今が旬のMINI! 100万円で買える中古車をゲットしよう!

 日本自動車輸入組合(JAIA)が2021年1月8日に発表した「2020年ブランド別新車登録台数速報」によれば、外国メーカー車モデル別1位は今年も「MINI」だった。

 「MINI3ドア」と「MINI5ドア」「MINIクラブマン」「MINIクロスオーバー」「MINIコンバーチブル」を合算した数字ではあるが、MINIが輸入新車登録台数のトップに立つのは2016年以来5年連続。

 その人気はもはや盤石で、かつて27年連続で輸入車NO.1の座にあったVWゴルフに代わり、MINIこそが「日本でいちばん売れてるガイシャ」になったといえるだろう。

 そんな人気モデルであるMINIの新車を買ってキビキビ乗り回したいとは思うが、「新車のMINI」というのは決して安くはない。

 そこで今回は、ぐっと敷居を下げて「100万円以内の予算で中古のMINIを買う!」、さらにもう一歩踏み込んで、「もっともお買い得なMINIの中古車」という2つをテーマに、中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。

文/伊達軍曹
写真/BMW MINI

【画像ギャラリー】3ドアからオープン、クロスオーバーまでラインナップ豊富なMINIの写真をチェック!


100万円以内でどんなMINIが買えるのか?

歴代MINI。左から順にローバーミニ(クラシックミニ)、BMW MINI初代、MINI2代目、MINI3代目

 例えば3ドアクーパーの車両本体価格は323万円で、そこにオプション装備を付けるとだいたい360万~370万円ぐらいにはなる。さらに諸費用を合わせると「おおむね400万円弱の買い物」にはなってしまうのが、新車のMINI(の比較的ベーシックなクーパー)なのである。

 もちろん、それはそれで悪い買い物とは思わないが(なにしろ運転が非常に楽しいクルマなので)、MINIというクルマは、なんというか、もっとこう手頃な予算で購入し、カジュアルに楽しみたい……という思いも個人的には強い。具体的には「だいたい100万円ぐらい」のイメージだろうか。

 もちろんそうなると新車は無理で「中古車を探す」ということになるわけだが、MINIは人気モデルゆえ中古車の流通量が非常に多く、流通量が多いゆえに、その相場はかなりこなれている。

 つまり100万円ぐらいの予算でも、「けっこう悪くない1台」を余裕で探せるのだ。

100万円以内の予算では2代目MINIクーパーがベスト!

2代目MINIクーパー(2007~2014年)。1.6L、NAエンジンの最高出力は120ps。クラブマンを含め、走行距離20000km~40000kmの個体は300台以上見つけられる

 100万円前後の予算で中古のMINIを探す場合の王道は、先代=2代目MINI(R56/2007~2014年)のクーパーだろう。

 2代目MINIは初代と比べてぐっと信頼性が向上し、エンジンもBMWとフランスPSAグループが共同開発した1.6L、DOHCに刷新。また初代でイマイチ不評だったCVTも、2代目には引き継がれなかった。

 そのなかでクーパーは中間グレードにあたるもので、エンジンは最高出力120psの1.6L自然吸気。ツインスクロール直噴ターボを採用したクーパーSほどのパワーを楽しむことはできないが、日常使いするぶんには「クーパーでぜんぜん十分」というのが正直なところだ。

 そんな先代クーパーの走行2万km台から4万km台あたりの物件が今、車両本体価格が60万~90万円付近で豊富に流通している。中古車ならではの多少のヤレはもちろん生じているが、そこがさほど気にならないのであれば、かなりお値打ちな選択肢だ。

2代目クーパーS。ツインスクロール直噴ターボ搭載、最高出力は175ps

2代目MINIクーパーの中古車情報はこちら!

