた。

次ページは : ■高山氏イチ押しカーナビ“RQ-A820PVF”

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します