ちゃんと走るの…? 走りのプロ、修理のプロが中古50万円MINIを健康診断!

ちゃんと走るの…? 走りのプロ、修理のプロが中古50万円MINIを健康診断!

 中古車ライターとして長年活躍してきた筆者が、思うところあり自腹で50万円の中古MINIを購入。クルマ選びから店選び、状態チェック、自分でメンテやオプション追加などをお届けする本企画。4回目となる今回は、買ったあとの「クルマの健康診断」。さすがに整備点検記録簿に記載ゼロの中古車を、そのまま乗り続けるのはちょっと不安。そこでプロに頼んで診断してもらいました。

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら

文/萩原文博
写真/萩原文博

【画像ギャラリー】50万円の中古MINIの健康診断状況を画像でチェック


■中古MINIの健康診断

 走行距離10万km超、諸費用込み50万円の中古ミニクーパーSを手に入れて、3週間が経過した。クルマ代50万円に加えて、自動車保険代約6万6000円、ナビ&ドライブレコーダー取付工賃込みで約9万円。

 フロアマット&ラゲッジマット約2万6000円。そしてハンドルカバーや室内のニオイ除去で約5000円、オイル交換約7000円と、ここまで69万4000円を投入。ようやく自分の愛車に仕上がってきた。

 そのタイミングでミニの健康診断を行うことにした。

13年落ち、10万kmランナーのクルマなので、このタイミングで健康診断を受けることに! 
13年落ち、10万kmランナーのクルマなので、このタイミングで健康診断を受けることに! 

 車検は2021年4月に取得したばかりだが、整備点検記録簿にまったく記載がないため、気がかりな部分が多い。人間も年を重ねると年に一度は手健康診断を受けるようになる。

 13年落ち、10万kmランナーのクルマだけに、現状のコンディションは気になるところ。コンディションチェックはMINIを熟知したジャーナリストと専門ショップにお願いした。果たして50万円MINIのコンディションはどんなものだろうか。

 まずは、MINIに詳しいジャーナリストとして自身で4代のBMW MINIを乗り継ぐ竹岡圭氏にインプレッションをお願いした。

 竹岡さんは初代MINIクーパーのMT車を皮切りに、旧型クーパーMT車、現行型クーパー5RドアAT車そして現行型MINIクロスオーバー クーパーD(AT車)を乗り継いでいる。現在の愛車であるクロスオーバー クーパーDは非常に便利で、どこへ行くにも使っていたら3年間で6万8000kmも走行してしまったそうだ。

 リアシートはスライドするし、背もたれも倒すことができ荷物がいっぱい詰めて、しかもサスペンションのストロークが長くて、乗り心地もイイ。その上高速道路でもビシッと走る。まさにミニ好きな人のファミリィカーの本命モデルと太鼓判を押す。

次ページは : ■駆動系になんらかのトラブルか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します