 また最高出力175psの直噴ターボエンジンを搭載する先代クーパーSもこの価格帯で探すことはできるが、そちらはクーパーと比べると流通量が少ないため、「なるべくいい感じの個体を吟味しながら探す」のは少し苦労するかもしれない。

 先代MINIの全長を240mmほどストレッチし、右側後部に小さなドアを付けた先代のMINIクラブマンの比較的低走行な物件も、車両60万~90万円付近のゾーンでまずまず豊富に流通している。

 先代のクラブマンは、シューティングブレークとはいっても「小ぶりなシューティングブレーク」でしかないため、積載量を目当てに買うとがっかりするかもしれないが、こと「おしゃれ感」に関しては先代ミニのなかでも随一。手頃な予算で洒落倒したい人には最適なチョイスだ。

 MINIのクロスオーバーSUV版である、その名もMINIクロスオーバーや、電動ソフトトップを備えたMINIコンバーチブルも探すことはできるが、予算100万円付近で探せる好条件車の数は少ない。

 クロスオーバーまたはコンバーチブルが欲しい場合は、車両価格120万~140万円あたりをひとつの目安とする必要があるだろう。

もっともお買い得なMINIの中古車とは?

3代目MINIクーパー(2014年~)。予算が少し高くなるが、100万円以上出せる人には3ドアの6MTがオススメ

現行型MINI3ドアクーパーの中古車情報はこちら!

 ここまでの結論は、「予算100万円ぐらいで中古のMINIを探すなら、お薦めは先代MINIのクーパーか、先代MINIクラブマン!」ということになるわけだが、予算100万円にはそこまでこだわらず、「もう少しなら出してもいい」と考えた場合の「真のおすすめ」というか「もっともお買い得な中古MINI」は、はたして何になるだろうか?

 人それぞれの価値観やおサイフ事情も絡む問題であるため、「絶対コレ!」という唯一の正解を出すのは難しい。だがあくまで筆者の価値観で物事を決めるとしたら、今もっともお買い得な中古MINIは「現行型MINI3ドアクーパーの6MT」ということになるはずだ。

 2014年に登場した現行型=3代目MINIは、ボディサイズの大型化とボディ剛性の圧倒的な向上により、「こんなのミニじゃない!」とマニア筋から言われる場合もある。

 しかし、コンパクトカーとしてはまずまず余裕のあるサイズは使い勝手が良く、「……MINIというよりBMW“0”シリーズか?」と言いたくなるほどの剛性感は、シンプルに気持ちの良いものだ。

3代目MINI ONE(2014年~)。1.2L、直3ターボが十分な動力性能を発揮する

現行型MINI ONEの中古車情報はこちら!

 1.2L、直3ターボを搭載したエントリーグレード「ONE」であればけっこう安く探すことができ、また先代までのONEと違って非力ということもないのだが、買う時安いぶんだけ売る時も安いのがONEの特徴。悪い選択ではないが、「お買い得」とはやや言い難い。

 しかし同じ直3ターボでも1.5Lとなるクーパーは、ONE以上に余裕ある動力性能を味わうことができ、なおかつリセール価格もさほど高いわけでもないが、ONEと比べればまずまず……。

 そんな現行型MINI3ドアクーパーの走行3万km台までの物件が車両150万円付近から探せるのは、まあまあお買い得ということができるはず。

現行型クーパー・3ドアの6MT仕様。走行距離4万km未満の中古価格は約150万円~380万円

 さらに同じ現行型の3ドアクーパーでも、一般的な6ATではなく、やや希少な「6MT」の個体を選べば、日々の満足度と同時にリセール価格の上昇をも期待することができる。

 ご承知のとおりMINIは、これまでMT車も必ずラインナップしてきたわけだが、2020年2月をもって、最後まで頑張っていたMINI3ドアのMT仕様も終了となってしまった。

 もちろん、MTのMINIを惜しむ声が一部にあるからといって、ごく普通の6MTクーパーの中古車相場が数年後に爆騰するということはたぶんない。だがそこに「希少価値」があることは確かであるため、ありがちな6速ATのクーパーよりはいくぶん高いリセールが期待できるのだ。

 もちろん、クルマというのは売るために買うのではなく、日々の用を足し、同時に「楽しむため」に買うものである。それゆえ、あまりにもリセール面に注目しすぎるのは愚かな行為ではあるのだが、それでもやはり、数年後に手放すとしたら、その際の売却額は高いにこしたことはない。

 その意味で、日々の運転が格段に楽しく、なおかつ「丁寧に扱ってさえいれば、将来的にもまあまあの値が付く」と思われる現行型クーパー3ドアの6速MT仕様は、「今、もっともお買い得な中古ミニである」と考えることができるのだ。

【画像ギャラリー】3ドアからオープン、クロスオーバーまでラインナップ豊富なMINIの写真をチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